img3f080b89zikfzj

*5000人収容の横浜パシフィコ国立大ホール

今日(10/17)と明日(10/18)、横浜パシフィコで
「エゴからエヴァへ 船井フォーラム2015」
が開催される。
*船井フォーラム2015公式サイト

昨年亡くなられたあの船井幸雄氏がはじめた
「にんげんクラブ」の年に一度の全国大会だ。

実は教員時代の柔道部で
メンタルトレーニングを指導してもらっていた研究所が
船井氏とも繋がりが非常に深いところで
いろんな船井ワールドの影響を僕も受けていた。

特にその研究所は年に2回宮古島に合宿に行くのだが
その先でも船井氏が本でよく取り上げていた
新城石庭や津嘉山荘にもよく訪れるようになった。
僕はその合宿や個人旅行など合わせて
宮古島は今まで10回以上訪れている。

◆にんげんクラブ

才能学の言葉を借りると
にんげんクラブというのは非常に魂次元が高い人達が多い、
という印象を受ける。
*にんげんクラブ公式サイト

SFNというSNSが昔あったのだが
そこでブログを書いていたときに
何人かのにんげんクラブの人達と仲良くなった。
そのことがキッカケで
僕自身は「にんげんクラブ」の会員ではないにもかかわらず
今回横浜パシフィコで行われる「船井フォーラム2015」に
参加することになったのだ。
「きもの福ファッションショー」のスタッフとして
司会と音響を担当する。

◆「きもの福ファッションショー」

「きもの福」なんて聞いたことがない人ばかりだと思う。
「きもの福」は「着物服」のこと。

自然の素材を利用した着物やバッグを製作しておられる
染と織 工房山葡萄(山形月山)」阿久津邦子さん(SFNではろーざさん)の
和文化ブランドのひとつが「きもの福」なのだ。

昨年、阿久津さんが山形市で主催した「愛氣法セミナー」(熊本の坂田和彦氏による)に僕が参加したことが今回のコラボに繋がった。

着物再生プロジェクトーきもの福
衣食住の衣衣革命

長年和文化に関わってきました。
(染織<養蚕・糸作り・薬草染・手織り>・教室開催<着付・伝統水引折り形等>)
長年の経験を生かし、衣食住の「衣」で、貢献できる事を考えてみました。
 
コンセプト

震災の時に来日されたブータンのプリンスとプリンセスの呉服姿を見て、日本もブータンのように、日本の民族衣装を身につける事で、日本人の誇りや自信等を取り戻すきっかけになる事、そして被災地の応援も出来る事などを考え、販売の為のきもの福の製作をすることになりました。(今までは自分の着用の為に製作)
 
  *捨てられていく良質な着物

 1・震災・新築・世代交代などの理由から、日本の絹を使った良質で伝統的な着物が
どんどん捨てられていく今、早く集めて日本の良質な着物を未来に繋きたいと考えています。(今の着物はほとんどが中国やブラジルの絹糸。質が落ちている)
 
 2・着物が着られなくなってきた今、着物の導入口にもなります。
 
    3・着物のリホームやパッチワークの流行で、上手く利用されている部分もあるが、洋服裁断や小物は、そこで再利用はほとんどストップ。上質なきもの福は、次の利用も十分に考えられます。
 

きもの福と他の着物の違い 

この20年程、着物のリホームが流行ってきていますが、
きもの福と他の着物服との違いなどを簡単に上げてみます。
 
*着物の品格を残したデザイン
*男女共に着用出来るデザイン
*着物と同様、着る人の着方で自由にお洒落が出来る衿元
*洋裁や和裁のプロでなくても、短期間の指導で縫えるようになる
*古い着物がどんどん捨てられていく今がギリギリの時
*日本の古い着物(絹)の品質は保管状態が最悪でなければ今の絹よりも良い物が多い
(半世紀前の真綿<絹>をお客様の依頼で紡ぎ、織物にした時、古くても絹の品質の良い事を実感)

◆で、一体どんなモノなのだ?



自然のものを使った和文化は僕も大好きで
それを現代に合った形に変化させて後世に伝えていく

というコンセプトには大賛同できる。

で、一体その「きもの福」はどういうものなんだ?と
思われている方は多いと思う。

百聞は一見にしかず、ということで
一度僕が試着させてもらった時の写真があります。
(自分の写真はあまりお見せしたくないのだが...)
1965611_698119256896138_3048730376867563719_o
かっこいいでしょ!(きもの福が!!)

これは昨年、大宮の物産展に阿久津さんが出店された時に遊びに行って
試着させていただいたものだが、
なんとあの「大島紬」の「きもの福」。
袖に腕を通したときに「ビビビビビーッ」
と電気が走るような感覚が!!!
たぶん絹と肌(日本人の
肉体?)ってピターーーッと相性が合うんだと思う。
(麻
はもっと合うんだろうな...)

この感覚を一度経験して
しまうと今まではよほど肌と相性の合わない服
(ポリエス
テルなど)を着てるんだな〜ってことがわかる。

「本物の
良さ」って実際に触れてみて初めてわかるんだなあと改めて確認。

◆きもの福を着ると「周波数」が上がる

「きもの」自体、日本の和文化の衣食住の中の「衣」を代表するもの。

素材、形、文様、色と
自然に即したコンテンツで構成されており
それを見るだけで
それを着るだけで
人間の持つ「周波数」というものが上がると言われている。

*(周波数は魂年齢、魂次元とは別の第3の矢になる。周波数=人間性次元or人間力次元)

簡単に言えば
「ピッ」とするし
「リラックス」できるし
「気持ちがいい」し
「やる気が起こる」
というような感じだ。

先人の智慧とは本当にすごい。
ただ着るだけで、ただ見るだけで
そのような効果が得られる訳だから。
*きもの福を着ると「周波数(=人間性次元)」が上がる。

◆「きもの福」ファッションショー詳細

日時:2015年10月18日(日)12:30〜13:30
場所:横浜パシフィコ国立大ホールの2階の「シーサイドロビー」
見学:無料

モデルの方5〜10名に「きもの福」を着て登壇いただいて
ご本人の自己紹介と「きもの福を着た感想」をお話しして頂く予定です。
その中から抽選で1名の方に「きもの福」がプレゼントされる予定です。

モデルの方をあと若干名募集しているようですので
もし希望者がおられましたら
当日の午前中に「きもの福ファッションショー会場」までお越しください。
(*募集人員に達しましたら募集は締め切りと致します)

僕は司会と音響を担当します。
僕は今回は写真とは違った色と形の「きもの福」を着る予定です。
(僕もファッションショーに出るのかな?)

司会はUD16天職分野の僕の「天職」なので
今からめちゃくちゃ楽しみです。

音響を含めて
素敵なステージ(舞台)を創りたいと思います。

船井フォーラムに来られる方は
ぜひ「きもの福」ファッションショーに遊びに来てくださいね!
(そのときは僕にも声かけてくださいね。)






◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話などを不定期でお届け致します。登録はコチラ

◆著者プロフィール

 Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発の仕事をしています。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。暖かい季節は野外系パーカッショニストもやっています。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。