よくですね〜
わかった気がします
とか
ようやくわかってきました
とか
やっとわかりました
とか
言う人いますけど
これらの表現を使っているうちは
実はわかってない
ということです。

わかってない人が
この記事を読むと怒ります。

怒っているあなたはわかってない人
ということになります。

で、
そうそう、そうなのよのね〜

という人は
わかっている人ということになります。

◆数学の問題

これは数学の問題を理解して解けるかどうか
くらい実はハッキリしているものです。

その昔、教員時代に
夏休みの補講で数学を教えていた時のこと。
(僕は英語教師でしたが補講では全教科を教えねばなりませんでした)


問題がわからないとき、
生徒は
わからん〜、難しい〜
と言いまくります。

しかし、
解き方が理解できて
解けるようになったとき

問題が解ける気がします。
とか
ようやく問題が解けてきました。
とか
やっと問題が解けました。
とは
言わんのです。

理解できたときに
生徒たちは必ずこう言います。

なんや、簡単やん!
とか
アホでもできるやん!
とか(笑)

「解けた」という動詞を飛び越えて「簡単である」という在り方の表現に
一気にジャンプするのです。
で、どんどん他の問題ちょうだい〜みたいになります。
解けるのが面白くて仕方なくなるんですね。

◆マンハッタンを一人で歩けるようになるツアー

ニューヨーク一人歩きツアーを主催したときも同じ光景を見ました。

文字通りマンハッタンを一人で歩けるようになる指導付きのツアーを
企画、募集、催行をしていたのですが、
歩き方がわかった人
わかった!とは言いません。

「わたし、歩き方わかったよ!」
と人にアピールなんてしませんね。

歩き方がわかった人は実際どうなったか。

夢中になってガイドブックで
自分の行きたいところをチェックしまくって
朝から夜遅くまで
一人だけで出かけてしまうのです。

もう時間が惜しいんですよね。

このニューヨークツアーの場合は
歩き方がわからない人でも
一人で歩ける気がします。
とか
ようやく一人で歩けてきました。
とか
やっと一人で歩けました。(←って言ってたら嘘ですよね)
とは言いません(笑)

一人で歩けるのか
歩けないのかの
どちらかになりますので。

IMG_20170505_113406
*GWに江ノ島のサムエルコッキング苑に行ってきました!美しかったです。

◆気づき=掴み

この「わかった!」ということの正体は
気づき
であるとも言えます。

気づいたか、気づいてないか

という二者択一のハッキリした世界のものです。

何かに書いてありましたが
1回の気づきは10〜100回のセッションやカウンセリングと
同等の価値があるらしいです。

セッションを100回受けるよりも
街を歩いてて商店街のキャッチコピーを見て
ハッと気づく方が価値があるということなのかもしれませんね。

気づくによく似た言葉には
掴みがあります。

本当に掴んだ人は
俺って掴んだぜ〜
とは言いません。

そういうことだったのか!
という感じになり
その後からは
言うことや
行動が全く変わってきます。

ところがけっこう受け売りする人もいて
そういう人は応用が利きません。
同じ表現をおうむ返しのように
繰り返すのが特徴です。

本当に掴んだ人
本当に気づいた人は
応用が利きます。

方程式のように使えるので
どんな問題にも応用できる感じになります。

あと面白いのは
FBなど見ていて
毎日気づきがある人がいますね。

本当ならすごいな〜って思いますが
どうなんでしょうねーと。

おっと今日はこのくらいにしておきます。

今日のテーマの
気づきや掴みは
ホーキンズ博士の200や550の壁を
超えることとは別の話です。

いや、別の話というか
同じ話とも言えますが
どういうことかというと
200や550の壁は
気づきや掴みだけでは
越えられないし、
気づきや掴みがなくても
越えられたりもします。

このあたりの話もできれば
火曜の講演会でしていきたいです。

才能学次元論(ホーキンズ博士200の壁、550の壁)の講演は5/9夜@銀座です。

✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック)
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース)
(3)実戦で才能を開花させる(定期コンサルティング)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

✨生き方2.0✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆【UD16】天職16分野パーソナルチェック

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準
http://trigger-therapy.com/
*20分2400円のマッサージが500円で受けられるキャンペーンは5/12まで延長決定。(平日限定9:00〜12:00&14:30〜17:00/水曜定休:要予約)
21

◆僕が指針としているもの