僕は、気になったネット上の記事を一部転載して
それに対する自分のコメントをつけたのを
自分のFBタイムラインに投稿することが多い。
それも投稿するときは、大抵連投になります。

このときのポイントは
どういう記事を転載するか
なのです。

実は転載記事は
選びに選び抜いています。

1つの転載記事を選ぶ背景には
ボツになった100以上の記事があります。

どちらかと言えば
僕自身のための備忘録的な投稿
という意味合いが強いというのが
本当のところです。

もちろん、いいねや
コメントをいただけます。

で、時々
おおおっ
と思わず唸ってしまうコメントも
あるのです。

今日は
ある投稿に対する
秀逸なコメントを
ご紹介したいと思います。

--------------------------------------------
◆僕の投稿

敷かれたレールがない時代。長い目で見ると、きっと「敷かれたレール」があったことの方が稀有だったにちがいない。

---ネット記事より転載---
まぁ世の中では「計画的で安定して生きることが善」っていう風に思っている人が多いですよね。でも現実には世界は人間にそんな都合よく出来ていないし、そもそも計画的人生なるものを支えて来た、年金とか円とか国家財政といった基盤制度に破綻が見えてキテル状態で、冒頭に上げた女子が言ってたような「ちゃんとした」生き方って社会が混乱するなかではむしろリスキー極まりないと思うんですよ。
◆上記の投稿に対する大阪のT様のコメント
 少し観点がずれているかもしれませんが
3人の子どもたちが小さかった頃は
自分の敷いたレールに

子どもたちを乗せようと必死になっていました。
乗せようとすればするほど
脱線するので
ある時から手放してみました。
すると
勝手にレールの上に戻っていた感じがありました。
今では
もっと脱線しまくって
どこかへ行けばいいのに。
とまで思えるようになりました。

◆まさに才能学の世界

力の強いものは力の弱いものへ
とても強い影響を与えます。

典型的なのは次の3つ

親から子供
教師から生徒
上司から部下


親は子供を自分の型に、
教師は生徒を自分の型に、
上司は部下を自分の型に
押し込もうとするわけです。

なぜか?

自分の型が正しい
と信じているからです。

子が親の言うとおりにしているうちは
親は自分の視野の狭さに気づけません。

ところが
言うことを聞いてくれない子、
反抗する子がでてくると
親はラッキーなのです。

なんで、この子は反抗するんや?
考えるキッカケを与えてもらえるからです。

そして親は試行錯誤の後
自分と違う型の人生もあるんや
と気づいて子供を手放せる訳です。
*「1回の気づき」はカウンセリングやセッションやヒーリングの10~100回分の効果があると何かに書いていました。

T様はまさにその境地に達した方だと思いました。
ホーキンズ博士の人間レベルだと550以上に
いく可能性がある方です。(次元論)
親の敷いたレールではなく、子供たちは自分だけのレールを自分で敷き始める、ということであり、親はそれを勇気付けながら見守る、ということなのですね。

ところがもちろん
T様のような人ばかりではありません。

ずっと悩み続けている人のほうが
圧倒的多数だと思います。

なんで子供は自分の思いどおりにうごかないのかと悩む親。

なんで生徒は自分の思い通りにうごかないのかと悩む先生。

なんで部下は自分の思い通りにうごかないのかと悩む上司。

答えは明白です。

子供たちは身を呈して
親の視野を広げようとしてくれているのです。

*子は親に100の気づきを与えるために生まれてくるっていいますよね。まさに神様からの使いと言ってもいいと思います。


◆まとめ


人間レベル200以下は
自分は正しく人が間違っている、の世界。
自分を変えずに人を変えようとします。

それが無理なんだとわかったら
200を超えられます。
人を変えることは無理だと悟り
自分を変えていこうという世界に入ります。

広い視野が持てる人が
増えてほしいです。

大阪のT様、多くの方に気づきを与えてくださるであろうコメントありがとうございました。
お礼として今度お茶をご馳走させていただきます♪

才能学次元論(ホーキンズ博士200の壁、550の壁)の講演は5/9夜@銀座です。

今日の午後の新幹線で東京に戻ります。
母は銀座フルーツタルトを毎日1個ずつ食べていますw
京都駅の土産コーナーに宇治の茶だんご。3個も試食しました。なつかしい味でしたね。でも糖質量を考えてしまいます。IMG_20170430_134930


✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック)
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース)
(3)実戦で才能を開花させる(定期コンサルティング)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

✨生き方2.0✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆【UD16】天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準
http://trigger-therapy.com/
*20分2400円のマッサージが500円で受けられるキャンペーンは5/12まで延長決定。(平日限定9:00〜12:00&14:30〜17:00/水曜定休:要予約)
21

◆僕が指針としているもの