前半を読んで、なんの病気かわからない人は
この病気になっても自己防衛ができない可能性が高い。

要は知識がないか、知識が足りないということになる。

自分に知識がないと、誰かの言う事を聞くしかなくなる。
病気になったら医者のいうことを聞くしかない、
ということになる。

しかし、最近世の中では
そっち系の利権の話が暴露されつつある。

僕もその話を知っていてある程度自分で勉強をしていた。

だから「医者のいうことだけは聞かない」ようにしようと思っていた。

◆診断結果(2016.2.17)

血糖値: 320
ヘモグロビンa1c: 11.2
(2016.1.17検査の数値)

立派すぎる糖尿病。

糖尿病のことを知っている人は
これがどれくらいの凄い数値かということがわかると思う。

◆冷静さ

予測していたとおりの病名だった。
が、ここからが闘いだった。

医者は僕にこう言った。

「いつ昏睡状態になってもおかしくない」
「病院からお宅に緊急電話しようかと思っていたくらいヤバい状況」
「とにかく薬で血糖値を下げないといけない」
「血圧も高くて今すぐ脳の血管が破裂してもおかしくない」
「血圧を下げる薬だけでも今すぐ飲まないといけない」

正直かなりビビった。

だがもちろん僕は薬の弊害を知っていたので
薬は飲まずに食べ物で治して、また3ヶ月後に検査に来る
と言ったが、医者は
「そんな悠長なことは言ってられない」と譲らない。

まずここが勝負所だと思った。

結局、冷静に僕が押し切った形になった。
糖尿病の専門病院を紹介してもらい
そこに行きます、ということで
やっと解放された。

とはいえ、
めっちゃ不安だった。

やっぱり糖尿病だったか
という想いと
え〜、俺が糖尿病?
という想いが
入り混じった感じ。

その日の夜はマルゴ音楽祭というパーティがあって
こんな精神状態で行くのはどうか、、と少し悩んだが
いちいち落ち込んでいても仕方がない!と
パーティにも参加した。

診断された日に決めたこの前向きな姿勢が結果的によかったと思う。

パーティ会場で「僕は糖質制限してるので
ビールが飲めずにお茶を飲んでます〜」と言ったら
その会場のオーナーさんが気を利かせて
ハイボール(糖質ゼロ)を作って持ってきてくれた。

もう、涙が出るほど嬉しかった。

◆2日後に市川さんに出会う(2016.2.19)

2日後に糖質制限の専門家市川さんに会った。
ふだんは京都に住んでおられるのだが
用事で上京するタイミングに合わせて
僕に会うアポイントメントを取ってくれていた。

どういう要件だったかというと
市川さん曰く、
「ノニジュースのことについて丁寧に教えてくれたので
この人は信頼できる
ので会おうと思った」ということだったらしい。

簡単に言えば
僕に市川さんをプロデュースしてほしい
という依頼だった。
東京で糖質制限を広めるためのセミナーの
共同開催を頼みたいとのことだった。

ご飯を食べながら(もちろん糖質低め)
市川さんがご自身のことや活動内容をいろいろ話してくれた。

僕はもう耳がダンボだった。
(一言も聞き漏らさないように耳をダンボのように大きくしてしっかり聴いた、という意味)
dumbo
糖質制限の正しいやり方や
なぜ糖質制限で糖尿病が治るのかなど
まさに今僕が一番知りたい話を
向こうからしてくれているのだ。

◆食品別糖質量ガイドブック

中でも食品別糖質量ガイドブックを紹介してもらって
それをその場で僕は買わせてもらった。

買わせてもらった、どころではなく
瞬間的に奪い取った、という感じだった。
この本が手元にあったことで
僕はその日から正確に糖質量を調整することができたのだ。
(今ではほぼ頭の中に入っている)

◆第三の女性

そしてこのミーティングになぜか
(今となってはすごく失礼な言い方だが)呼んでもいない方がひとりついて来ていた。
腸もみの専門家である小澤さんという方だ。
美腸セラピー専門サロン セラピーエ

そしてなぜか話の流れで3人で東京セミナーを開催していくことにした。

1ヶ月に1回、まず3ヶ月やってみようということになった。

しかし実際は
小澤さんがいてくれたことで東京セミナー開催が決まったようなもの。
なぜかというと
(1)主催、(2)会場予約、(3)営業と
才能学的に僕が苦手なことを全部小澤さんがやる、むしろやりたい
とおっしゃってくれたからだ。

