才能学ブログ*:.。.ღ˘◡˘ற♡.。.:*・゚

才能発見/天職開発専門ブログ。生まれてきて本当によかった!と思える人生を! 

才能学ブログ*:.。.ღ˘◡˘ற♡.。.:*・゚ イメージ画像

更新情報

http://www.kaishakeiei.com/study/lifeinshort/ 典型的なアイデア星人。 参考にしていいところもあるけど 人によっては参考にしてはいけないところもある。 モデルにしていいのはごく一部の人たち。 ほとんどの人は真似しちゃダメ。 真似すると人生

健康に関しても (現在の)西洋医学と 東洋医学の 考え方に 大きな差がある。 (本当は元の西洋医学も東洋医学的な考えも含んでいるが) 今の現状からくる痛み、苦しみを短時間緩和するのが 西洋的思考。 痛み、苦しみの原因になる今の現状を時間はかかるけど

昨日のアクセスが560ありました。 たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。 10月のページ別アクセスで桁違いに多かったのが 「モテ期 」(10/24)でした。 「モテる」ということに興味がある人が

1つの次元には7層あると言われていますね。 わかりやすく表現すると 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 で1次元が終わったら次は 2.0 2.1 2.2

【動画】http://www.downvids.net/animated-yin-yang-symbol-543454.html#AddBlog見えない世界=陰(黒)見える世界=陽(白)8次元以上の見えないゾーンからソースを取り出し右脳と左脳を正常に機能させて松果体を活性化させそこを通じて複体から細胞レベルに情報を伝達す
『陰と陽』の画像

僕は元々4次元、5次元あたりが強い人間なので(by UD16+STEPS) 4次元、5次元ワールドの中だとすごく心地よい。 そんな僕が 貧乏な家に生まれた少年時代は何もできないって思ってたし(0次元) 常識という枠で凝り固まった組織の中はすごく居心地が悪か

本当の自分と これが俺だ、と自分で思っている自分が 一致するといいよね~。 そして、人にも「彼は◎◎な人だね。」と 同じように思われるといいよね。 本当の自分(魂)と自分がこうだと思う自分(心)と 人から思われている自分(体)が 三位一体となると

「体験」するって大事。 なぜか? 「体験」してみると それが自分に合うかどうかが「体で(細胞レベル)」わかるから。 僕はかつて スキューバダイビングをしていた時期があった。 マイ機材を全部買って、冬用のスウェットスー

動いていい時と 動いてはいけない時がある。 特に 怒りが感情を支配しているとき 何か大事なことを決断してはいけない。 ほぼ100% その決断は間違いになります。 (メカニズムは語ると長くなるのでまたの機会に)

そりゃ誰だって 人生に一度くらいモテたいわな。 僕は小学校時代は、イジメラレっ子。 不思議と学校を休む、という発想がなく毎日休まず登校。 3年と5年のときは新任の女の先生が担任で いじめっ子グループと一緒にな

別れ話を相談されたことがあるだろうか? 各次元での答え方は実に様々 【7次元別別れ話相談員語録】 1次元状態の相談員: 別に法律上問題なければいいと思うけど、世間様にどう顔向けするかだな~ 2次元状態の相談員: 僕

この教材には「行動計画書」なるものがついていた。 テープで聞いて、テキストを読んで 自分自身の「目標」とその「行動計画」を作る。 作るのが結構大変なのだが 作ってしまえばあとはそれを実行するだけ ということになり

セールスマンはやってきた。 体育教官室で4時間話を聞いた。 60万だぜ、60万。 即決はできない額だ。 セールスマンは必死だ。 彼は4時間話続けた。 僕もいくつか質問したと思うが ほとんど彼が話していた。 4時間後、

30歳の頃 成功哲学の教材に出会い かなり人生が変わった。 それはまだ私が教員をしていたある日のこと 柔道部の正顧問の先生のところに 成功哲学のセールスマンが体育教官室まで やってきた。 私は当時、柔道部の副顧問。 隣でずーっと話を聞いていた。

9/13の日記「恋愛がうまくいかない理由(わけ)①」には このブログ史上最高の839アクセスがあった。 やはり恋愛は 多くの人にとって永遠のテーマなんだな、 ということがわかる。。 恋愛がうま

一般に夢と呼ばれるものには 大きくカテゴライズして3つあるのではないかと いうのが僕の持論。 ①好きな人と ②好きな場所で ③好きなことを できると最高... じゃないでしょうか? でも 3つのうち 1つだけでいい人もいる。

ひとつのモノゴトを長い時間かけて極めていくことが大事! と信じて疑わない人たちがいる。 そういう人たちの代表は 研究者とか、農業する人とか、職人さんなどだ。 こういう人たちから見ると 「中途半端」「飽きやすい」「すぐに辞め

「やればできる」 世の中で一番「やればできる」が反映されることのひとつは 中学校の定期テストの勉強。(中間テストとか) 時間をかけてやっただけ、ストレートに得点に反映される。 ところが「やればできる」が あてはまらないことも多い。 むしろあ

 旅に出ていろんな人に会う。 東京にいると、本当にいろんな人と会う。 スゴイ人たちにたくさん出会う。 情熱大陸とかプロフェッショナル見てると スゴイ生き方にしか会わない。 (人によってスゴイに当たる表現は様々だが) スゴイ人に会った時に 「あっ

よく次元という言葉を僕も使うが 最近巷でもよく使われるようになってきたと思う。 最低だと思うのが 師匠みたいな人がいて 「私は10次元で、君は5次元だ。だから私の言う事を聞きなさい」 って言うような場合。 こういうことを言う人って

↑このページのトップヘ