人って毎日いろんな次元を
ジェットコースターのように行ったり来たりする。

人間、心が強くなると
自分の想いに従って歩けるようになる。
他の人に理解されなくても大丈夫、
私のことはほっといて、と強気でいける。
(4~5次元)

ところが
何か事件が起こって
心が弱くなるときもある。
そんなときは
誰かにそばにいてほしい、
とか
誰かに慰めてほしい、
誰かに話を聞いてほしい、
誰かメンターの意見がほしい
みたいになってしまう。
(1~3次元)

5次元までの人は
上に述べたような1~3次元に落ちやすい。

3次元までと4次元以上の大きな違いは

「自分の意見があるかどうか」
ということだ。

3次元までの人というのは
常に誰かの顔色を伺っていたり
誰か他の人の意見を自分のことのように言ったりする。

4次元以上になると
自分の考えを持ち
他の人の賛同が得られなくても
それを堂々と言える。

おっと、言えるようになるのは5次元になってから。
4次元では、まだ言えないかな。

3次元から4次元に抜け出すときに必要になるのは
ズバリ「個人力」だ。

人生に転換点があるとするならば
この3次元から4次元への高い壁を越えたときになる。

その大きなポイントとなるのは
「本当の自分を知る」ということだ。

UD16ならそれがわかる!

14ead787.jpg

ダライ・ラマはチベットから亡命したときに
ヒマラヤを越えたそうだ。

*才能学ブログ1日2投稿チャレンジ中!
69日目その1
-----------------------------------------------------
《ゆったり楽しい午後TEAプロジェクトのご案内》
午後にお洒落なカフェでお茶を飲みながら気脈を通わせるというプロジェクトです。いろんな人とお茶したいです。

《UD16個別診断を実施中》
午後TEAプロジェクトの中のコンテンツのひとつ。
それぞれの人間が生まれ持ってきた特殊能力分野を40分インタビューで診断します。
「特殊能力(本質)」は16分野あって、全ての人が16分野どれかに当てはまり、その分野は一生変わることはない。1995年から右脳左脳理論をベースに した「特殊能力」の研究、2000人以上を臨床診断し、誰にも真似ができない独自のインタビュースタイルを考案。2007年以来300人以上をモニター診 断。「腑に落ち率」脅威の99%!

下町隠れ家的カフェで随時開催中!

①どんなお話もじっくりお聞きします。
②どんなお誘い(セミナー、物販、ビジネスetc)も堂々とお断りします。
③40分インタビューさせて頂ければ「特殊能力分野=この世での使命分野(本質)」が80%の確率でわかります。

*生年月日診断でもなく、顕在意識が作用する「はい、いいえ」の質問テストでもなく、怪しげなスピリチュアルでも催眠術でも宗教でもありません。右脳左脳理論に基づき20年で2000人以上を臨床テストすることで
磨かれ洗練された世界で唯一のオリジナルインタビュー技術を活用した診断スタイルです。

午後TEAプロジェクト「UD16個別診断」
(診断料10,000/2時間:個別ノート付き)
場所:初回:銀座4丁目Heiz銀座サロン / お知り合いの方or2回目以降:Heiz銀座サロン / 秋葉原Cafe Brauner / 上野公園Park Side Cafe / 東京ドームホテルArtist Cafe / その他ご希望の場所(カフェの場合お茶代各自持ち)
日時:随時
お申込み方法:
日本才能学研究所(JTA/Japan Taletlogy Association)公式ウェブサイト
お問い合わせフォームからお申し込みください。(*注:音が出ます)

「特殊能力分野(本質)」は「◎◎星人」という表現でお伝えしています。
次のようなことがわかります↓
◆いまの仕事やポジションが自分に合っているのか。
◆右脳系なのか、左脳系なのか、両脳系なのか。
◆いま考えている方向が自分の本質に合っているのか。
◆人を選んでいいのか、選んではダメなのか。
◆自分の好きなことをしていいのか、人のために行動したほうがいいのか、世の中に貢献すべきなのか。
◆お金を求めていいのか、求めてはいけないのか。
◆組織にいるべき人間なのか、独立すべき人間なのか。
◆物、人、情報、どれを扱えばいいのか。
◆どの程度自分の特殊能力を使えているのか。
◆特殊能力を伸ばすポイント
◆あなたの特殊能力エネルギーの「流れ方(=型)」
◆他にもわかることがたくさんあります。
今まで感じてきた異和感が一気に解消されます。

「生まれてきて本当によかった!」と思える人を一人でも多く増やすこと、
ひとつでも多くの本当の笑顔を作ることが私の志。

午後TEAプロジェクトの主宰:日本才能学研究所(JTA/Japan Talentlogy Association)