そりゃ誰だって
人生に一度くらいモテたいと思うもの。。。

僕は小学校時代は、イジメられっ子。
不思議と学校を休む、という発想がなく毎日休まず登校。
3年と5年のときは新任の女の先生が担任で
いじめっ子グループと一緒になって僕をいじめていた。
(まあ新人先生の指導力がなかったってことだが)
勉強はサッパリできなかった。
少年野球チームに入っていたが(親が入れた)
ぜんぜんパッとしなかった。
唯一の特技は走るのが速かったこと。
50m7.9秒で学年で1番だったけど上記の理由で
僕の小学生時代は暗黒時代。

中1になってイジメられることはなくなった。
クラスで僕をバカにする奴がひとりいたが
胸ぐらつかんで「お前えーかげんにせーよー」と
ハッタリかましたらそれ以来大人しくなった。
こんなこと、生まれて初めてやったんだが、時にはこういうことも必要なんだなと思った。

勉強は普通。
英語のテストで「2」を「tow」と書いて❌を貰い
俺ってホントバカだ、って思った。
(そんな奴でも将来中学の英語の先生になるんだから人間の可能性って無限)
走るのが速かったので陸上部へ。
50m走は学年2番だった。
3年B組金八先生が始まった年だったと思う。

◆中2が転機

親が怒って家庭教師をつけた。なぜか英語だけ。
2時間×週2で宿題をめちゃくちゃ出す先生。
僕は、子供時代の性格が今とは真逆のくそ真面目で
「言われたことはしなくてはならない」と固く信じていたので、
超イヤだったけど、出された宿題は全部やったのだ。

すると「やればできる」の言葉どおり
1学期の中間テストはいきなりクラストップの99点。
1学期の英語の成績が「5」に。
もちろん自信になったけど友達の僕を見る目が「尊敬の眼差し」に変わったのが一番嬉しかったし、驚いた。

夏休みに陸上部のキャプテンに指名された。
秋の大会は陸上部創立以来はじめての京都市総合4位入賞。
僕は走り幅跳びで6位入賞。
チームメートが1位(400m)、2位(3000m)、5位(ハードル)に入賞。
砲丸投げと走り高跳びの2人が実力通りだったら総合優勝だった。

クラスメートの推薦で体育祭の応援団に(各学年から4人ずつ)。
本来は3年生から団長を出さないといけないのだが、先輩が中2の僕に「お前団長やれ」と命令したので、しぶしぶ赤組の団長をやることに。
どうもこれが女子のハートをガッツリ掴んだらしく
中2のバレンタインデーに全く知らない女子たちからもらったチョコレート20個以上。

いわゆる本チョコ。

これが人生はじめてのモテ期。

去年までバレンタインチョコなんてもらったことがなかった。
中1と中2の僕は同じ人間なんだけど
「何かをする」ことで人の見る目が違ってくるんだって思った。

後期は学級長に。
クラスメートが生徒会長に立候補して
その応援演説を務める。

◆いいことばかりではない

僕は学年でも目立って来て
同じ学年の番長グループに目をつけられ
タイマンを申し込まれる。*タイマン=1対1の勝負
血が出るまで殴り合いをするってのがルール(向こうが勝手に決めたルール)

場所はバックネット裏。僕と番長の周りを15人ほどの番長グループが囲んでいる中でタイマンスタート。
最初番長の連続攻撃。
耐えていたが途中あまりに
むかついてきたので
一発顔にパンチをお見舞い。
番長は5mふっとんだ。

(僕は大学生の時、空手の国体選手になったのだがその片鱗を見せていたのか?)

