9/13の日記「恋愛がうまくいかない理由(わけ)①」には
このブログ史上最高の839アクセスがあった。

やはり恋愛は
多くの人にとって永遠のテーマなんだな、
ということがわかる。。

恋愛がうまくいかない理由(わけ)①では
「寄り添い合う」について語った。

今回はその第二弾。

僕は尊敬する師匠が7人いるのだが
その中の1人に言われた事を今でも覚えている。

「恋愛は正直に」

その心は

相手の何がどの程度好きか、
というのを正直に言い合うことが大事だと言うのだ。

ビジュアルというのは
とても大事。

*100が最高点として、、
僕は君の顔の好き。
目は100
鼻は60
唇は90
笑ったときに見える歯は120
ショートヘアは30
ロングヘアだと60
茶髪の時は100

今のスタイルは90
少しでも太ると50にダウン

みたいな感じ?(笑)
(これは僕の好みではないのであしからず)

性格や行動様式も大事だよね。

僕が落ち込んでるとき
黙って一緒にお酒を飲んでくれるのは+100
デートの待ち合わせで遅れるときにメールをくれないのは-100

...とか(笑)

あと具体的には書かないけど
夜の営みについても非常に大事w
Do you know what I mean, huh? :D

これはある意味
自分の「趣味」または「フェチ」を
相手に正直に伝える、ということだ。

いちいち全部やると
頭おかしいんか?みたいになるので
たくさん(例えば100項目など)はしないでいいと思うが

相手の具体的なポイントについて
+100または+100以上のことと
-100または-100以上のことは
恋愛をする時(する前)に
お互いが表明するようにしておけば
ずいぶんと違ってくると思う。

つきあっていけば
マイナスに思えることが
どんどん出て来るのが普通だ。

しかし、一番最初の+100が
その後に出て来る-100を
支えてくれるという構図になる。

やってはいけないのは
「君の全部が好き」と言っちゃうことかな。



あと注意点をひとつ。

すでにつき合ってる人や
結婚している人は
これはしないほうがいい。

たぶんマイナス項目ばっかりになるから(笑)


相手を好きになる、というのも自分の才能なのだ。
相手の目はどの程度好きなのか?
という自分の才能をよく知らないといけない。

これは例えば野球がどの程度好きか?ということと同じこと。。。

寝ても覚めても野球のことしか考えてないのか?
部屋はプロ野球選手のポスターで埋め尽くされているのか?
1日何時間も365日練習するほど野球が好きなのか?
それともやることが他にないから野球してるのか?
友達に誘われたから野球をしてるのか?
1~2年ちょっとやってみたいだけなのか?
1年やってもう飽きてるのか?
1年やってもう飽きたから辞めたいんだけど監督が怖くて言い出せないのか?
円陣を組んで「おー」ってやるときが好きなのか?
カッキーンという球を打ったときの音が好きなのか?
白球を追うという青春物語の中にいる自分が好きなのか?
...とかを
細かく見て行くように
モノゴトに対する、自分の「好き度」を確認することが大事なのだ。

相手の目が好きと思える才能があると、相手の目を見ているときは
いつでもハッピーな訳なのだから。
それを相手が知っていると、相手だってハッピーじゃない。

逆に、「僕の目が好き」、と相手に言われたら嬉しいじゃん。
じっと見つめてあげたり、ちらっと見てあげたりする度に
相手はハッピーになってる、ってことがわかるってことでしょ。
ものすごい自信になるよね。
自分が人を幸せにさせてるってことがわかる訳だから。

僕は昔、つき合っていた人とこれをしたことがある。

顔、体、性格の3項目。。。(ちょっと生々しいが...汗)

相手が僕に対して思っている好き度を
相手に書いてもらい、
相手が僕に対して思っているだろうなという予想を
僕が書いて
せーの、で出してみた。

相手の僕に対する「好き度」の僕の予想は
顔が20
体が50
性格が100
だったが、

相手の実際は
顔100
体80
性格50

だったことがある。。( ̄▽ ̄*)

気を使って相手のことを考えて何かをしてあげるより
ずっと顔を見せてあげて、ムギュッと抱きしめてあげていた方が
相手にとってはよかった、ってことだ(笑)

「恋愛は正直に」

この言葉を胸に今日も一日頑張りましょう!