CA3A0036

「幸せになる」というのは
あまり好きな表現ではない。

幸せというのは
才能学的に表現すると
脳波がアルファ波になれば
感じるもの。

従って
脳波がアルファ波になって「幸せ感」を感じている状態のときは
人は「私って幸せ〜」と感じるだけであって
ベータ波になっているときは「幸せじゃない」という
ことになる。

この事実をふまえて考えると、
現状は全く変わってなくても
心のレバー(脳波レベル)を
アルファ波寄り細かいゾーン(シータ波、デルタ波)に
していけば自動的に「幸せ感」を得ることができる。

自分の外側を変えるのではなく
自分の内側を変える技術を身につければよい訳だが
心のレバーを内側だけで扱うのは実はけっこう難しい。
(瞑想もこの技術のひとつ)

なので、実際は外側を動かした方が
早いのである。

◆(方法その1)何かを得ることによる方法

これは例えば
音楽を聴いているときは幸せ〜♪とか
きれいな夕焼けを見るときは幸せ〜♪(僕です)とか
太鼓を叩いているときは幸せ〜♪(僕です)とか
時々分厚いトンカツを食べるときは幸せ(僕です)とか
そうじしているときが幸せ〜♪とか
ペットと一緒にいるときが幸せ〜など...
要は
幸せを感じるために何か具体的な行動をする
という種類の幸せ感を得る方法だ。

外側を具体的に変えて
同調のエネルギーを使うことによって
脳波をアルファ波にするという考え方だ。

ただ、この方法だとまだムラがあるし
モノによってはお金がかなりかかることもある。


◆(方法その2)目標設定法

次は中長期に渡るものだが
「チャレンジする自分」が
好きな人にお薦め

の方法。

何か目標を作って
それに向かって計画的に
頑張っている自分も好きだし
もちろん達成や成功を仲間と
分かち合うことも好き、
という人にはピッタリの方法だ。

いわゆる西洋的成功哲学の考え方で
今の主流とも言える。

わかりやすいし、派手なので
魅力的ではあるが
これをあまりやりすぎると
目標に向かう仲間だけとの付き合いになってしまい
家族などが壊れたり地域からはみ出たりと
いうような弊害が生まれるケースが後を絶たない。

家族を離れて
同じ目標に向かう仲間の中から
新しい伴侶を見つけたりするケースもあるが
目標が達成した後に
関係を保つことが難しくなるのは
言うまでもない。

◆(その3)「自分の道」を持つ方法

これは「一生こうやって生きる!」
と自分にも他人にも宣言して生きるという方法だ。

これが一番自然体でいられる。

ここには成功も失敗も調子がいいときも不調なときも
目標を設定するときも、目標がないときも
全てが含まれることになる。

当たり前だが大事なことは
「本当に一生歩きたい道」を歩くことだ。

その道の上にいれば
細胞が「じ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」と感動する
ような感じになるような道じゃないといけない。

そして「この道」でこの世の中で食べていける、つまり
生計が立つということになると
いわゆるそれが「天職」になるのだ。

毎日毎分本当の自分らしくいることができて、なおかつお金がいただけるとは、幸せすぎて怖い。

という感じになる。

みなさんは今、どの方法で幸せ感を得ていますか?

僕が現在採用している方法は3番目。
UD16天職分野「舞台人」の天職道を歩んでいる。

自分のパフォーマンス(太鼓、MC、司会、講演など)と舞台監督(人のパフォーマンスをMAXにする。才能学もここ。)の2つの面を兼任しているのが僕の主宰している7次元舞台製作プロダクション

成功も失敗も調子がいいときも不調なときも
目標を設定するときも、目標がないときもあるし
そういうものだと思っている。

(出典:才能学/右脳左脳論







◆メルマガ登録お願いします

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話などを不定期でお届け致します。登録はコチラ

◆著者プロフィール

 Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発の仕事をしています。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。暖かい季節は野外系パーカッショニストもやっています。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。