教員時代に
生徒指導がうまくいかず
いろんな教育指導書を買ってきては
読み漁った時期のあと
それだけでは全く足らず
学校の外に出て
いろんなセミナーやセッションなどを
受けまくった時期があった。

ちょうど30歳からの数年は
それに拍車がかかっていた。

成功哲学から
メンタルトレーニング
スピリチュアル、
心霊系、神様系、宇宙人系、催眠系など
本当にありとあらゆるセミナーや
セッションを受けまくった。
それもけっこうなお金と時間をかけて。

おかげで、今どのセミナーやセッションの話を聞いても
あ〜、それね
みたいな感じで
そのスタイルや本質が全部わかってしまうようになった。
(なので、◎◎のセミナーで言ってることはこういうことだよ、みたいな翻訳がほぼ完璧にできます)


◆200の壁


よくセミナーやセッションの先生たちに
もうすぐ抜けるよ
って言われていた。

何がどう抜けるのか?
と当時はずっと思っていたが
今なら意味がよくわかる。

最近、才能学の次元論で
話をよくしているのが
200の壁だ。

ここが僕が昔よく言われていた
もうすぐ抜けるよ
のポイントになった場所だ。

僕の200の壁は
実は教員を辞めることだった。

才能学風に言えば
自分の才能の種が伸びない場所から出て
ほおっておいても勝手に伸びる場所に移動する
ということだ。

教員は好きでなったし
いいこともたくさんあったし
教員時代の経験は僕の宝であるにもかかわらず
当時、もうこれ以上ここにいると自分らしさが消えてしまう

というところまで行っており
かなり煮詰まっていた。
(特に組織の中で仕事をすることの窮屈感)

背中をグイーっと押してくれたのは2人。
守護霊さんと話ができる人からは
辞めてもいいけど今はダメ
と言われた。

もう一人は成功哲学の師匠

お前な、なにか降りてくるのを待ってるやろ
そんなもん待ってたらあかんぞ!
自分で決断せんと何にも変わらんぞ!


と言われた。
今でもその熱の感じをハッキリと覚えている。
目標設定のプロらしい左脳系な強烈なアドバイスだった。

実はこの師匠、後で聞いた話だが
僕に教員を辞めさせてその成功哲学の会社に
リクルートしようとしていたらしい(笑)

人の人生を何だと思ってんだ!
営利の会社はこわーい、って当時は思っていたけど
でも結果的に僕は教員を辞めて本当によかったと
思っている。

僕は右脳系の自由人。
娑婆(しゃば)にでて本当にいろんな世界やいろんな人たちを見てこれて
それで人生の幅と可能性が一気に広がった。

いわゆる
生活するために嫌々仕事をしていて
自分の人生がつまらないのは
職場が悪いから、◎◎さんが悪いから、社会が悪いからと
誰かのせいにしている依存状態から抜け出て
自分のやりたいように生きる、
自分の好きな仕事をする、
(その代わり好きにやった結果の責任を自分でとる)
というのが
200の壁を越えるということだ。

200を越えるためのセミナーはセッションは多い。
そして役に立つし
運命的な出会いもある。
それをホーキンズ博士の人間レベルの図に書くと次のようになる。
1DSC01103_Fotor
*200を越えるには「決断の勇気」が最も必要になってきます。僕も経験があるのでその勇気を持つことの難しさがわかります。才能学で進むべき方向がわかったとしても、200の壁を越えて現実を変えていくのは本人なのです。

◆550の壁

200の壁を越えて自分の道に入ったけれども
どのスタイルでいけばいいのかを迷っている人は多い。

よくある例。

自分でものづくりをするべきなのか、
人にものづくりを教えるべきなのか。

一人でやるべきなのか、
チームでやるべきなのか。

お金儲け主義でいくべきなのか、
ボランティア系でいくべきなのか。

少数精鋭でいくべきなのか、
大規模フランチャイズでいくべきなのか。

クールにいくべきなのか、
ベタベタでいくべきなのか。

などなど。

ここで登場するのが
才能学なのです。

才能学は
個々の生まれ持った才能の種類から
その人が携わる仕事の全体のデザインとコンセプト
作っていきます。
そして
やらなくてはいけないことと
やってはいけないことを
明確に分けて
一緒に仕事を流れに乗るようにしていきます。

それを図に書くと次のようになります。
2DSC01103_Fotor
*才能学では主に、すでに自分の道に入っている人を天職のゾーンに押し上げる仕事をしています。

◆最近増えた傾向

ところが最近増えてきた傾向に
200以下の人たちをずっと200以下のゾーンでぐるぐる回して
ずっと依存させてお金を取り続ける、
という悪徳商売みたいなセミナーやセッションがある。

3分で成功マインドが身につきます!
とか
3時間で誰でも英語が話せるようになります!

とか
2日間のセミナーであなたの使命がわかります!

みたいな
普通に考えたらどう見ても無理、って思えるものでも
200以下の人って基本
楽して成功したいというふうに
思うものなので
まあ見事にひっかかる訳です。

この背景には
このセミナーを受ければ誰でも講師になれる系
セミナーが爆発的に増えたことがあると思っています。

ふつうに考えてください。

例えば会社だと起業するのは誰でもできます。
が、実際に数年に渡り経営していけるのはほんの数パーセントです。

同じように、
セミナーを開催するだけなら本当に誰でもできます。
客がいなくても開催したという実績はできますからね。
でもセミナー講師として食っていくことができるのはほんの数パーセントなのですね。
才能と努力と粘りがないとできないわけです。

これを図に書くとこうなります。
3DSC01103_Fotor
*巧妙に仕掛けられた仕組みに200以下の人たちはまず気づきません。「この人のいう事を聞いておけばいいのだ」という洗脳モードになってしまっています。現実はずっと変わらず気持ちいい麻薬のような言葉をもらいに大金を払い続けるような感じになります。「あなたは努力してるけどまだダメです。もう一度セミナーを最初から受けなさい」みたいな感じ。弱気になっている200以上の人も時に引っ張り込まれたりします。

僕もそういうセミナーやセッションに
出ていたと思うけど
僕はちょっと変わっていて
最小限の出費で最大限の成果を得ることのできた
数少ない人間だと思うのです。

◆僕の傾向

僕って真面目なところがあるので
とりあえず言われた通りやってみる
のです。

これで
成功哲学も
才能学も
メンタルトレーニングも
本を読んでのトライアルも
かなりの成功体験をモノにしてきました。

僕がそこから学んだことは
しっかり体系づけられているものは
キチンとやれば期待以上の結果が出る

という哲学です。

この哲学があったからこそ
糖尿病になったとき
薬に頼らず
まだそんなにメジャーじゃないけど
糖質制限という
体系づけられた手法を採用して
見事完治させることができたのだと思うのです。
(もちろんノニジュースも含めて)

*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆まとめ

世の中いろんなセミナーやセッションがあります。
悪どいものもありますが
役に立てるかどうかは
結局は自分次第ということに尽きるのです。

自分は今どこにいて、どこに行こうとしているのか、どこに留(とど)まろうとしているのか。


これは僕の大学の友人が言ってた言葉ですが
学べる人は
道端に落ちている石ころからでも
何かを学んでしまうのです。


最後までお読みいただきありがとうございました。



✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①特殊能力論②右脳左脳論③次元論)
(3)実戦で才能を開花させる(定期コンサルティング)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

--------------------------------------------
✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。


◆【UD16】天職16分野パーソナルチェックお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が主宰しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。

◆僕が指針としているもの