昨日まで
「魂年齢」についての
話を展開してきた。


これだけフィットするだけでも
かなり魂はかなり楽になる。

しかし実は第2のベクトルというものがある。
それが「魂次元」だ。

これは、本来の「魂の次元」という意味ではないが
才能学では便宜上そういう名前をつけているのだ。

最もうまく表現するとすると
「感度」になる。

どれだけ細やかに物事を感知できるか?という感度のことを才能学では「魂次元」と呼ぶことにする。

そしてこの「魂次元」も
魂年齢と同じく生まれ持ってきたもの
(あの世で自分が決めてきたもの)
であり、
例えば3次元魂を選んできた人は
一生を通じてずっと3次元魂のままである、
ということが言えるのだ。

どれだけ鍛えても高次元にはいかない。

3次元魂の人が6次元ゾーンで仕事をすると
全く仕事にならない。細かすぎて対応できないからだ。

逆に6次元魂の人が3次元ゾーンで仕事をするとどうなるか?
仕事はできるが「荒すぎて(=簡単すぎて)」退屈になってくるのだ。

自分の魂次元に合った次元場で仕事ができると
才能をフルに発揮できて超幸せになる。

◆魂年齢と魂次元の関係

そして
魂年齢と魂次元が交差するゾーンや交差する辺りに
いわゆる天職があるのだ。

詳しい解説は次回にするとして
今日はまずこのマトリックスを眺めてもらいたい。
DSC00170

ちなみに、1次元が悪くて7次元がよい、というものではない。
1次元にしかできない仕事もあれば、7次元にしかできない仕事もあるのだ。

そしてどの魂次元もどの魂年齢もこの世を構成するために
必要であり
どこかひとつが欠けたり、弱くなったりするだけで
バランスが全て崩れてしまうものなのだ。

お互いリスペクトし合う
という考え方がなくてはいけない。

◆今の世の中で生きやすい人、生きにくい人

今の世の中で生きやすいのは
2〜4次元&魂年齢40〜100歳くらいまでの人たち。

その他の人たちはけっこう「変人扱い」されることが多い。
中には勝手に「病名」をつけられているゾーンもある。

アスペルガー症候群とか
ADHD(注意欠陥多動性障害)とか
SAD(上がり症、対人緊張)とかね。

才能学で解決されることは実はかなり多いのだ。






◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話などを不定期でお届け致します。登録はコチラ

◆著者プロフィール

 Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発の仕事をしています。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。暖かい季節は野外系パーカッショニストもやっています。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。