七草粥の時節ですね。
自然の恵みを使った胃にやさしい料理を
この時期に頂くという日本の智慧はなんともすばらしい。

それはそうと...
「新おばんざい塾12ヶ月」という
圧力鍋を使ったお料理教室のお手伝いを
させてもらっている。

一見ふつうの「お料理教室」なのだが
その本質は「和の精神復活お料理教室」なのだ。。

というのは....

日本人は本来「繊細な感覚」を持っている。
しかしその繊細さが今日奪われてしまっているのが現状と言っていいだろう。

「繊細な感覚」が奪われてしまって
一番困る事は
「宇宙の声(=第六感、直感、インスピレーション)」が
聞こえなくなることだ。

それを取り戻すには
どうすればいいか?

他の「五感」の感覚の繊細さを取り戻せば
その先にある第六感が取り戻せる下地が
整った事になる。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感だ。

フランス料理の本場フランスでは
「フランス料理に日本人の舌は欠かせない」
とまで言われている。
例えばフランス人が「一味(ひとあじ)」と感じる塩味の中に
日本人は100種類に分けて感知することができるのだ。これはドラゴンボールで言えばまるでスーパーサイヤ人レベルに値する凄技なのだ。

色も同じで外国人が「赤」と認識する中に
日本人は100種類の「和の赤の色」に分けて
感知することができる。

五感を鍛えるために共通して言えることは
「自然の味」とか「自然の色」を
感知することができるか?
つまり
「自然と同調」しているかどうか、
にかかってくるのだ。

味覚で言えば
今注目されているのは
「圧力鍋」を使った料理だ。

最小限の調味料だけを使い
本来素材が持つ味や栄養分を100%料理の中に
閉じ込めることができる。
しかも調理時間がめちゃ短い!

これを食べ続けることで
「繊細な舌の感覚(味の感覚)」が
蘇ってくるのだ。

表向きは
「圧力鍋を使ったお料理教室」。

しかしその本質を解けば

「宇宙に繋がるお料理教室」

(宇宙に繋がる=和の精神)

なのである。

圧力鍋お料理教室の様子はコチラ⬇
http://www.youtube.com/watch?v=hgT-oNg11PI
(最新版)