愛機RX-100の調子がおかしくなって久しい。

レンズの開閉がうまくいくときと
うまくいかないときが出てきた。
要は安定して使えない。

ヨドバシカメラで買って
5年保証をつけていた。

保証書を探して見てみたら
まだ保証範囲内だったので
ヨドバシカメラの修理受付コーナーへGO。
IMG_20171004_162835
これは見た目やサイズがRX-100とほぼ同じのWX-500。センサーは1/2.3だが光学30倍ズームと180度チルト液晶がついており旅には最適。ブラジルへ旅する前に購入。実はこれも旅から帰ってきてレンズユニットの調子が悪く、一度修理に出して取り替えてもらっている。

◆5年保証の真実

修理受付で説明を受けて
知らなかった事実が判明。
なんと年を追うごとに
補償額が減っていくとのこと。

え〜、そうだったの!!!?
とショック。

調べてみると
本当にそう書いてあった。
が、保証に入るときに
こんな説明なかったような気が。。。。
16
http://www.yodobashi.com/ec/support/afterservice/guarantee/index.htmlより転載

当時5万ほどのカメラだったので
50%で修理代が補償額内の2万数千円以内だと無償で修理となる。

修理見積もりがその範囲内だったら
自動的に修理へ GOということでお願いをしていた。

◆電話がかかってくる

数日後、修理見積もりが出たと連絡が入る。

SONYの工場へ送ったらしい。
(1)レンズユニットの交換
(2)外側の凹み
2箇所の修理で実費が2万5千円ほどかかるとのこと。

実費で2万5千円?
高くない?


外側の凹みは
買って1年目に
皇居の一般参賀に行ったときに
興奮して落っことしてできた傷。

外側の凹みは修理する必要ないんで
レンズだけお願いします。
と言って再見積もり。

で、また電話がかかってきました。
(1)レンズユニットの交換だけでも同額です
とな。

いろいろググってみると
SONYは修理代が比較的高めだとか。

ここでゴネるのもどうかと思い
修理するかどうかの決断はペンディングにして
落ち着いて考えてみた。

◆この出来事から何を読み取るか

(1)僕は写真撮影やビデオ撮影が好きだ。

3年ほど前まで僕は
ガチで映像製作の仕事をしており
この1インチセンサーを持ったRX-100には
仕事でもかなりお世話になった。

手軽に運べるのに画質がめちゃいいのだ。

でももう今は映像の仕事はしていない。
もう手放してもいいのではないか?
というのがひとつ。

(2)今、新しいスマホを手に入れようとしている。
実はカメラにしてもビデオにしても
僕の才能を最も活かせるシーンというのは
ガッツリ撮影してガッツリ作り込みをする、というより
リアルタイムのドキュメンタリー性にある。

いつも携帯していて
今だ!✨✨
というシーンで
サッと取り出してパッと撮影できる。

これが肝心。

ということは、
RX-100を修理するお金を使って
新しいスマホを手に入れなさい、

というエンジェルのサインである可能性が非常に高い。
*エンジェルはこういうサインの出し方をするんです。新しいスマホを僕に買わせるためにRX-100を故障させること、ができるということです。(考えてみたらすごい能力だな...)

正確に言うと25,162円。

ちょうどこの額のスマホで
カメラのいいスマホがあれば
きっとそれだというサインだ。

で、探してみました。

(1)simフリー
(2)売れ筋トップ20以内
(3)値段がプラマイ2000円程度

ありました。ずっと前から目をつけていたものです。
http://kakaku.com/item/J0000024835/

しかし、まだ今のスマホが十分使える。
さらに10月末に秋の新作ラインナップが出るとのこと。

その時まで待ってみてもいいかと。

この説が正しければ
新しいスマホを買わないままだと
機械の故障、事故、違反切符、怪我、病気、ボッタクリにあう、誰かにご飯をおごることになる、などで
2万5千円相当の出費が続々出てくる、ということになる。

しかし、他に2万5千円相当を使って
しなくてはならないことがある、という可能性は否定できない。

ちょっと気になっていることで
約2万5千円でできること。

(1)新幹線で京都(実家)に行って帰ってこれる。
(2)沖縄宮古島を飛行機で往復できる。
あとこころあたりがいくつかある。。

さて、ことの顛末はいかに!

エンジェルサインの実話を漫画にしたものがあります。この時もカメラに纏わる話でした。よければご覧ください。


✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)
(3)実戦で才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)*企業様用 / 人財育成コンサルティング
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

--------------------------------------------
✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を薬なしで3ヶ月で簡単に治した経緯を全てこちらにまとめています。


◆【UD16】天職16分野パーソナルチェックお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。生まれ持ってきた才能「三度の飯より好きなこと」を発動させて天職を開発し、張り裂けるような喜びを味わいたい方のための情報、ヒント、コツ、そして包み込むような愛と勇気が満載!基本的な内容はブログやSNSで書けない①超本音トーク②才能、天職、健康や世界情勢の裏情報や真実③才能学視点で世の中のいろいろを斬る、というようなアブナイ系の話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの



◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。

◆僕が指針としているもの