uuuss (1)

もう10年以上前のことになるが
17歳と19歳の2人の若者を連れて
レンタカーでロサンゼルスからニューヨークまで
アメリカ大陸を横断をしたことがある。
とても印象深い旅だったので
今でもいろんなシーンが鮮明に浮かんで来る。

振り返ってみて思うことはただひとつ。
「若かった。」

よくまあこんな無謀な計画
無謀すぎるシチュエーションで出かけたよな、と思う。

でもこういうのが
「できると信じてやってみる!」
という未知の世界に挑む爆発的な若さの力なんだろうね。
何も知らないというのはある意味本当に強いもんだ。
今じゃとてもできない...泣
*爆発力のある若いうちにできるだけいろんなチャレンジをしたほうがいいと僕は思うのであった。


◆2002年当時は画期的な現地からネット配信

この横断を決行したのは2002年で
まだネットはメーリングリストがやっと出回っていた時代。
mixiもアメブロもFBもなかった頃だよ。

もちろん旅のリアルな情報などどこにもなかった。

ただ僕は1993年頃に学生として1年間アメリカに住んでいて
アメリカで車の免許を取り(2000円)
中古車を買って(10万円)アメリカ南東部(ジョージア、フロリダなど)をあちこちドライブして遊びまわっていた(汗)経験があったし、長距離バスのグレイハウンドでは大陸横断をしたことがあった。その経験が頼りだったのだ。

僕はこの旅に出る時
ノートパソコン(東芝dynabook)を持って行って
現地のホテルの電話回線につないで
できるだけライブで横断の様子を
当時所属していたメーリングリストなどで
日本に伝えていたのだ。

今で言えば、世界中を旅している人が
ブログを旅先からアップするような感じのことの
「先駆(さきが)け」だったと言っていいと思う。

そのメーリングリストを受け取ってくれていた方の中に
僕のメールを全部まとめてウェブサイトにアップしてくれていた方がおられたのです。
そして実は今でもその「まとめページ」が存在していることが
最近わかったのです。


◆このブログで紹介することになった経緯

経緯と言うほどのものではないが
昨日、最近知り合った若者(この若者も実はただ者ではないが)と話をしていた時、
僕のウェブサイトhttp://naminchu.jpのプロフィールページを見てくれていることが判明し
その中に書いてあった「不登校生と車でアメリカ横断」の話になった。

で、それをまとめたウェブページがある、ということを伝えたら
「読んでみたい」ということになり
「じゃそのページのアドレス送るから」と
いうことになっていたのだが
折角の機会なのでブログで紹介してしまおう、
と思ったのだ。

ということで
もし興味のある方がおられましたら
どうぞ読んでみてください。
旅の写真もけっこうあります。
僕の若い頃の写真(今よりかなりシュッとしている)も見れます。

◆ではいよいよ本編

なぜ不登校生徒と一緒にアメリカを横断することになったのか?を一番最初のきっかけから書いています。全てはインスピレーションで話が進んでいきました。旅が始まってからは、途中多くのアクシデントもありましたが、無事に旅を終えられたことはほとんど奇跡のようでもありますが、神の采配があったのだろうと思っています。

本当に魂からやりたいこと、インスピレーションで来た「かなり無茶なこと」でも、やってみるとギリギリ紙一重でうまくいくんだ、ということを僕はこの大陸横断から学んだのだと思います。

何かが少しでも伝わればいいと思ってご紹介します。

それではアメリカ大陸横断12日間の
渾身のライブをどうぞお楽しみください!

takapapa様のウェブサイト
https://takapapa.com/top/toko/sichijo
*コーヒー片手にゆっくりご覧ください。


この時、一緒に旅に出たメンバーとは
今は連絡を全く取れていないです。
今頃どこの空の下で何をしてるのかな、、
って時々思い出します。
元気でやってたらいいな、って。


改めまして
この時にお世話になった皆様、
本当にありがとうございました。
いろいろご迷惑をかけた皆様、
本当にすみませんでした。

体験させていただいた全てのことに感謝しております。

まだアメリカが多くの日本人にとって遠かった時代に
あのような経験ができて本当によかったと思っています。
7ec78a44890b55d408b579d047194f05


*横断に使った全米のロードマップ。ガソリンスタンドなどで売っていました。あとは使用した今は亡きノースウェスト航空のステッカー。かっこいいよ。






◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話などを不定期でお届け致します。登録はコチラ


◆著者プロフィール

 Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発の仕事をしています。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。暖かい季節は野外系パーカッショニストもやっています。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ


◆天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。