ざっくりいくと、、、

◆左脳コア回転→ベータ波(心の中=嵐の海)何も見えない。何も出来ない。進む方向がわからない。進みたいけど方向が見えない。生きるのに必死。助けて~という感じ。

◇右脳コア回転の第1段階→アルファ波(ザザザと波が打ち寄せる=ララララ~、オホホホホー)
◇右脳コア回転の第2段階→シータ波(凪の海)
◇右脳コア回転の第3段階→デルタ波(水鏡)

---------------------------------

空に浮かぶまあるいお月様が「宇宙の全記憶(=アカシックレコード)」だとすると、それが「心に映る」=「わかる」となる。

つまり「答え」はすでにある。どこにも逃げてはいかない。
それをキャッチするには「心を水鏡」にするだけ。自分次第という訳だ。

自然に囲まれて自然のリズムで生活すると右脳コア回転で生活できるが、ストレスのある社会生活の中だと、どうしても左脳コア寄り(嵐の海)になっていく。

そこから脱出する方法

1 修行。(人との対話、自分との対話。修行をすると自分でいつでも意識すれば正せるようになる。)

2 何かのチカラを借りて、一瞬でも右脳コアの感じを体感する。その感じを覚えておいてそこに近づけるようにする(バイオフォードバック)


何かのチカラとは?(シータ波ヒーリングやシータ波発生装置などなど・・)

とは言っても日常生活で左脳コアも使う。

計算や分析をするときに使う左脳コアと
嵐の海(不安、怒り、恐怖、パニック)のときの左脳コアは
使う階層が違う。(これがちょっとややこしい)

左脳コアと右脳コアの間を瞬時に行ったり来たりしているので

左脳49:右脳51 でも幸せな人生 に感じるし
左脳51:右脳49 でも不幸な人生に感じたりする。

けっこう紙一重。

最近あちこちでシータ波という言葉が
よく出てくるようになった。
人類覚醒の予感。