左脳系の人は
よく「空気が読めない」
などと言われる。

それで悩んでいる人も多い。

でも
それは
ホーキンズ博士「パワーか、フォースか」の
人間レベル200以下の人たちの話だ。

左脳系の人は
確かに空気自体は読めない。

が、200以上になってくると
想像力
というものを駆使して
きっとこういうことだろうな、
というふうに
データから「空気を読む」ことができる。

まさに
マトリックスの世界。
データで世の中が象られているのを
全て精密に読み取ることができるのだ。
e413b582ca3cdcaeef8e2d2031f21e26
*データで象られた現実世界を読み取ることができるのが左脳系200以上の人たち。

一方、右脳系の人たちは
元々見えない世界に属しているので
空気が読めるどころか
空気そのものみたいな存在なのである。

そこにいれば幸せなので
それでいいや〜
と思ってしまい
左脳的な現実社会に対応する努力をしない人が多い。

お金のこと
規則のこと
時間を守ること
約束を守ること
言葉で説明することなどが
できない。

右脳系の人は不得意ながらも
そういうことが少しはできるように
努力をすることが必要なのだ。

◆まとめ

左脳系の人、
右脳系の人、
どちらも
持って生まれた才能があるけど
持って生まれてこなかった才能もある。

そこは努力でカバーしなくてはいけない。

左脳系の人と
右脳系の人とでは
努力する内容が全く違う。

だけど
努力した人で
ホーキンズ博士の200以上に到達した人は
右脳系の人でも左脳系の人でも
右脳と左脳のバランスがとれていて実にすばらしいのだ。

そして最も大事なことは
自分を知ること。


自分が左脳系なのか
右脳系なのか
はたまた両脳系なのかを
知って
その性能を熟知することなのだ。

これが「ザ・才能学」なのだ。

◆体験特別編◆

〜血糖値320(a1c/11.2)から「相談なし」&「薬なし」&「3ヶ月」で血糖値99(a1c/5.4)まで生還した極秘プロジェクト「フェニックス計画」全貌の記録↓

◆開運イベントに出演しました

2016.5.8 本当の自分に今出逢う春 開運イベント@東京錦糸町

◆ラジオに出演しました

2016. 2月 RADIO365 TOKYO BAYSIDE RADIO STATION アロハスマイル⭐️RADIO

◆講演履歴

2015.10.19@Heiz銀座
http://naminchu.blog.jp/archives/45832388.html
2016.3.10@Heiz銀座
http://naminchu.blog.jp/archives/56393806.html
*講演依頼はコチラまで。

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!コンテンツは今週のイチオシ記事、ブログ記事執筆秘話、何度でも読みたい珠玉の永久保存版記事、ブログでは言えないぶっちゃけ話、メルマガ登録者だけのキャンペーン情報、他のろけ話、もう大変な話、季節の出来事、世界の動向、それでも腹の立つ話などを不定期でお届け致します。登録はコチラ

◆著者プロフィール

 Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発の仕事をしています。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。日本才能学研究所所長。暖かい季節は野外系パーカッショニストもやっています。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆【UD16】天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

SELECT SHOP
(僕が毎日使っているもの)



(指針としているもの)