親子でも
夫婦でもそうだが
甘やかしてダメにする
ということが
けっこう起こっていると思う。

「甘やかす」の
一番典型的なことは
自分でやらないといけない嫌なことを
代わりにやってあげる

というものだ。

何がどうなるかって?

例えば
宿題をする息子が宿題を嫌がるので
親が代わりにやってあげる
とか、
借金をしてきた夫が「なんとかする〜っ!」ってフテ寝してるので
妻が働いて夫の借金を返す、
とか。 

目先で助けて「いい人」になったり
相手と「いい関係」を結べるというということにはなるが
要は
いつまでも自立できないようにする
つまり
相手をいつまでもコントロールする
ということに繋がる。
これを無意識でやっている人が非常に多い。

また、褒めると甘やかすは
ぜんぜん違う。

褒めるってのは
やったことに対していい評価をする
ってことに対して
甘やかすは
やらなければいけないことを
しなくてもいいよ〜
って言うことだから。

◆まとめ

甘やかさないで、嫌がっても「やらせる」、そうしたら、そのプロセスや結果から活きた智慧を得られる
ということになり、
そのことが自分の頭で考えられる
つまり
ホーキンズ博士人間レベル200の壁を
突破していくことに繋がるのです。

でも飽くまでこれは「人間レベル」の話であり、
才能の話ではないところが少し難しいかも。

プロの世界では
自分のない才能のことは
その才能がある人に手伝ってもらうのが普通です。
これは決して「甘やかし」ではありません。

今日から京都にしばらく戻ります。
日曜、月曜、部分的に時間あります。
天職16分野パーソナルチェック
ワンポイントアドバイス(以前のクライアント様はお値段据え置き)ご希望の方は
ご連絡ください。
IMG_20170606_093030
*今回は新幹線で。


✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)
(3)実戦で才能を開花させる(定期コンサルティング)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

--------------------------------------------
✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。


◆【UD16】天職16分野パーソナルチェックお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。

◆僕が指針としているもの