僕は学生時代、
島根県県庁所在地の松江にある大学に在籍していた。
学生寮に住んでいたのでいろんなアルバイトが
舞い込んできて
本当にいろんなバイトを経験することができた。

中でもコンサートの搬入搬出のバイトは
定番のひとつだった。

場所は松江の県民会館。
たまに隣町の米子もあった。
実にいろんなアーティストがやってきた。

◆搬入搬出は時間との闘い

朝の8時くらいからだっただろうか
10トントラックが2〜3台すでに到着していて
楽屋搬入口から
コンサートに必要な
ありとあらゆるものを
搬入していくのだ。

ステージセット。
照明セット。
PAセット。
などなど。
もう額に玉の汗を浮かべながら
いろんなものを何度も何度も何度も何度も運び込む。

午後2時か3時くらいに
取り付けが完了すると
PAや照明の調整が始まり
それが完成したら
やっと歌手やバンドマンが出てきてリハーサル。

その後は
僕らアルバイトは
お客さんに配るチラシのセットをしたり
チケットのモギリをしたり
コンサートが始まったら
会場内の通路でステージに背を向けて
警備にあたるか
外で待機だった。

が、矢沢永吉が来た時だけ
体が大きいという理由で
僕はステージの一番前で
ロープ張りをしたことがあった。

体にロープを巻いて
ステージの前に相方と二人でロープを張り
要はお客さんが興奮してステージ上に
上がってこないようにロープで止める!
という係。
この係があったのは
後にも先にも矢沢永吉だけだった。。。

端だったが最前列で矢沢永吉のライブを見て
すげえーとめちゃ感動。
Without youという曲がめっちゃ盛り上がって
数日後にCDをレンタルしに行って
部屋で聞いたら
なんやこれ?
というくらい
迫力がなくてコケそうになった。

CDって
音楽を自宅の中に持って入れる利便性はあるけど
ライブの迫力そのまま、って訳には
全然いかないんだ〜って
そのときリアルに思ったものだ。

ライブが終わると
今度は搬出になる。
これを2〜3時間で
バーっとやる。

そして深夜に撤収完了して
トラックは次のライブ地へ向かう。
これが全国ツアーというやつだ。

◆最もショッキングだったこと

この矢沢永吉コンサートのバイトをしている中で
一番ショッキングだったことを話そう。

それは
スタッフがめちゃカッコイイってことだ。

特に各部署のリーダーに当たる人たちが
搬入を仕切っていたのだが
そのリーダーが姿を表したとき
えっ矢沢永吉?
って勘違いするくらいカッコイイ。
そんな人が何人もいるのだ。

風貌、立ち振る舞い、そして貫禄。

よーく見てみると
永ちゃんと違うやん
ってわかるんだけど
実は後でリハーサルのとき
本物の永ちゃんが出てきたときに
ええええっ?
ってコケそうになった。

永ちゃん、オーラがないっ!

本物の永ちゃんより
そのスタッフのリーダーたちのほうが
10倍以上オーラが強くカッコイイのだ。

このとき直感的に
確信めいたものが芽生えたのを
今でも忘れない。

一流のチームって
リーダーより
遥かに優秀でカッコイイスタッフが
たくさんいるものなんだ!って。

だから
今でもいろんなチームを見るとき
僕はそのあたりを見るようにしている。

◆まとめ

リーダーより
スタッフが劣っていたり
リーダーがスタッフを下に見て命令や指示を出しているチームは
たいしたことはない。

リーダーが
自分より優れているスタッフを集めていて
お互いがリスペクトできているチームは本物で強い。
20121124_149010
*image off the net

*関連記事(大阪ミナミのバーのママから学んだ極意)



✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)
(3)実戦で才能を開花させる(定期コンサルティング)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

--------------------------------------------
✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。


◆【UD16】天職16分野パーソナルチェックお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。

◆僕が指針としているもの