才能学ブログ*:.。.ღ˘◡˘ற♡.。.:*・゚

才能発見/天職開発専門ブログ。生まれてきて本当によかった!と思える人生を! 

才能学ブログ*:.。.ღ˘◡˘ற♡.。.:*・゚ イメージ画像

更新情報

天職を生きようと思ったら「今までの自分」を無限のエネルギーをキャッチできる「本当の自分」に変えていかなくてはいけない。ところが「今までの自分」と「本当の自分」が違う人格である場合がある。「そんないまさら別人みたいになれないわ」という声が聞こえてきそうだ。
『自分を変えることに抵抗する』の画像

甲子園で優勝するために苦しい練習に耐える。このような「西洋的成功哲学」発想ではもし甲子園で優勝できなければ失敗ということになる。結果だけが大事じゃない。そこに向かうプロセスが大事なんだ!と言ったとしても詭弁にしか聞こえないよね。だけど野球が好きで野球部に
『本当の成功』の画像

人間には右脳と左脳があるが2つの脳は同時に動かない。右脳が動いているときは左脳が止まっており左脳が動いているときは右脳が止まっている。そういう機能になっている。さて何かをやろうとするときに「うまくいくんやろかー」と心配になるときがある。心配という感情があ
『強気と心配の狭間』の画像

旅はいい。特に未到達の地に行く旅がよい。何がいいか?なぜいいか?行ったことのない場所にいくとただその場所を感じることだけに集中できる。つまり「今、この場を」感じる状態になる。それはすなわち右脳発動モードになるということであり宇宙からのインスピレーションが
『はじめての風景』の画像

日本才能学研究所からの見地。「必死」・・・現実の中で期限に追われている物事に対すること。(目標設定も同じく)「夢中」・・・今その時を楽しんでいて、時間の制限がないこと。「必死」には「~するために」という副詞句をつけるとぴったりくる。彼に夢中になる。(彼に
『無我夢中』の画像

実際的成功アプローチ(メルマガに詳細あり)では「夢中」になれることがある人が成功するとある。傍からみていると「頑張っている」ように見えることでも「夢中」になっているのと「必死」でやっているのでは意味合いが違うよね。絵を描くことに夢中になっている。絵を描く
『必死なのか夢中なのか?』の画像

左脳系の人はお金があれば生きていけると考える傾向にある。貯金が大事、投資が大事、年金はあてにできないから副業が大事、とか住む家がないと駄目でしょ?という発想になる。現実的なのだから当たり前なのだ。一方、右脳系の人たちは「助けてくれる人がいれば生きていける
『何があれば生きていけるか?』の画像

けっこう多くの人が 「お金持ちになりたい」ということに 罪悪感を抱いている。 「お金持ちになりたい」と思うことはダメ。 「人様の役に立つ事」が大事。 でも本当は「お金持ちになりたい」。 どうすればいいんだ?って。。。 このことについては UD16では解
『「お金持ちになりたい」はエゴか?』の画像

さっき実家の母親から電話がかかってきて 「テレビが映らなくなった」とパニック状態(笑) 「ICカードを入れてください」 っていう表示が出てるんだけど ど~ゆ~こと~? と。 僕も、ど~ゆ~ことかいな~? と思いつつ Yahoo知恵袋を検索すると
『知恵袋』の画像

世の中で大事なことのひとつは 「タイミングが合う」 ということだ。 数十億人が住むこの地球で 今この時期に ここで あなたに出会うなんて この素敵すぎるタイミングは 運命としか思えない。 そして 人は 何かを気づかせるために 人の前に現れるという。 あなたは一体 何
『このタイミングで!』の画像

自分が持っている何かを人にあげる。 相手が喜んで受け取ってくれるとする。 相手はお礼に自分にお金を渡す。 人が持ってる何かをもらう。 僕は喜んでそれを受け取る。 お返しにお金を払う。 ------------------------------- 何かを人に与えて感謝されその
『トーラス構造』の画像

勝ちましたね。ベスト8です。 今日の相手はランキング10位で 去年4回対戦して錦織選手が全勝しているフェレール選手。 しかし4試合ともフルセットまで行っており 去年の段階ではどっちが勝ってもおかしくないという感じだが 相手は2013年の世界
『錦織圭から学ぶ成功学③』の画像

「UD16を診断されるのが怖い」、という人が時々いる。 大きく分けて理由が2つある。 ひとつは 「今まで頑張ってきたことに対して 才能がない、と言われたらどうしよう」 というものだ。 会社を引退して田舎暮らしを始めて 野菜作りをする人が多いと聞くが 実は1年ほどで
『UD16を怖がる2つの理由』の画像

深夜のコーヒーブレイクが しばらく前からのマイブーム。 夜は落ち着くんだよね。 BGMはジャズ。 無料のジャズネット局がある。 ジャズのいろんなチャンネルが選べる。 http://www.jazzradio.com/ 僕はジャズを聴くと なぜか瞬間的にニューヨークにトリップ
『深夜のコーヒーブレイク』の画像

全豪オープン3回戦、勝ちました。 格下の相手だったが すごく入念に研究して 対策を打っていたようだ。 第1セットはタイブレークまで行って 取られたのだが 第1セットの間は 緊張していたので動きに力(りき)みがあったようだが、 その間、 相手の
『錦織圭から学ぶ成功学②』の画像

人生を生きてるということは 高次元?的に言うと 川の流れの中にいるようなものかもしれない。 そして、好きなようにしていい、というのが 地球に生まれてきた「特権」のようなものだ。 流れに逆らって泳ぐのもよし。 カヌーに乗って自由
『なんくるないさー』の画像

あいつは間違ってる、とか あの企業はダメだ、とか あそこのセラピストはインチキだ、とか 言いたくなるときがある。 そう思っているときは 自分の精神レベルが下がっている時だ。 脳波はβ波。 エネルギーは低下中。 なにくそ根性、あいつに負ける
『責める心理状態』の画像

全豪オープンで勝ち進んでいる錦織圭選手だが 「いつかトップ10に入りたい!」と思っていた頃は 嫌いな反復練習をあまりしていなかったそうだ。 マイケルチャンコーチと組んでから その反復練習を嫌というほどしつこく練習することで それが試合に生きてきて
『錦織圭から学ぶ成功学』の画像

前向きであること、って素晴らしいことですね。 だけど、前向きになろう!と思ってもなれないこともしばしばあるのではないでしょうか? 心を変えるって意外と難しいんですね。 ひとつの公式を理解すると 非常にすっきりします。 もったいぶらずに言いますと
『「前向き」のメカニズム(言霊編)』の画像

「わくわく」って 体に正直に現れる。 映画「Shall we dance?」の中で 役所広司が自転車に乗って会社に行くシーンがあるのだが ダンスに夢中になっているときは めちゃ元気に自転車をこいでいるのだが、 ダンスを辞めた後は 生気が消えたようにトボトボと自転車を走らせてい
『わくわく』の画像

↑このページのトップヘ