才能学ブログ (/◎\)

才能発見/天職開発専門ブログ。生まれてきて本当によかった!と思える人生を! 

才能学ブログ (/◎\) イメージ画像

更新情報

ざっくりいくと、、、 ◆左脳コア回転→ベータ波(心の中=嵐の海)何も見えない。何も出来ない。進む方向がわからない。進みたいけど方向が見えない。生きるのに必死。助けて~という感じ。 ◇右脳コア回転の第1段階→アルファ波(ザザザと波が打ち寄せる=ララララ~

得意なことをすることが大事。 好きなことをすることが大事。 よっしゃ、やってやるぜって心が燃えることをすることが大事。 嫌なことや不得意なことはしちゃだめ。 (嫌なことの向こうにいいことがあるときはいいけど) キュイーンと右脳コアを回すと 絆の世界に入
『あけましておめでとうございます。』の画像

仕事は何をしてますか?と聞かれたら、 7次元での舞台製作とアーティスト原石の発掘及び育成 と言うしかない。。

最後に私の見解を述べてます。 1位:マニュアルは、小学校一年生にも読めるようにすべきだ。 2位:ハングリーであれ。愚かであれ。 3位:何かを捨てないと前に進めない。 4位:あの世で1番の大金持ちになっても意味はない。今日は素敵なことができたと思いながら眠りに

人生で「花」を咲かせる とは 好きなことができる時間と空間を人生の中に持つということかもしれない。そして「すごいね~」って人に賞賛されるレベルのことかもしれない。 人生で「実」をつける とは その好きなことで、食べて行くこと=つまりその「好きなこと」が人に

「人とのかかわり」にもいろいろあります。 ざっくりと 「人とのかかわりを大事にする人」 「物とのかかわりを大事にする人」 に分かれます。 どこでわかるかと言うと、究極の選択で「人と物のどちらを選ぶか?」という場面でわかります。 例えば、目の前にいる人
『人とのかかわり』の画像

中学で英語の教員をしていた頃に 現場から学んだこと。 英語を学ぶ以前に国語力をつけないと 意味がない。 ビー動詞の後ろに過去分詞をつけると 受動態になって「~られる」という意味になります。 とこちらはわかりやすく説明しているつもりでも 中学生の頭の中は ・ビー
『国語力』の画像

銀座のミキモトのクリスマスツリーです。 なんとなくウキウキしますね。 アメリカのお祭りだけど 日本に来た時点で「ヤマト魂」が クリスマスに注入されて アメリカのそれとは別物になるって感じだろうか。 アメリカに憧れていた頃は アメリカ人みたいになりたいな~な
『銀座のクリスマス』の画像

右脳コアが回れば とりあえずハッピーでいられる。 これだけでも十分。 でもそこまでくれば 次は 「自分の理想の現実」を 作り出すことができる。 思うように夢を実現できるゾーン(世界)です。 夢を実現できる・・というか 夢が実現しているパラレルワール
『夢が実現した世界に来た』の画像

落ち込んでいるとき 悲しいとき 無理矢理にでも笑おう。 笑ったら右脳コアが回転する。 右脳コアが回転している間は どんなに現状が厳しくでも 心の中はハッピーなのだ。 一方、どんなに現状がハッピーでも 不満をもってたら左脳コアが回る。 いつまでたってもアンハッピ
『無理矢理でも笑おう』の画像

時々ランチミーティングで使っている吉祥寺のカフェ。 天井が高くて広い店内でゆーっくりミーティングできます。 カフェオレがまたお洒落。 cafe zenon (吉祥寺)
『カフェオレ(cafe zenon)』の画像

実はオムライスが大好き。 京都にすんごい美味いオムライスがあるが 今住んでいる東京下町の食堂屋さんにも ケチャップライスの素朴なオムライスを出して いるところが多い。 好きなものを「おいしいね」って言いながら 食べれる幸せ。 当たり前すぎるがこれに感謝して
『オムライス(都内某所)』の画像

意識してないつもりでも ほっとくと左脳モードに入ってしまうもんだね。 野球のピッチャーで言うと腕を振り切るんじゃなく 腕が縮こまって球を置きにいってしまうって感じ。 でもシンクロでの出会いがそういうのを 解消してくれる。 直感に頼るってやっぱいい。 ナシゴレン
『ナシゴレン(都内某所)』の画像

自宅近くの隠れ家的居酒屋にて 最近梅酒にハマッてます。 いい感じで酔っ払います。 いい感じで酔っ払うといいね。 ちなみに前の日記の 焼おにぎり出してくれるところです。
『梅酒(都内隠れ家)』の画像

一個150円。 時間をかけて炭で焼いてくれます。 呑みのシメに2~3個は食べれます。 素朴さがたまらんのです。 食べてみたい方へ。 「秘密基地なので直接お連れします。」
『焼おにぎり(都内某所)』の画像

LPレコードがわんさか置いてある 昔ながらの喫茶店。 当然のことながら音楽はいい。 店内ど真ん中に椰子の木があって おちついた雰囲気。 70年代のノスタルジーを感じさせる。 店名忘れた・・
『モーニング(都内某所)』の画像

花の色と形にはなぜか癒される。 特に色が目に沁みる。 これは目に沁みているんじゃなくて 心に沁みているのだと思う。 目薬さして「キターーーーーーー」ってのと同じように 花を見て「キターーーーーー」ってなることしばしば。 名前が分からないけど バイオレッ
『バイオレット(近所)』の画像

銀座登亭の鰻。 これがまたいいんですよ~。 いただきます~ってした後に 「あっ写真撮らなくちゃっ」て あわてて箸を置いて撮影。。 おいしいもの食べると本当に幸せ! 登亭 http://www.noboritei.co.jp/index.php
『鰻(登亭)』の画像

金木犀の季節ですね~。 おとといだったか・・・ 夜に駅から自宅に帰る途中で 「ふわ~~ん」 と金木犀の素敵な香りがしてきたのです。 暗かったのでどこに金木犀があったのか わからなかったのですが 「あ~金木犀のいい香り~」 と思った瞬間、金木犀
『金木犀(近所)』の画像

↑このページのトップヘ