「なるべくワールドカップで優勝できるように頑張りたいと思います。」

と言っているAさん。

「絶対何が何でもワールドカップで優勝する!」

と言っているBさん。


この両者からどんなオーラを受けますか?
-----------------------------------

Aさんの言霊の翻訳。

「頑張るか頑張らないかどっちにしよっかな~。なるべくなら楽して優勝したいな~」(で、まだ何も努力をはじめていない。目標達成セミナーなどに参加したりしている)

Aさんに起こること...

「がんばろうかどうか迷っている姿」が実現する。

一方、Bさんの言霊の翻訳。

「優勝するためには今以上の努力をする。そのためにはどんな努力も惜しまない」
(すでに相当な努力をしている)

Bさんに起こること...

「優勝している姿」が実現する。

Aさんの言霊は全く「目標設定」にはなってないのです。

-----------------------------------

空手の試合での私の経験。

「負ける」と自分が思った時点で
500%負けます。

「できたら勝ちたい」程度にこちらが思っていて
相手が「絶対勝つ」と思っていれば
100%負けます。

こちらが「絶対勝つ」と思っていて
相手が「できたら勝ちたい」って思っている場合だと
こちらが100%勝ちます。

こちらが「絶対勝つ」と思っていて
相手も「絶対勝つ」と思っていると
今までの努力の差で勝敗が決します。

試合の前に勝敗がついていることがほとんどです。

努力も同じくらいして気力、技術、体力が同じくらいだとすると
勝敗は「時の運」になります。

-------
言葉を使う時は

「です!」「ます!」

と言い切ってください。