よくないと思うパターン。

①「あの人がこう言ったから」「占いでこう言われたから」
などというように、選んだ責任を人になすりつける。
②成功したら益々「他人」に依存するようになる。自分の頭で考えられなくなる。
③失敗したら「他人」のせいにする。

人が言うことは「意見」として聞くのはよいが
選択するのは飽くまで自分というスタンスが大事。

選択で大事だと思うこと。

①何を選んでもいいが、自分の意思で選ぶこと。
②選んで、その結果がどうなろうとも人のせいにしない。
③仮に失敗してもそこから学んで次に活かす。
④そして、選んだ結果が結局よかったんだ!と意地でも思えるようにする努力をする。

しかし、時々
取り返しのつかないこと
もある。

やりたいことで
条件が全て揃った今しかできないこと

がある。

若いうちに素敵な恋愛をすることって
当たり前だけど若いうちにしかできない。

恋愛は年をとってもできるけど
年をとったなりの恋愛しかできない。

体が元気な若いうちに旅に出るというのも同じ。
年をとって病気がちになってくると
そう簡単には旅に出れなくなってくる。

つまり
若いときにしかできないこと
は必ずある。

しかし、若いときは
いつでもできるわ
なんて思ってしまって
先延ばし先延ばししてしまうもの。

で、気がついたら
年とってた!って感じになる。

僕は教員時代に
ある人から
ブラジルほど人のハートが熱い国はない。
ぜひ行くべきだよ!

という話を聞いて
特にリオのカーニバル
めっちゃ行きたくなった。

しかし地球の裏側だし
お金もかなりかかるし
カーニバルの時期は3学期のど真ん中だし
教員をしているうちは
まず行けないな〜なんて思っていた。

あるとき、教頭先生とお酒の席で
「教頭先生の夢ってなんですか?」って聞いたら
「僕はねえ、60歳で引退したらシルクロードに行ってみたいんだ。」
とおっしゃった。
そのときの教頭先生の表情とか言い方とか、今でもハッキリ覚えている。

それを聞いた瞬間、
僕は今すぐ教員を辞めないといけない
って思った。

なぜか。

60歳になってから
リオのカーニバルに行っても
絶対楽しくない!

っていう確信があったから。

それから2〜3年後に僕は教員を辞めて
翌年のリオのカーニバルに行った。

リオのカーニバルを観客席で楽しんだだけでなく
特別枠でリオのカーニバルに参加することもできた。
(そう。あのサンボドローモで羽の衣装をつけて)

僕に降りてきた言葉は
「解き放つ」。

それが今年12年目になるブラジルパーカッションや
才能学の仕事につながっている。

60歳まで仕事が保証されている公務員を辞めて
その後どうなるか全くわからないまま日本を飛び出して
ブラジルの熱いハートを肌で感じて
ビビビビーッというエネルギーを受けとってから
僕の本当の人生は始まったのだと振り返ってみて思う。

人生のなるべく早い時期に「ビビビビー」というエネルギーを感じることほど
幸せにつながることはない。
DSC01944
DSC01848_Fotor
DSC01913
DSC0178x
2017.3月3度目のリオ(イパネマ海岸にて)

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきている。天職16分野パーソナルチェックでは、あなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&多種多様の仕事経験&世界中を旅する。怪しいスピ系から成功哲学、心理学系、ビジネス系まで100種類以上のセミナーを受講、独自で実践し、「成果が出たものだけ」を採用している。以上の体験より350basicの視野・視座・視点を持ち、どんな内容の話でも対応できる。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの専門家で、執筆、講演、個人セッション、企業の人財育成コンサルティング、企業デザイン構築などを手がけている。特に若者の心に火を点ける才能発掘には定評がある。日本才能学研究所所長。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。ライフワークとしてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。好きなこと:Diversityの発想、南国の綺麗な海での素潜り、乗り物に乗ること。詳しいプロフィールはコチラ
stones

◆メルマガを発行しています

才能学.com 日本才能学研究所発行のメールマガジンです。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ

✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。

◆僕が指針としているもの