最初は「なんでいるの?あなた誰?」と思っていたが
実際は「よくぞ来てくださった!」という感じになった。

その時、その場にいる、ということって
実は偶然は必然的な出会いなんですよね。

◆カミングアウトできない

ただ、自分が糖尿病だということをこの時点で
市川さんにも小澤さんにも言うことができなかった。

言ってしまうと受け身になってしまうのではないかというのが理由だ。
自分で学んで、自分でやってみて、自分で結果を出さないといけない、
と心のどこかで固く思っていたのだと思う。

実際、治療の指導を正式に頼むと
費用がかかるはず、というのもあった。

貧乏であるが故に
自分で治す!
という方向に向かわざるを得なかったと言うことは
大きなポイントだったと思う。

ある程度お金があれば治療方法も選択できるじゃないですか。
そういう意味で僕は選択の余地がなかった。
結果、なるべく金をかけずに治すしかない、と腹が決まった。
貧乏でよかった!

◆市川さん東京セミナー(2016.3.23)

3月23日に市川さんの東京セミナーが開催された。
セミナーの様子をビデオで撮影した。
僕は動画製作(撮影、編集など)はプロとして仕事をしているので
なんの問題もなかった。
自宅に帰って僕はそのビデオの文字起こしをした。
いちいちビデオを止めて書き起こすので1時間のビデオだと
3〜4時間かかるが、一度書き起こすと内容がバッチリ頭に入る。

見るだけでは何度見ても頭の中に定着しないのだ。

過去にネット上にある1時間を超えるビデオ(闇の組織関連など)は
全部文字起こしをしてその内容を学んできた。
そのやり方が役に立ったと思っている。

さてセミナーの内容は初心者には難しいと僕は感じたが
このセミナーで糖尿病についての本質を掴むことができた。

なぜ人は糖尿病になるのか。
どうすれば糖尿病にならないのか。
どういう治療をすればいいのか。
これらがとてもクリアになった。

これは大きかった。
DSC00258
*以前ブログに投稿した糖質と病気に関する絵図(飽くまで僕の理解です)


特に1回の食事の糖質摂取量を4gにしておくと大丈夫だということ。
これさえ知っておけばなんとかなる、という確信が持てた。

◆世界最高峰品質ロイヤルタヒチのノニジュース(2016.2.1〜毎日)

あとは、抗酸化作用がものすごいロイヤルタヒチのノニジュース(ノニピュア)を飲み続けた。
このノニジュースは職人気質の河野社長が産地の選定も含めてこだわりにこだわり抜いて製造している世界最高峰品質のノニジュース(実はジュースではなく、発酵エキス100%)だ。
140種類以上の栄養素、発酵エキスなので酵素の塊、血糖値の上昇を抑制する作用、血管をやわらかくする作用、細胞を若返らせる作用、脂肪を燃えやすくする作用など、健康にはもちろん、糖尿病には本当にベストオブベストなものだったと思う。そして市川さんもこの製品は「自分の患者さんの治療に使える」と、そのすごさを認めているのだ。
 


河野さんという世界最高品質のノニジュースを扱っているエキスパートと
市川さんという糖質制限の専門家で、糖質制限を日本に広げる志をもつエキスパートの
お二方のとの出会いがなくては
僕はどうなっていたか本当にわからない。

このお二方に共通していること、
それは決して妥協しない
という姿勢だった。

ノニジュースに含まれている糖質について0.1g単位でのバトルがあった。

患者を救うために0.1gでも基準値をオーバーすれば使えない!と言い切る市川さんに対して
うちの製品はその基準値を十分満たす数値を叩き出している!と言い張る河野さん。
98d2e10c
*その時のバトルはこんな感じのイメージ。

お互い決して妥協しない様子を見たとき、僕はこの二人は超一流だという確信を得た。
糖尿病とがんの専門家で糖質制限を全国で指導されて いる市川幸恵さんから「ノニ良いのだが糖質多いので糖尿の人にすすめられないのが残念。1食あたり、5グラム以上は病態的に辛い。」というコメントを頂き、気になったので、僕の飲んでいるロイヤルタヒチ社の社長に聞いたところ「モリンダのようなぶどうやブルーベリーのノニミックスジュースは炭水化物が多いのですが、当社のようなノニ100%発酵エキスは、炭水化物が100ml中に 3.7g(内食物繊維1.0g/糖質2.7g)なので、ノニにも品質に差があることを知っておいてください。一回あたり30mlを推奨していますので、 0.81gが糖質です。むしろノニは、血糖値の上昇を抑制する治験データもあるくらいなので、当社はノニを推奨している立場です。」という回答を頂きまし た。ノニジュースにもいろんなメーカーがあるようですが、僕の飲んでるノニジュースは抜群とのことです。 このことを市川さんにお伝えすると「そうですか。 良いことをききました。」というお返事を頂きました。
12656336_1283105088373426_906360250_o

まさに一流の天職のエネルギーの
オーラがまとっていたと言っても
過言ではない。

◆時は流れ...

