「任せきる」とは?

目標設定をする。
行動計画を立てる。
数値と達成日時を明確にする。
逆算してToDoリストを作る。
そして必ずできると信じる!
ひとつひとつやっていくと
もちろん目標は達成する。

信念の力で、俺は成功した!と皆言う。
このパターンで成功した人は
「自分が頑張ったから成功した」と
思う人が多い。
全部、自分がコントロールしている、と
この手の人は思ってしまうのだ。
たいてい「高慢」な態度(左脳コアブロロ)になる。
何が足らないかって?
もちろん「謙虚さ」が足らない人が
圧倒的に多い。

ところが、なにかの拍子で
今までより遥かに達成困難な目標に
ぶつかることがある。

今まで通りにやっても
とてもじゃないけど達成の見込みすら立たない。。
どれだけ努力しても頑張ってみても
みっちもさっちもいかない。
もう自分のチカラだけではどうしようもないっ、、助けて~って状況に陥ると
人って「神様にすがる」ようになる。
お願いだとまだダメ。
やがて祈りに変わってくる。

このとき、ふっと「チカラ」が抜ける。

チカラが抜けると、次元がひとつ上がる。

次元がひとつ上がると、今まで見えなかったものが見えて来る。

今まで敵だと思っていた人が、実は味方であることがわかったり
毎日すごい「ご縁」が実はやってきていたということがわかったりする。
つまり神様が毎日膨大なヒント(指示)を与えてくれていたことに気づく。
これを人はシンクロや共時性と呼んだりする。

なんだ。。神様がくれる指示を信じて、神様に任せておけばよかったんじゃん。

って思える。

それに従うと、とんとん拍子にモノゴトが進む。奇跡的な出会いや出来事の連続になる。このパターンで成功した人は「自分がやったんじゃない。神様にやらせてもらったんだ」と謙虚さを持っているのが共通点だ。


信念=「自分」の意志を言葉で念じてモノゴトを動かすこと。1人で努力して成功したと思う。

真念=1次元上げることで宇宙(真)の意志(念)をキャッチして「それだけ」に従って行動する。「任せきる」となる。そこに自分の意志は入る余地がない。自分の意志(欲)が微塵でも入った瞬間に神様からの奇跡のサポートはピタッと止まる。

ただ、これは自分自身でインスピレーションや直感として情報をキャッチしないといけない。霊媒師などに頼ってはいけないのだ。

ということで私が好きなフレーズのひとつが

「魂のリズムに心と体を委ねる」

なのです。

感じるままに叫び、感じるままに動こう!