昔テレビのCMで
テニスコートの角においた缶の上に置いたボールを
サーブで弾き飛ばすという映像を覚えている人が
何人かいると思う。

実はメンタルトレーニングであれをやったことがある。
まさか自分ができるとは思わなかったのだができたのだ。
それも全く今まで経験したことのない方法で。

やり方を説明しよう。
(1)まずコートの角に置いた缶を指差して「潜在意識にロック」する。(指差し方にひと工夫いるが)
(2)向こうのコートから軽くボールを打ってもらう。
(3)自分のコートに入ってきたボールだけをしっかり見て
「一番気持ち良く(右脳状態で)打ちたい!」と思えるポイントで思い切り打つ。
(4)すると肉体のすべての筋肉が潜在意識からの指令に瞬時に反応して
かなりの確率で缶に打ったボールが当たるのだ。

これには本当にビックリした。

これを成功哲学に置き換えると次のようになる。

右脳(潜在意識)に目標をロックして
あとは忘れていても
そのロックが強烈だと
リラックスして
トンピシャのタイミングを待っていて
その時にアクションを起こせば
自動的に目標のところに行ってしまう、というものだ。

目標設定も右脳(魂)から出てきたものであり
普段からリラックスして(右脳回転)、時をキャッチ(右脳回転)する
というふうに全てが右脳(6次元)を活用している技なのだ。

これが昨日のブログ日記で解説した
6次元成功哲学ロックパターン(2)にあたる。

このテニスの話は文章だけではわからないはずなので
僕に会った時にぜひ聞いてください。
わかるように話をしますね。

一方、ガチガチの左脳成功哲学風にテニスをするとどうなるか。
常に頭の中は「あそこを狙わなきゃ」という思考(未来の不安)ばかりが巡る左脳状態になる。
左脳が動いていると「今」に集中できなくなり、
結果、ボールの動きもよく見えなくなる。
ボールを見ていいのか、缶を見ていいのか、迷うことになり
全くうまくいかなくなる。

これを成功哲学に乗せると
「なんとかして成功しなきゃ。」と焦るばかりで
最初に焦って立てた計画にしか目がいかず、
計画以外のタイミングで行動を起こすべき時が来てもそれがわからず
機をどんどん逃すということにしかならないのだ。

----------------
僕は西洋風成功哲学で成功した、というブログシリーズを
2ヶ月位前に書いたが、よく思い出してみると
限りなくこの6次元成功哲学のロックオンパターンに近かったと思う。

とにかくやりたいことをざーーーーーっと書き出したが
その中にUD16特殊能力の範囲内のことと、範囲外のことがあった。
それを「1年後までに達成したいことリスト」「3年後までに達成したいことリスト」「5年後、、」「10年後、、」などという特別な用紙に記入しただけだったのだ。
これがロックオンに当たる行動だったのだと思う。
「1年後までに達成したいことリスト」は近い未来なだけに
かなり正確にイメージもできたし、UD16特殊能力の範囲内のことは
100%達成できたのだ。
毎年1年ずつ更新していく形で
当時自分がやりたかったことはほぼ全て達成したのだ。

ロックオンすると、どういう感覚になるかというと
ことあるたびに「あっ、そういえばコレ、目標設定したよな~」と思い出すのだ。
そして「目標設定したんだからやらないとね~」となっていき、
ここぞという判断場所で「やる方向に一歩が踏み出せる」という感じだった。

そしてだ、能力のUD16特殊能力の範囲外のことは、見事に何一つとして達成できなかった。

まとめ:

(1)UD16の特殊能力の範囲内のことは、望めば基本的に叶う。叶うと「生まれてきて本当によかった!」という魂からの喜びを感じることができる。
(2)ピュアパターン:偶然の出会いに引っ張られてUD16特殊能力の範囲内のコンテンツに出会い、
あれよあれよとコトが進んで行く。
(3)ロックオンパターン(1):寝ても覚めても忘れられないほど強烈な想いはそれが達成まで引っ張っていく。
(4)ロックオンパターン(2):一度ロックオンしたら、忘れても、その後リラックスしているとある時突然叶う。
(5)UD16の特殊能力の範囲外のことはロックオンしても叶いにくい。叶ってもつまらない。
(6)UD16の特殊能力の範囲外のことを、なにくそ根性などで3次元成功哲学に乗せて無理やり達成まで持っていくと叶う場合もあるが、病気になるか、事故に遭うか、近くにいる人たちが被害を被るようなことと引き換えに達成するというダークサイドのエネルギーを使ったものになる傾向がある。

