2つ前のブログ記事で
1〜3魂次元の人は実務が強くて
5〜7魂次元の人は感性が鋭い傾向にある
という話をした。

今日はその魂次元をベースにおいて
理論派と感覚派の人たちの存在について
言及していくことにする。



◆1〜3魂次元の人たちは理論派が多い

言葉や数字が得意で
「法律」「契約書」「説明書」「書類」「規則」「ルール」などに無類の強さを発揮する1〜3魂次元の人たちは
概して「理論派」である。

理論派というのは
要は
この原因があるからこういう結果になる
ということを大事にするのだ。

つまり
過去の分析をして未来に対する計画を立てたり
その計画に沿って動くことを好む。

言ってしまえば
ITのフローチャートみたいな感じの動きになる。

そして理論派の罠は
現実は理論通りにいかないことも多いということだ。

理論通りにいかないとすぐパニックになってフリーズ
したりすることが多い。

◆5〜7魂次元の人たちは「感覚派」

細やかな感性を持っているが故に
5〜7魂次元の人たちは理論派に対して「感覚派」であると言える。

感覚派は
直感、インスピレーションなどに優れて
宇宙からのメッセージを捉えることが得意なので
その情報に従って動くことが多い。

しかし、その動きには全く一貫性も論理性もないので
1〜3魂次元の人たちはまず理解ができない。
DSC00174


◆根拠

1〜3魂次元の理論派の人たちは
分析をしっかりするので
何をやるにしても
たいてい根拠や理由があり
何か目的や目標や期限設定をしたがる傾向にある。
根拠や理由についてもハッキリ言葉や数字を使って
プレゼンテーションができるのが特徴だ。

感度が一番大雑把な言葉や数字を使っているので
要は「誰にでもわかる説明」をすることができる。

一方、5〜7魂次元の感覚派の人たちは
「根拠のない自信」
を持っている場合が多い。そしてこれがまた百発百中であるのだ。

しかしそれを説明することをあまり好まず、
わかる人にだけわかればええんや
みたいな感じになっている。
というか、言葉には「彼らが得る感覚」を
正確な精度で表現する機能がない
ので
言葉で説明しようとすると変な風になる。

なので
「何言ってんの?この人変。変なおじさんだ。」
と思われるのがオチなのだ。

◆まとめ

1〜3魂次元の人たちに「どう感じる?」と聞いてはいけない。
なぜかというと、5〜7魂次元の人たちが感じるものが感じられないから。

また5〜7魂次元の人に「なぜ?」と聞いてはいけない。
なぜかというと、「そう感じている(宇宙からのメッセージを受け取っている)」からであり
そこには理由も根拠もないし、
また言葉や数字が苦手なので
説明することができないからだ。
bb7daf45d515ec0b3a46d586e69c7cba

◆暮らしやすさ

時々あまり話さない人(黙っている人)がいるが
実は頭の中で宇宙と交信している人が多い。
見た目は「ボーッ」としているのだけどね。
で、それをうまく人に説明することもできないので
今の世の中では「異端児扱い」になることが多い。

今の世の中では
自分の意見を「言える」か「書ける」か
どちらかじゃないと認められない仕組みになっている。


そういう意味では1〜3魂次元の人たちには暮らしやすい世の中だが
5〜7魂次元の人たちは基本「言えない」ので
非常に暮らしにくい。

その代わり、5〜7魂次元の人たちは
細やかな感性で宇宙からのイメージを受けて
「作品」を作る才能を持っている。
職種では職人、クリエーター、アーティスト、アスリートなどになり
中にはもちろん書ける人が作る「小説」も含まれる。

何度も言うが、どの次元魂が良くて、どの次元魂が悪い、ということはない。全ての次元が必要であり、どこかが欠けたり、弱くなったりすると全体のバランスが崩れて、結果として地球にいる全員が大変困ることになる。まずは
立場の弱い人たちから犠牲になっていく。

自分がどの次元魂ゾーンの人間なのかを知ることは
天職を得るためには避けて通れない。

これを知ることで、今まで感じていた違和感
一気に解消されること多い。

ないものを求めることはなるだけ早くやめて
自分の能力のある道に進むことが
自分の幸せや人の幸せにもつながるのだ。









◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話などを不定期でお届け致します。登録はコチラ

◆著者プロフィール

 Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発の仕事をしています。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。暖かい季節は野外系パーカッショニストもやっています。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。