【W杯】皆さんそれぞれご意見があるようだが、私も述べる事にした。今朝のブラジルvsチリ戦。「数十センチ」が勝負の分かれ目だが、本当の意味でこれが 分かる人の条件が2つあると思う。1つ目は「ニュースダイジェストじゃなく、しっかりと試合を見ていること」延長後半終了間際のチリのシュートは10cm 下にいってたらゴールに入ってたし、PKでチリが最後に外したシュートも10cm左に行ってたらゴールに入ってた。2つ目は「過去にスポーツかなにかで 【数十センチ】の差で勝ったり負けたりした経験があること。私が学生時代にやってた空手競技で年1回の国体予選で3連覇した時、どの年も決勝は1ポイント 差での薄氷の勝利。数センチ(=0.数秒)相手に突きが早く届くかどうかの世界。実力が拮抗していると気持ちの強さが最後に出るし、後は「勝負は時の 運」って感じになる。W杯日本代表も数字で見ると2ゴール1分2敗と酷いが本田並みの気の強さ(気迫)がもっと多くの選手にあり、あと数十センチの時の運 があればいいところまで行ってたと思う。日本は前回大会ではベスト16入りしてるし、今大会イングランド、イタリア、スペインなども1次リーグで去ってい る訳だから「日本が弱い」という訳ではないと思う。