2月1日から毎日ロイヤルタヒチのノニジュース、
2月19日に市川さんと出会って
食品別糖質量ガイドブックを手にしてから
1日糖質20g以下を目標にやっていった。

やり続けたのはこれだけだと言っていい。

1日1.5〜2食くらいになり
糖質制限に必要なタンパク質と脂質はしっかり目にとった。
「肉のハナマサ」で業務用の肉を買ってきて鍋にして食べた。
白菜は比較的糖質の低い部位を使い
ポン酢も最後に飲み干すのを止めた。

チーズをよく食べるようになったし
アーモンドを携帯するようにした。

4月にタイに行った時だけは
どうしてもバナナシェイクが飲みたくなり
1日1杯だけ飲んだ。

体重はゆるやかなカーブを描いて減っていった。
体重計を買った3/23から今日5/29まで約10キロダウン。
昨年12月頃からすれば約20キロのダウンだ。
(この最初の5キロは病気の症状のひとつとしてのダウンだが)

◆また新たな異変(2016.5月中旬)

1日糖質を20gを目標にしていたが
これは徐々に緩んでいった。

唐揚げとか揚げ物系を
少しずつ食べるようになっていってたが
米、パン、麺類、お菓子、デザート、果物などは
ほぼ100%カットしていた。

焼肉屋に行くと最後に出てくるピノ2個(アイス)も
糖質1個2.4gなので、これは食べたりしていた。

そんな調子でたぶん5月に入ると
1日糖質60g以下ペースくらいになってたんじゃないかな。
それでも体調はよかったし
体重はゆるやかにダウンしていたので
大丈夫なんじゃないかなと思っていた。

血液検査は6月になったら行こうと
思っていた5月の半ば頃に
突然異変に気がついた。

足に見たことのないくろずみを見つけたのだ。

糖尿病の怖いのは自覚がないまま進行する合併症だ。

特に毛細血管が死んでいくことによる
失明、手先や足先の壊死(えし)が怖い。

この足のくろずみはもしかすると壊死の兆候かもしれない
と思った。

かなり焦ったが
落ち着いて、
まずすぐに血液検査に行こうと思った。
もちろん健康診断を受けた病院には行きたくなかったし
そこで紹介された糖尿病専門外来にも行きたくなかった。
(このあたりはペンデュラムを活用した)

◆シンクロ的出会いの「ケアプロ」(2016.5.16)

4月くらいだったか、たまたまテレビを見ていた時に
民間の会社で血糖値をワンコインで、それも5分で測ってくれるところがある
ということを知った。

ケアプロだ。
http://carepro.co.jp/

自宅から一番近い中野店を予約して行った。
中央線に乗っている間、もう心臓がドキドキしまくっていた。

中野店に着くと看護師の資格をもつきれいなお姉さんが
丁寧にいろいろ教えてくれた。
とてもリラックスすることができた。

自分で指先に注射器のようなものでポツッと穴を開けてプクッと血を出す。
血糖値測定用のリトマス紙みないなのに血をシュッと染みこませる。
それをデジタル体温計みたいな器械にサコッと刺すと数秒で血糖値が出てきた。
a58a5be4e39e670023d3b5cf092236cb
*こんな器械だった。

結果は...

99

なんと正常値だった。

ヘモグロビンa1c用にスポイトみたいなのに血を吸い込ませて
それを別の機械で解析するのに時間が5分くらいかかった。
安っぽいレジのレシートみたいなのが出てきて
そこに書かれていたa1cの数値は

5.5

これも正常値だった。

視界がパアーーーッと明るくなった。
そのお姉さんが女神に見えた。

血糖値測定500円、
a1c測定2000円だった。

◆疑い(2016.5.18)

しかし、これは本当か?
と僕は疑った。

こんなに安く、しかもこんなに簡単に測定してくれるところを
信頼していいのか?と。

もしかするとすごく高い数値なのに
それを読みきれなくて間違った数値が出てしまったのではないか?

ということで
2日後に自宅近くの小さな内科クリニックで
血液検査をしてもらった。

ここも似たようなやり方で
10分くらいで結果が出てきた。

血糖値: 103
a1c: 5.4


どちらも正常値だった!

無事生還できたと思った!

*もちろん厳密に言えばベータ細胞や血管が復活すれば完治だと言える。
*そして、あの足のくろずみは一体なんだったのか?

