------------------------------------------
✨関西セッションのお知らせ✨
1/3 17:00以降@大阪or京都
1/4  午後〜@京都
ご予約はコチラから。
-------------------------------------------

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

日本初の鉄道は
新橋と横浜の間で開通したらしいですが
当時は冬になると寒くて
乗客が減っていたとのこと。
(*暖房設備がなかったので)

そこで鉄道会社が考えたのが
川崎大師の初詣キャンペーン
だったそうです。

今風に言えば
「そうだ。京都いこう。」
みたいな感じで
「年始には川崎大師に初詣に行こう。」
ってやったらしい。

これが全国に広がって
「初詣」になったらしいのです。

日本古来から連綿と続く日本文化では
ないんだけど
なんかそんな風に思わされちゃってるんですね。

阪神電鉄が夏に乗客が減るのを
避けるために
夏の甲子園での高校野球キャンペーン
やったのも有名な話で同じ原理。

クリスマスにクリスマスケーキ
食べるのもケーキ屋の策略、
バレンタインデーのチョコレート
新しいところでは
ハロウィンで仮装しよう
も全て策略と言えます。

それを言えば
おせち料理なども
江戸時代くらいからの文化。

食べ物屋の策略がはじまりなのかもしれません。

でも江戸時代の文化って
自然との一体感がめちゃあって
策略であったとしてもすごくいいものが多いんですよね。
比較して明治以降の文化って
どこかに海外の要素が紛れ込んでいるというか
一体感がなく、不自然体のものになってきますよね。

まあそんなふうに遡っていくと
糖質制限ニストから見ると
小麦や米が世に現れたのも
「誰か」の策略なのかもしれません。

どこまで遡んねん。
「誰か」って誰やねん、、
ってことになりますが、
もっと遡ると
純粋な輪廻転生システム(があるとすればの話ですが)
にも「ある策略」が仕掛けられている
という説もあり、
才能を研究している身としては
今年はそこにアクセスしていこう、と
考えています。

ふつうに今の食生活をしていると
多くの人がふつうにメタボになり
糖尿になっていきます。
このベルトコンベア的なプロセスは
どう考えても圧倒的におかしい。

同じように考えると
同じ人間として生まれてきたのに
どうして世界が灰色に見えている人と
世界がビビッドなカラーに見えている人がいるのか?

僕自身が
灰色の世界からビビッドカラーの世界に
抜け出てきた人間です。

「どうせ俺はダメだ」とか
「どうせやってもうまくいかない」とか
思っていたところから
どうやって這い上がってきたか。
「才能のあることを実際にやる」
というところしか突破口はない。

大事なことは
才能のないことを努力しても結果は出ない。
才能のあることを努力すれば結果(成果)が出る
ということ。

僕の場合は
いじめられっこで勉強もできなかった小学生の暗黒時代から
抜け出たキッカケが
中2の「英語の家庭教師の先生との出会い」だった。

厳しい先生だったけど
やってみて英語が得意なんだとわかった。
なぜなら英語の定期テストで90点台を連発。
クラスに1〜2名しか取れない「5」(通知表)を
取れた訳ですから。

めっちゃ自信がついた。
ひとつ自信がついたら
自分自身が「自信がない世界」から「自信がある世界」に移行するんですね。
で、あとは驚くようにうまくいくのです。

◆まとめ

「どうせ俺はダメ」という思い込みを外すには
才能のあることに取り組んで努力して結果を出して
やればできるんだ!という自信を得ていくしかない。

なんでもいいからやれ!ではあまりに大雑把すぎる。
人がいいと思って勧めることでも才能がないと良い結果は出ない。
だけど才能はすべての人が生まれて持ってきている。
その生まれ持った才能が生かせることに取り組めば
必ず結果は出る!

①才能のあることに取り組む(実際にやってみる)
②結果が出る
③自信がつく
④おれってスゴイやん!と思える
⑤後は全てうまくいく

結果にコミット!

今年も才能学ブログ、ブイブイやっていきます。
どうぞよろしくお願いします。

1/4から照ママの「朝陽を浴びる会」やってます。この日は「浴ビール会」になるとのこと。僕は帰省していて行けませんが照ママと正月ぶっちゃけ本音トークしたい方はぜひ!
Asahi103
【朝陽☀️を浴ビール会#103】
日時:2018年1月4日(木)朝7時〜10:00頃まで。
場所:ロイヤルパーク汐留タワーホテル24Fラウンジ THE BARで開催。
内容:朝陽を浴びてお茶を飲みながら話をするだけ。
参加費:ご自身の飲食代のみ(例:コーヒー950円おかわり自由)
*参加予約必要なし、いきなり来ても大丈夫。遅刻早退自由です。
http://www.rph-the.co.jp/shiodome/restaurant/bar/

---------------------------------------------------------
✨才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能(花の種類)を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)
(3)実戦で才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)*企業様用 / 人財育成コンサルティング
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

◆参考記事①「才能を本氣で活かす」http://naminchu.blog.jp/archives/60054583.html
◆参考記事②「才能学ニーズ別コンテンツ」http://naminchu.blog.jp/archives/59068549.html
----------------------------------------------------------

◆【UD16】天職16分野パーソナルチェックお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が少なくとも16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(特殊能力)を持って生まれてきており、そのパフォーマンスの特徴は一生変わることはない、という右脳左脳理論と次元論をベースにした才能学である。
詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo / 京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&世界中を旅する。人生は舞台!「生まれてきてよかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わってもらうために才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしています。
日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。夏場はアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。冬場は暖かい海外へよく行きます。東京下町を自転車やバイクでぷらぷらするのが好き。
詳しいプロフィールはコチラ

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。様々な話題を中心に不定期でお届けします。登録はコチラ

✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。

◆僕が指針としているもの