そのあと番長が怒りまくってラッシュ。
僕は鼻血を出して終了。
次の日学校の廊下で番長に会った。
「おっ顔ちょっと腫れてるな~ははは」って。
番長の顔もすこし腫れてた。
カラッとしてた。

中3のバレンタインデーのチョコは10個くらい。
チョコッと人気が落ちた?って思った。

当時陸上部には「女子とつき合ってはいけない」
という訳のわからん伝統のルールがあって
みんな愚直にそれを守っていた。
僕も例外ではなかった。

中3になったとき
3年B組金八先生が
1年B組新八先生になってガックリきたのを
覚えている。

◆転機は何かちがうところにある

親が僕を英語の家庭教師につけなかったら
バレンタインチョコのモテ期はなかった。
たぶん今の僕もなかった。

おびただしい「ご縁(えん)」が毎日毎時間宇宙からやってきている。
それをキャッチしてやるかやらないかで
運命が開けるか閉じるかが決まる。
しかし運命がどこで開くかはそのときは全くわからない。

いずれにしても
「何かをやる」
そして
「やりきって何か結果を出す」
ってのが大事。

あとは
何か頼まれ事っていうのは
宇宙からの「ご縁=ラブコール」だと思う。
家庭教師、陸上部キャプテン、応援団長などは
嫌々引き受けた。

ご縁の頼まれごとが自分の才能(個性、雰囲気)にスポッとはまると(これが大事かな~)
外部にすごい影響力を与えることになる。

有名になると目をつけられるのは仕方ない。
番長がスッキリした奴でよかった。

(過去の記事をリニューアル再掲載)

G0021791
著者@鎌倉2015夏



-------------------------
◆天職16分野パーソナルチェック◆

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。

【研究の歴史】
日本才能学研究所では、1995年から右脳左脳理論と次元論をベースにした「天職と才能」の研究を本格的に始める。2000人以上を臨床診断し、誰にも真似ができない独自のインタビュースタイルを考案。2007年より午後TEAプロジェクトで300人以上をモニター診断。2015年4月よりUD16個別診断をスタート。「腑に落ち率」脅威の99%!才能発掘と天職開発を通じて「生まれてきて本当によかった!」と思える人を一人でも多く増やすことが使命。

【独自のインタビュースタイル】
①どんなお話もじっくりお聞きします。(秘密厳守)
②どんなお誘い(セミナー、物販、ビジネスetc)も堂々とお断りします。
③40分インタビューさせて頂ければ「天職分野(才能の原石)=この世での使命分野」が80%の確率でわかります。

【注目ポイント】
生年月日診断でもなく、顕在意識が作用する「はい、いいえ」の質問テストでもなく、怪しげなスピリチュアルでも催眠術でも宗教でもありません。右脳左脳理論と次元論に基づき20年で2000人以上を臨床テストすることで磨かれ洗練された世界で唯一のオリジナルインタビュー技術を活用した診断スタイルです。

【「天職16分野(才能の種類)」では次のようなことがわかります】
◆いまの仕事やポジションが自分に合っているのか。
◆右脳系なのか、左脳系なのか、両脳系なのか。
◆いま考えている方向が自分の本質に合っているのか。
◆人を選んでいいのか、選んではダメなのか。
◆自分の好きなことだけをしていていいのか、人のために行動したほうがいいのか、世の中に貢献すべきなのか。
◆お金を求めていいのか、求めてはいけないのか。
◆組織にいるべき人間なのか、独立すべき人間なのか。
◆物、人、情報、どれを扱えばいいのか。
◆どの程度自分の才能を使えているのか。
◆才能を伸ばすポイント
◆あなたの天職エネルギーの「流れ方(=型)」
◆他にもわかることがたくさんあります。今まで感じてきた異和感が一気に解消されます。

それぞれの人間が生まれ持ってきた天職分野を40分インタビューで診断します。
下町隠れ家的カフェなどで随時開催中!

◆「UD16個別診断」(天職16分野パーソナルチェック)
時間:2時間 7500円 / 個別ノート付き
場所:初回の方:銀座4丁目Heiz銀座サロン /
お知り合いの方or2回目以降:Heiz銀座サロン / 秋葉原Portal Cafe Akiba/ 上野公園Park Side Cafe / 東京ドームホテルArtist Cafe / その他ご希望の場所(カフェの場合お茶代各自持ち)
日時:月曜~金曜(場合により土日祝日も可)
お申込み方法:才能学.com 日本才能学研究所公式ウェブサイトのお問い合わせフォームからお申し込みください。http://sainougaku.com