皮膚科に行ったら水虫でした(笑)

いろんな意味で闘いは続く。

◆京都へ(2016.5.21)

5月の下旬に京都に帰ることになっていた。
3ヶ月プロデュースをしてきた市川さんのご自宅に伺って
プロデュースのフィードバックと今後についての話をする予定だった。

実は糖尿病だったこと、
糖質制限(+ノニジュース)で数値が正常になったことを
伝えた。

何で黙ってたの!と叱られるかなと
思っていたら全くの逆で
とても喜んでもらった。

◆まとめ

この3ヶ月やったこと、大事だと思うことをまとめてみる。

(1)本質を掴むこと(メカニズムを理解する)
(2)自分で学ぼうとすること(1聞いて10学ぶ)
(3)セオリー通り続けてやってみること(自分の勝手な解釈を入れない)
(4)自分の体験を通じて腑に落とし智慧にする。

これは実は今まであらゆるコンテンツに対して
僕がやってきたことだった。

才能学、成功哲学、メンタルトレーニング、アドラー心理学など
全て自分から学びに行って
メカニズムを理解して
セオリー通りやってみて
成功体験を得てきた。

できることなら病気は体験したくなかったのが正直な気持ちだが
一旦克服してみると怖くなくなったし、
その体験を必要な人に話をすることができるようになったので
一石何鳥にもなっている感じがしている。

あと、誰の言う事を聞くか?
ということはとても大事なこと。

もし僕がいろんな人に相談していたら
それぞれの人が、それぞれ自分が正しいと信じていることを
僕に言ったと思う。

そうなると迷う訳だ。

だから僕は結果として
ピュアな心を持っていて且つ
天職を生きている専門家だと
僕が認めた人の言う事だけを聞こうと決めたのだ。

昨年くらいから僕は
一流の人たちと一緒に仕事がしたい
とずっと思っていた。

世界最高峰品質のノニジュースを製造販売している河野さん、
糖尿病と癌と糖質制限の専門家で40年以上看護師をされてきた市川さんの
二人の一流の方々と、結果として僕は一緒に仕事(=治療)をすることになった。

当然、まさか病気という形で一緒に仕事をすることになるとは
夢にも思わなかった。

僕が病気になって
この二人に出会って
僕の体を使って
ノニジュースと糖質制限で
糖尿病が克服できる、
ということを
証明したような形になった。

今から思えば
僕がこの証明をするために
あらゆることが(病気になることも含め)準備され
そこに向かって導かれてきていたようにも思う。
正月に1日みかん10個以上食べたくなるとか、
そういう不思議なことも含めて。。。

とにもかくにも、証明したことで
第一段階のミッションはコンプリート(完了)。

第二段階のミッションは
この方法が必要な人たちに
じわじわと届いていくことだと思っている。

必要だと思われた方はブログをシェアしていただいてかまいません。
病気でお困りの方で僕のように自ら学んで病気を克服したいという方は市川さんに繋げます。
河野さんのロイヤルタヒチのノニジュースは下記バナーから買えます。

実際はもっとたくさんいろんな話がありますので、必要な方で、話を聞きたいという方はご連絡ください。
セミナー形式で話すことも致します。

河野さん、市川さん、小澤さん、はじめ、お名前はあげておりませんが、
実は本当にいろんな方々に直接的、間接的にお世話になりました。

この場を借りまして心より感謝致します。
そして今後ともどうぞよろしくお願い致します。

長文を読んでいただきありがとうございました。


◆(追記)薬とカロリーダイエットをしている糖尿病の人はどうすればよいか?

僕のスタイルでいくとするなら、の提案です。

名付けてフェニックスプロジェクト希望編!✨


◆開運イベントに出演しました

2016.5.8 本当の自分に今出逢う春 開運イベント@東京錦糸町

◆ラジオに出演しました

2016. 2月 RADIO365 TOKYO BAYSIDE RADIO STATION アロハスマイル⭐️RADIO

◆講演履歴

2015.10.19@Heiz銀座
http://naminchu.blog.jp/archives/45832388.html
2016.3.10@Heiz銀座
http://naminchu.blog.jp/archives/56393806.html
*講演依頼はコチラまで。

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話などを不定期でお届け致します。登録はコチラ

◆著者プロフィール

 Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発の仕事をしています。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。日本才能学研究所所長。暖かい季節は野外系パーカッショニストもやっています。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆【UD16】天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

SELECT SHOP



*2016年2月1日から毎日ノニジュース(発酵自然ドリップ式ノニエキス100%:世界最高峰品質)&糖質制限ダイエット人体実験中。