PICT0484
*ニューヨークの常宿だった場所のひとつニューヨークコンドミニアムからの眺め。

20代の頃、ニューヨークのハーレム145丁目あたりのセントニコラスパブっていうジャズバーに行った時に聞いたジャムセッションのジャズピアノがカッコよすぎて、「俺もいつかここでジャズピアノを弾く!」という目標設定をしたことがある。

日本に帰ってから電子ピアノを買って、ピアノを2年間習って「星に願いを」やゴスペル曲の「Oh happy day」などをはじめいろんな曲を弾けるようになり、その後、半年ジャズピアノを習って、京都のライブスポット「ラグ」ってところのジャムセッションにピ アニストとして参加した。

ドラム、サックス、ベース、ピアノで 「C Jam Blues」をやったけど
めっちゃ緊張して、実力(言うほど実力もなかったが)の1/10も出せなかった。
このとき、「もう十分やった!」という気になり、
結局ニューヨークのセントニコラスパブでのジャムセッションをするという
夢は叶わなかったが、きっぱり諦めがついた。

僕は精力的にすごく頑張った。読譜がありえないくらい遅く、一人でヘッドホンをつけながらピアノの練習を毎日するのはとても辛いというか、寂しかった。特にハノンの反復練習はつまらない以外の何物でもない。
今はすっかり曲も忘れてしまったが、時々ビッグカメラのピアノコーナーに行ってちょっと弾けるのはジャズピアノの教室で教えてもらったジャズ風ハノン。僕はきれいな和音のメロディがとっても好き。それだけは今でも弾ける。
 
*下手ですが...僕が弾いてます...

youtubeにはゴスペルピアノのチュートリアルビデオがたくさんある。
ゴスペルを7年やってた頃によく見てたのだが、時々ゴスペルピアノが聞きたくなると見ている。
ブラックゴスペルの曲ってなんでこんなに美しいんだろう、という曲が本当に多い。
その中のお気に入りチャンネルのピアニストがいるんだけど、
その人がこんなことを言ってる。

Yeah, I do a lot of music. I play keys and drums, however, you will never see my drums skills because I don't believe that is my calling anymore. I kinda fell off the drums, but I love my keyboards.  https://www.youtube.com/user/3dmac2/about
(僕はたくさん音楽をしてて、キーボードとドラムをしてる。だけど君達は僕のドラムのビデオを見ることはないと思う。なぜならドラムはもはや僕の天職では ないと思うからだ。ある意味僕はドラムから手を引いたけど、キーボードは(僕の天職だと思えるから)とっても愛してるんだよ。/私の意訳)

僕もライブスポット「ラグ」でやったあとに、「ピアノは一生はできないな~」と思ったのと同じようなこと言ってる。お試しでいろいろ(一生懸命、ある程度 の期間)やってみると、「もういいや」って思えるものと「これは面白い!なんぼでもできる!」というものが「肌感覚」でわかってくる。それをキャッチすることが大事だよね。

僕にとってはジャズピアノは聴く方がいいし、むしろパーカッションでコラボするのがいい。 一昨年、ゴスペルピアノとコラボするチャンスがあった。いい時間だった。。その時の映像がこちら。カホンを叩いているのが僕。



Calling 意味:天職

「vocationは「天職、適職」で明らかに職業ですが、callingは神に与えられた使命とか「そのために生まれてきた」と思えるようなことだと思います。ですから、callingは必ずしも職業ではなくても良いのだと思いますよ。
ネットで少し検索したら、Gary Northという人がCalling and Occupationという文章を書いていて、その中で「自分は歴史を大学で教える資格があるけれど、今はビジネスの世界にいて自分の知識を売ってお金を稼いでいる。私のcallingはmy academic workだけれど、それは仕事で得たお金を使って、自分で無償でやっている。つまり職業とcallingは別物だと言っています。」
(yahoo知恵袋より引用)
いろんな生き方がある。
どれを選ぶのも自由だ。
だけど選んだ結果に責任を取るのは自分である
ということだけは確かなのだ。
そしてどの道を選んだとしても
「この道でよかった!」と納得できるように
生きることができれば幸せだ。

*リバイバル+α投稿




【才能学メールマガジン(無料)にぜひご登録ください】
生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み 込むような愛と勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、 ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話など を不定期でお届け致します。*ブログ右下のメルマガ登録プラグインまたはhttp://www.mag2.com/m/0001648054.htmlから購読申請(無料)できます!

メルマガ登録を完了させるには、登録後送られてくる認証メールを認証する必要があります。登録したけど、認証メールが届かない方は別のアドレスで登録して頂くか、届かないときの設定解説http://help.mag2.com/000335.htmlをご覧ください。

----------------------------------------------
◆天職16分野パーソナルチェック◆

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。

【研究の歴史】
日本才能学研究所では、1995年から右脳左脳理論と次元論をベースにした「天職と才能」の研究を本格的に始める。2000人以上を臨床診断し、誰にも真似ができない独自のインタビュースタイルを考案。2007年より午後TEAプロジェクトで300人以上をモニター診断。2015年4月よりUD16個別診断をスタート。「腑に落ち率」脅威の99%!才能発掘と天職開発を通じて「生まれてきて本当によかった!」と思える人を一人でも多く増やすことが使命。

【独自のインタビュースタイル】
①どんなお話もじっくりお聞きします。(秘密厳守)
②どんなお誘い(セミナー、物販、ビジネスetc)も堂々とお断りします。
③40分インタビューさせて頂ければ「天職分野(才能の原石)=この世での使命分野」が80%の確率でわかります。

【注目ポイント】
生年月日診断でもなく、顕在意識が作用する「はい、いいえ」の質問テストでもなく、怪しげなスピリチュアルでも催眠術でも宗教でもありません。右脳左脳理論と次元論に基づき20年で2000人以上を臨床テストすることで磨かれ洗練された世界で唯一のオリジナルインタビュー技術を活用した診断スタイルです。

【「天職16分野(才能の種類)」では次のようなことがわかります】
◆いまの仕事やポジションが自分に合っているのか。
◆右脳系なのか、左脳系なのか、両脳系なのか。
◆いま考えている方向が自分の本質に合っているのか。
◆人を選んでいいのか、選んではダメなのか。
◆自分の好きなことだけをしていていいのか、人のために行動したほうがいいのか、世の中に貢献すべきなのか。
◆お金を求めていいのか、求めてはいけないのか。
◆組織にいるべき人間なのか、独立すべき人間なのか。
◆物、人、情報、どれを扱えばいいのか。
◆どの程度自分の才能を使えているのか。
◆才能を伸ばすポイント
◆あなたの天職エネルギーの「流れ方(=型)」
◆他にもわかることがたくさんあります。今まで感じてきた異和感が一気に解消されます。

それぞれの人間が生まれ持ってきた天職分野を40分インタビューで診断します。
下町隠れ家的カフェなどで随時開催中!

◆「UD16個別診断」(天職16分野パーソナルチェック)
時間:2時間 7500円 / 個別ノート付き
場所:初回の方:銀座4丁目Heiz銀座サロン /
お知り合いの方or2回目以降:Heiz銀座サロン / 秋葉原Portal Cafe Akiba/ 上野公園Park Side Cafe / 東京ドームホテルArtist Cafe / その他ご希望の場所(カフェの場合お茶代各自持ち)
日時:月曜~金曜(場合により土日祝日も可)
お申込み方法:才能学.com 日本才能学研究所公式ウェブサイトのお問い合わせフォームからお申し込みください。http://sainougaku.com