ブラジルのレシフェで
めっちゃたくさんのインスピレーションが
降りてきた。
その中のひとつに
才能学(天職16分野パーソナルチェックのこと)を若い世代には受けやすくする
というのがあった。

これはおそらく
若い世代に対する料金を安くすること
だろうと思ったので
やっと先日
ペンデュラム様に
聞いてみた。

Q:10代と20代に対してディスカウントすればいいですか?
A:NO

Q:10代と学生に対してディスカウントすればいいですか?
A:YES

Q:20代の社会人に対するディスカウントはしていいですか?
A:NO

ペンデュラム様によれば
10代と学生さんに対してのみ
要ディスカウントということになりましたので
採用したいと思いました。

意外にも20代の社会人に対しては
ディスカウントは必要ない、というのは
若干ショックでした。

社会人と学生の間には
想像以上に大きな境目があるのだと思いました。

で、いくらにすればいいのかも
細かくペンデュラム様に聞いてみました。

僕の感覚では5000円くらいでいいんじゃないの
というのがありましたが
ペンデュラム様によれば
ズバリ
¥11,500にしなさい、と出ました。
(正規料金は21,500)

10代と学生さんに対する注意ですが
保護者の方が無理やり受けさせるというのはNGです。
子供たちに勧めていただくのはOKですが
最終的にやはり
本人が「受けたい」という
強い意志

持っていることが最低条件になります。

すべての人間に、持って生まれてきた才能というのがあります。

「好き」という感情にその才能を発芽させるスイッチが隠れています。

才能が発揮できない子がいるとすると
「好き」なことをできない環境にいるのかもしれません。

「好き」も
嫌なことから逃げるためにしていること
という意味合いのことも多いです。
いわゆる現実逃避ですね。

僕の言っている「好き」は
そうではなく
「魂から好きなこと」です。

親御さん、先生たちなど
気になる方はぜひご連絡ください。
DSC02323
*マイ・ペンデュラム様。後ろにはなにげにロイヤルタヒチのノニジュースが。。

◆【UD16】天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。





✨生き方2.0✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。
  *これからの医療の基礎知識についてはこちらを。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆【UD16】天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準
http://trigger-therapy.com/
21

◆僕が指針としているもの