いかがでしょうか。
6次元成功哲学の鍵になるのは
やはり「UD16」なのだ。
自分のUD16特殊能力、これは
何をするにしてもやはりすべての人に知っておいてほしい。

d09eec1c.jpg



日本才能学研究所発行のメールマガジン(無料)にぜひご登録ください


生まれ持ってき た才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と 勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、 ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話など を不定期(目標は1週間に1回のビッグボリューム)でお届け致します。*ブログ左上のメルマガ登録プラグインから購読申請(無料)できます!こちら からも登録可能。 2/17(火)夕方にメルマガ第6号発行済み!

メルマガ登録を完了させるには、登録後送られてくる認証メールを認証する必要があります。登録したけど、認証メールが届かない方は別のアドレスで登録して頂くか、届かないときの設定解説をご覧ください。

「自分の本質が顕れた天職」から得られる喜びは他のちょっとした喜びと全く【質】が違う。それはハッキリわかるし涌き出る泉のようで枯れることがない。自分の本質を掴み、世界の好きな場所で好きな人と好きなことができる「天職(=魂が輝く人生)」を手に入れよう!

ゆったり楽しい午後TEAプロジェクト

それぞれの人間が生まれ持ってきた特殊能力分野を40分インタビューで診断します。「特殊能力(本質)」は16分野あって、全ての人が16分野どれかに当 てはまり、その分野は一生変わることはない。1995年から右脳左脳理論をベースにした「特殊能力」の研究、2000人以上を臨床診断し、誰にも真似がで きない独自のインタビュースタイルを考案。2007年以来300人以上をモニター診断。「腑に落ち率」脅威の99%!「生まれてきて本当によかった!」と 思える人を一人でも多く増やすことが私の志。下町隠れ家的カフェで随時開催中!

①どんなお話もじっくりお聞きします。
②どんなお誘い(セミナー、物販、ビジネスetc)も堂々とお断りします。
③40分インタビューさせて頂ければ「特殊能力分野=この世での使命分野(本質)」が80%の確率でわかります。

*生年月日診断でもなく、顕在意識が作用する「はい、いいえ」の質問テストでもなく、怪しげなスピリチュアルでも催眠術でも宗教でもありません。右脳左脳 理論に基づき20年で2000人以上を臨床テストすることで磨かれ洗練された世界で唯一のオリジナルインタビュー技術を活用した診断スタイルです。

◆午後TEAプロジェクト「UD16個別診断」(診断料10,000/2時間:個別ノート& フォローアップ付き)場所:初回:銀座4丁目Heiz銀座サロン / お知り合いの方or2回目以降:Heiz銀座サロン / 秋葉原Cafe Brauner / 上野公園Park Side Cafe / 東京ドームホテルArtist Cafe / その他ご希望の場所(カフェの場合お茶代各自持ち)

日時:随時

お申込み方法:日本才能学研究所(JTA/Japan Taletlogy Association)公式ウェブサイト
のお問い合わせフォーム
からお申し込みください。(*注:音が出ます)
または7uminchu*gmail.comまで(*を@に変えて送信!)

◆「特殊能力分野(本質)」は「◎◎星人」という表現でお伝えしています。次のようなことがわかります→→
◆いまの仕事やポジションが自分に合っているのか。
◆右脳系なのか、左脳系なのか、両脳系なのか。
◆いま考えている方向が自分の本質に合っているのか。
◆人を選んでいいのか、選んではダメなのか。
◆自分の好きなことをしていいのか、人のために行動したほうがいいのか、世の中に貢献すべきなのか。
◆お金を求めていいのか、求めてはいけないのか。
◆組織にいるべき人間なのか、独立すべき人間なのか。
◆物、人、情報、どれを扱えばいいのか。
◆どの程度自分の特殊能力を使えているのか。
◆特殊能力を伸ばすポイント
◆あなたの特殊能力エネルギーの「流れ方(=型)」
◆他にもわかることがたくさんあります。今まで感じてきた異和感が一気に解消されます。

午後TEAプロジェクトの主宰:日本才能学研究所(JTA/Japan Talentlogy Association)