なんか
酒と泪と男と女
みたいなタイトルに
なってしまいました(笑)

さて先日ですね、、
天職に流れ込むエネルギーについて書いたブログ記事が
あっという間にブログ内NO.1記事になりました。

霊魂と肉体は別々だ、っていうお話でしたよね。

才能学の右脳左脳論では当然の如く
肉体(この世)と魂(あの世)の関係性を扱っています。

今日は才能学で捉えている
あの世とこの世の
関係性について少し書いてみます。

(1)あの世での暮らし

あの世での生活というのは
思ったことがすぐに叶うらしいです。

あ〜黄色い服が着たいな〜
と思った瞬間に
黄色い服を着ている自分がいる、
みたいな感じ。

あ〜カレーライス食べたいな〜
と思ったらすぐに目の前に
カレーライスが出てくるとか(笑)

地球上で「空気が吸える」くらい
あたりまえのことみたいなのです。

(2)この世での暮らし

この世に生まれてくると
思ったことは比較的すぐに叶わないです。

想いが結晶化して肉体レベルで実現化するのに
タイムラグがあるので
なかなか叶わないのですが、
それ故に
叶った時の喜びは
経験したことのないものすごい喜び

になるのだと言われています。

しかし、あの世の記憶がない僕たちは
夢がなかなか叶わない〜😭
と言ってストレスを溜めたりしていますが
本当はそれをわかって生まれてきているのですね。

(3)あの世で悪いことをする

あの世では
たぶんこういうことが起こっているんだろうな
と思うことがひとつあります。

何かを思えばすぐ実現化するわけなので
例えば
「くそったれ」
と思えば
自分がすぐにくそったれ、つまりくそまみれになる
ということになる(笑)

そうなると大変なので
たぶんあの世では
悪い言葉を言わないようにみんなしているか、
悪いことを思うと自分に毒が回って死んでしまうか、
悪いことを思えないような仕掛けになっているかの
どれかなのだと思う。

だから肉体を持って地球に生まれてくる
目的のひとつに
思い切り悪いことができる
ということがあるかもしれない(笑)

悪いことを想えば
自分の体に毒は確かに回るけど
タイムラグがあるので
すぐに死んだりはしないですよね。

(4)この世で悪いことをする

悪いことをする、というのは
いわゆる自分の魂の声に従わない
ということだ。

地球的な言い方をすると
欲を持つということ。

才能学で言えば
自分に向いてないことをあえてやる

ということになる。

もちろん才能がないので
うまくいかないんだけど
才能がなくてもいろんなことをやってみたい
という気持ちは誰にでもあるじゃないですか。

一度は金持ちになってみたいとか(笑)
一度は有名になってみたいとか(笑)
一度はモテまくってみたいとか...(笑)

魂からの指示に従わないことができるのは
肉体を持っているからに他ならないのだ。

(5)愛の世界を創る

だけど肉体を使って
魂からの指示に従って
想いを肉体でもって実現化する
というのが
この世でのエクスタシーであるには
間違いない。

肉体を持ちながら
意見の違う人などと
理解しあって仲良くできる
ということが
地球上での最上級な体験なのだと思う。

このことをと呼びます。

愛情と愛って違いますからね。

◆まとめ

なんかとりとめもなくほぼ自動筆記的な感じで書いてみました。
あの世に行ったことがある人がいたら
いろいろ聞いてみたいものですね。

ということで、
悪いことをやりたい人は、思い切り悪いことをやりましょう(笑)
でも巻き込まれる方はたまったもんじゃありません。。
だからほどほどにしておいて
最後にはこの世界を愛で満たしましょう!
DSC00203
*Olinda, Brasil (photo by me) インスピレーションがものすごい街でした。あの世とこの世の端境(はざかい)にあったのかもしれません。

✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース)
(3)実戦で才能を開花させる(定期コンサルティング)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

--------------------------------
✨✨✨【生き方2.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。


◆【UD16】天職16分野パーソナルチェックお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が主宰しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。

◆僕が指針としているもの