「覚悟」って旅と似ていて
いくつもの条件が整わないと
体験できないものだと僕は思う。
覚悟というものを体験したい!
と熱望しても
条件が合わないとできない。

◆雪にはまって抜け出せなくなったおばさんの場合

ここ数年で
一番ピーンときたのが
大雪のときに雪溜まりに落ちて
自力ではでられなくなったおばさんが
大声で助けを呼んでも
誰も気がついてくれないときに
死を覚悟した
という表現。

このおばさんは
偶然通りがかったテレビの撮影クルーに
助けられた。

自分の意思とか努力だけでは
どうにもならないような状況に
追い込まれた時にしか覚悟はできない

ということができる。

◆甲子園を目指す高校球児の場合

野球部の中学生が
甲子園を目指すので
寮のある地方の私立高校へ入学します!
となってくると
これは覚悟が必要になる。

よっぽどのことがない限り
自分の意思や努力で学校を辞めることは
できないし、
甲子園を目指して野球道に精進することを
途中で辞めることはできないからだ。

途中でいやになっても
3年間は頑張らないといけないんだよ。
その覚悟はあるの?

って親は中学生に聞くかもしれないが、
これだとなんか辛いのが前提になっちゃってますよね。

仮に野球の才能がないのに
親の見栄で強豪校へ行かせるような場合
(親が「うちの子は◎◎高校で甲子園を目指してますの。オホホ〜。みたいな場合)

その子の3年間は地獄になるのは火を見るよりも明らかだ。

これは中学柔道部顧問時代に
嫌々練習する生徒を嫌というほど見てきた。

しかし、もし本当に野球の才能があって
強豪校へ入学することで
水を得た魚のようになれる子にとっては
覚悟など全く必要なく
ただただ楽しい幸せな日々が続く
ということになる。

こういう子も柔道部顧問時代に
たくさん見てきたし、桁違いに強くなっていくのである。

◆覚悟を才能学で斬る

才能学には、生まれながらに「◎◎しなくてはいけない」
とけっこう責任の重い使命がある人たちが
いるのだが
(主に魂年齢80歳以上)
そういう人たちは
自分自身の気持ちとしてはしんどいのでやりたくないが
自分の使命としてせざるを得ない、
という感覚であり
実際に一歩を踏み出すときに
相当な「覚悟」が必要になってくる。

しかしそれ以外の人たちは
覚悟を体験するためには
それぞれの自分の道で90%くらい歩いたあたりになると
覚悟を体験できる。

今までの自分の人生を嫌でも受け入れる覚悟
ってやつですね。

もう今から生き方は変えられない。
このまま最後までいくしかない、
って感じになるのだと思います。

これからも覚悟学を探求していきます。

それはそうと、明日は照ママ主催の朝陽を浴びる会です。
照ママは毎週木曜日欠かさず今回でなんと89回。(一度だけ体調不良でお休みがあったそうですが)
側(はた)から見ると「すごい覚悟でやってらっしゃるのですね」という感じになるかもしれませんが、僕から見ているとけっこう「自動的」にやってるんじゃないかな〜と。
でも本当のところはどうなのでしょうか、明日聞いてみようと思います。
22016797_1693163874058333_1078536788_o
【朝陽☀️を浴びる会#89】
日時:9月28日(木)朝7時〜8:45まで
場所:ロイヤルパーク汐留タワーホテル24Fラウンジ THE BARで開催。
内容:朝陽を浴びてお茶を飲みながら話をするだけ。
参加費:ご自身の飲食代のみ(例:コーヒー950円おかわり自由)
*参加予約必要なし、いきなり来ても大丈夫。遅刻早退自由です。
http://www.rph-the.co.jp/shiodome/restaurant/bar/


✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)
(3)実戦で才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)*企業様用 / 人財育成コンサルティング
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

--------------------------------------------
✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。


◆【UD16】天職16分野パーソナルチェックお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。

◆僕が指針としているもの