「誰でも100%成功します」
という
成功ビジネスが
横行中ですね。

楽して成功したい人は
飛びつくと思います。

しかし僕の経験上
「誰でも100%成功するメソッド」は
あります!

ただ、簡単そうで
簡単ではない
というところがミソです。

◆大谷翔平を育てた原田メソッド

原田メソッドというのを
聞いたことがあると思います。

あの大谷翔平が高校時代に取り組んでいた
成功哲学メソッドとして有名になってますよね。

実は成功哲学を勉強していた頃
成功哲学の会社主催の講演会で
その原田先生とご一緒したことがあります。
(二人とも登壇者でした)

1000人くらいの前で講演したのですが、
当時原田先生は
まだ中学の教員をされてました。

原田先生は
成功哲学メソッドを使って
陸上部の生徒を何人も日本一にした先生として
大阪ではすでにかなり有名でした。

僕も当時まだ中学の教員で
教員をしながら成功哲学教材を活用して
夢をどんどん叶えていったことが評価されて
登壇することになったのです。
参考記事:その頃の詳しい話について書いた過去ブログ記事
http://naminchu.blog.jp/archives/40275539.html

「原田メソッド」というのは
言うなれば
この成功哲学会社の教材のフォーマットを
少し改良したものだと思います。

だけど
このフォーマットを使って
原田先生が中学の陸上部の生徒を
何人も日本一にさせたのは本当です。

◆誰でもできるけどできない成功の方法

間違いなく言えることは
このフォーマットを全部記入して書ききれたら
誰でも成功できます。

ところが
記入する箇所や
記入の仕方が
けっこう大変で
ほとんどの人が
途中で記入すること自体を
諦めてしまいます。

だから成功しないのです。

*全部書ければ成功する。
*途中で書くのを諦めたら成功しない。


ただこれだけです。

もちろん
西洋式成功哲学教材ですので
目標設定系の成功になります。

原田先生のいた中学の
陸上部の生徒が
どんな目標設定シートを
書いていたか、というのが
このネット記事にのってます。
大谷翔平選手のマインドセット 原田隆史先生講演会レポート
http://aya1.info/otani
これくらいできるわー
と思うかもしれませんが、
この僕でさえ、
このシートは1枚として
埋まりませんでした。

これを
生徒に
書ききらせることができたのが
原田先生だったのです。

中学生でこれが「書ききれる生徒」は一人もいないと思います。

そんな中、「書ききることができた生徒」は
意識レベルどかーーーーーーんと上がります。

中学生のうちに
これが書ききれるだけの意識レベルが持てれば
他の全てのパフォーマンスが桁違いに上がります。

これが作用して
日本一の選手を何人も排出することが
できたのだと理解しています。
(意識レベル:才能学次元論/右脳左脳論で解説しています)

原田先生は
まさに情熱の人で
才能学で斬るとおそらく
金運人になると思います。

金運人と西洋式成功哲学の相性は
抜群なのです。

◆まとめ

「やればできる」とか
「行動の先に成功が待っている」と人は簡単に言います。

しかし実際は
「行動して最低でも9回の失敗のあとにしか成功はない」というふうになってる。
このことを知らないと途中で諦める人が続出する。

目標設定シートは
この「9回の失敗も盛り込む形」で作成される。
だから作成さえできれば自動的に成功する。

潜在能力を活用することになる「書く力」というのはマジで侮れない。

その「書く力」の凄さを理解するのも
実は成功哲学教材の中に盛り込まれている
ものすごいコンテンツのひとつ。

すわなち、「書く力」の凄さを理解できないまま
目標設定シートに向かうから
書ききれない、ということになります。

僕はこのスタイルのシートは書ききれませんでしたが
別の特別なシートがあり
それをやはり「書ききった」ときに
潜在意識の大きな石の車輪が
ゴゴゴと音を立てて動き出した「映像」を
見たことがあります。

あ、これ、絶対、達成できるわ、
って感じになります。

いつか
才能学スピンオフテーマの
「成功哲学學」で話そうと思います。

おっと、そして
一番大事で怖いことを書き忘れるところだった。

持って生まれた才能ゾーンの中のことや
少しでもかすっていることは達成できるが
そうでないことは達成できない。

才能外のことを無理くり達成したとしても
ストレスで自分の心と体がやられるか
周りにいる人の心や体を犠牲にすることになる。

潜在能力というのは刃物と同じで
子供がおもちゃにするには
かなり危険なもの、
という認識が実は必要なのです。
CA3A0036_

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都生まれ東京在住。元公立中学英語教師&多種多様の仕事経験&世界中を旅する。怪しいスピ系から成功哲学、心理学系、ビジネス系まで100種類以上のセミナーを受講、独自で実践し、「成果が出たものだけ」を採用している。以上の体験より350basicの視野・視座・視点を持ち、どんな内容の話でも対応できる。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの専門家で、執筆、講演、個人セッション、企業の人財育成コンサルティング、企業デザイン構築などを手がけている。特に若者の心に火を点ける才能発掘には定評がある。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。アフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu主宰。好きなこと:Diversityの発想、南国の綺麗な海での素潜り、乗り物に乗ること。詳しいプロフィールはコチラ
stones
【😊】いつも笑って生きていきたい。作り笑いじゃなく、喜びが溢れる笑顔で。

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.糖質制限
2.ロイヤルタヒチのノニジュース
3.太陽の光を浴びる
4.天職を持って生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。

◆僕が指針としているもの