読者の皆様にはもう有名ですが、
僕は約1年前に
血糖値320、a1c11.2の糖尿病から
薬なし、
ロイヤルタヒチのノニジュースと、
糖質制限だけで
3ヶ月で正常値(血糖値99、a1c5.5)に戻したという
奇跡の人。
今日はその
ミラクルストーリーの続編です。

今テーマにしている「食後血糖値」を測りに行ってきました。
いつもお世話になっている中野ケアプロさんです。
http://carepro.co.jp/onecoin/general/shop/nakano/

先月はじめて
食後血糖値を測りました。
5/8の結果はこちら。
1)食前血糖値102(a1c5.1)←基準値(126以上だとアウト)
2)カツ丼とフレンチトーストを食べる(糖質量約160g)←ちょっとやりすぎました😅
3)1時間後の食後血糖値160←基準値(180以上だとアウト)

食前血糖値も食後血糖値もどちらも
基準値なので、やったーと喜んでいたら
糖質制限の師匠市川さんが
30分後で測ってください
と。


いろんな説があるようだが
市川さん曰く食べ始めてから30分後が一番食後血糖値が上がるらしい。
*市川さんの市川メヂカル研究所のウェブサイトはこちら。
http://toshitsuichikawa.wixsite.com/nagaiki1

ということで
今回は①食前、②食後30分後、さらに③食後1時間後と3回測ってみることにしました。
食べたのは前回はカツ丼(梅)とフレンチトーストでしたが
今回はカツ丼(竹)と豚汁にしました。
IMG_20170609_101350
*カツ丼糖質量は116.3g、豚汁糖質量は5.3gですね。 この「食品別糖質量ハンドブック」に全部書いてあります。




◆結果発表

・5/8から6/9までの約1ヶ月は糖質摂取量約100g/1日。
・毎日ロイヤルタヒチのノニジュースを30ml欠かさず飲む。
・もちろん薬はどんな薬も一粒も飲んでおりません。

【結果】

1)6/9の食前血糖値100(a1c5.0)(血糖値126以上、a1c6.5以上で糖尿病)
2)カツ丼(116.3g)と豚汁(5.3g)を食べる(合計糖質量121.6g)
3)食べ始めから30分後の食後血糖値147(180以上でグルコーススパイク)
4)食べ始めから1時間後の食後血糖値106(180以上でグルコーススパイク)


どうです、
このすばらしい結果✨✨✨✨

30分後が一番食後血糖値が高い、というより
1時間後よりも30分後の方が高い、
ということは証明できました。

可能ならば一回の食事の糖質摂取量を39g以下にすると
よいと何かに書いてあったのを思い出しました。
血糖値の上がりがぐんと下がるのだと思います。

◆まとめ

【永久保存版】糖尿病との闘い履歴一覧
http://naminchu.blog.jp/archives/69144708.html

2014年1月30日 血糖値126   a1c 6.2 体重122kg

2015年 健康診断受けず

2015年12月頃   (甘いものがめちゃ欲しくなり暴飲暴食が続く)     体重123kg(人生最大体重)

2016年1月上旬 糖尿病5大症状が全部出る(①喉の渇き、②多尿、③だるさ、④急激な体重の減少、⑤手足のしびれ)

2016年1月17日 血糖値320 a1c 11.2 体重108kg (区の健康診断。糖尿病と診断される。)
(*食前血糖値126以上、a1c 6.5以上で糖尿病と診断される)

*1月中旬よりノニジュース(→糖尿病5大症状が全部消える)
*2月中旬より本格的に糖質制限スタート

2016年5月16日 食前血糖値 99  a1c  5.5  体重101.5kg (←数値正常化✨)
2016年8月18日 食前血糖値110 a1c  4.9  体重98kg
2016年10月14日  食前血糖値91     a1c ----   体重98kg
2016年11月18日  食前血糖値111 a1c  5.2  体重98kg

*12月下旬から糖質多めにとる。(1日130g以内目標)

2017年1月12日  食前血糖値107 a1c  5.2  体重98kg
2017年1月23日  食前血糖値93 a1c  5.2  体重98kg(区の健康診断)
2017年2月2日 食前血糖値91   a1c 5.3  体重98kg(1週間タイからの帰国後)
2017年2月16日  食前血糖値89  a1c 5.3  体重98kg
2017年3月10日  食前血糖値87  a1c 5.4       体重94kg (3週間ブラジルからの帰国後)
2017年5月8日 食前血糖値102 a1c 5.1       体重95kg  食後血糖値1時間後160(糖質量160g)
2017年6月9日 食前血糖値100 a1c 5.0       体重97kg 食後血糖値30分後147、1時間後106(糖質量121g)

(*血糖値126以上、a1c 6.5以上で糖尿病と診断される)
糖質抜いて、ロイヤルタヒチのノニジュースで
薬を全く飲まなくても
糖尿病(2型)は楽勝で治ります!


間違ったカロリー制限の指導を受けて
辛いカロリー制限に耐えられず食べてしまって
血糖値が上がって
薬飲んで血糖値下げてる人は
いいかげんに目を覚ましてください。
糖質制限はお肉や魚、卵などはお腹いっぱい食べられますので、空腹で辛いということは全くありません。

このPDFを読んでください。
読んだ人は全てがわかります。
読まない人は何も変わりません。
「糖尿病と糖質制限」byつかもと内科 塚本雅俊
こちらをクリック!
これからの時代は特に
知ってるのか、知らないのか
で勝負が決まります。
知ってるつもりは知っているうちに入りません。
本質まで掴まないといけないのです。

あと、ふっと思ったのですが
結果を出すということに関しては
病気克服もビジネスでも
共通のところがとてもたくさんあるはずです。

今度はそのあたりについて
書いてみようと思います。
IMG_20170609_110447
*中野にて。もう気分が晴れやかすぎて。。約1年ちょっと前は地獄のように不安な日々を送っていたのがウソのようです。糖尿病克服は「食べ物に気をつけることで持って生まれてきた自己治癒力を発動」させたことに尽きます。才能学も「持って生まれた才能を発動」させることで人生を成功に導いていきます。同じスタンスなんだと思います。

✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①特殊能力論②右脳左脳論③次元論)
(3)実戦で才能を開花させる(定期コンサルティング)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

--------------------------------------------
✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。


◆【UD16】天職16分野パーソナルチェックお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が主宰しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。

◆僕が指針としているもの