才能学では
人間の才能の種類が「16」あるとしている。

全ての人間が
「16」のどれかに必ず当てはまる。

僕が才能の研究を始めて
20年以上になる。
きっかけは地元京都の公立中学教師時代に
生徒指導がうまくいかず悩んでいて
学校の外のセミナーをいろいろ受けはじめたことだ。
スピリチュアルから成功哲学まで実に様々なセミナーやセッションを
受けまくり、その中に今の才能学の原型になるものがたまたまあったのだ。

そこからなんと僕は「自分の隠れた才能」に気づき
なんとしても自分の才能を開花させたい!と思って
それ以来ずっと才能の研究をしてきたのだ。

学校は4年後に辞めて
またいろんなセミナーを受けまくり
いろんな仕事を転々としたり
世界を回ったりして
10年前に独立。

最初は英語の家庭教師から始まり
映像制作、ウェブサイト制作を経て
3年前の2015年に満を持して
「才能学」として仕事をスタートさせたのだ。

40分のオリジナルインタビューをすれば
9割の確率で
その人が持って生まれた才能の種類がわかる、
というコンセプトで始めた。

20年の間に2000人を超える人たちの才能を臨床で観てきているうちに
わかりやすい人は顔を見ただけで才能の種類がわかるようにまでなってきた。

*どんな才能の種類があるか気になる人はこちら。

仕事として才能学をスタートさせて3年が過ぎて
本当にさらにいろんなことがわかってきた。

一番痛烈に感じるのは才能の落とし穴にはまったときに
桁違いのパワーだ。

これを「消防車解説」で解説してみたいと思う。

人の才能の種類を例えば「車」に当てはめて考えてみると
すごくよくわかる。

消防車って「放水」の才能がある。

だから
火事の現場に行けば
大活躍できるわけだ。

ところが
自分に「放水」の才能があることを
知らない消防車がいたり
「放水自体」を「したことがない」消防車も
いたりするわけだ。

これは子供の頃から
親に「お前はレーシングカーだから将来はサーキットで活躍しろよ」
と言われて育つとそうなったりする。
だいたい両親が「レーシングカー」であるとなおさらそうなる。

親の影響って大きくて
子供は親の言う事を信じて育つもので
一生懸命レーシングカーみたいに速く走ろうと努力をする訳です。
ところがどれだけ努力しても速く走れない。
親は努力が足らないと叱咤激励する。

でも才能の視点から見ると
そりゃ無理な訳です。

他の人たちは全員レーシングカーで
自分だけが消防車。

この「図」自体がおかしいでしょう(笑)

サーキットでよういドンで勝負したら
才能的(機能的)に勝てる訳がない。

負けが続くと精神力の弱い子供だと
最悪引きこもりみたいになってしまうし
親に社会的な力があったりすると
裏口入学で「(仮)サーキット大学」に入れたりする。
裏口で入っても地獄ですよね。
(ほとんどが裏口だったら終わってますけど(笑)

ところが小学校や中学校や高校などで
「いい先生」に出会うと話は変わってくる。

「お母さん、この子は消防車の才能ありますよ」
と三者面談で言われる訳です。

スポーツカーの親としては
「そんなはずがない!」と思うのだが
子供が親に見せる顔と学校で先生に見せる顔は
けっこう違うもの。

で、学校のすごいところは
学校の中で「放水」の才能を披露する場が
どこなりとあるということだ。

学校ではいろんな教科の時間があって
文化祭や体育祭や掃除の時間など
いろいろあって
どの才能も「お試しで使ってみること」ができる
というのが学校の強みだ。

こういうのを
「潜在能力(=隠れた才能)を引き出す」と言い
それが語源になった言葉が
Educationっていうのを
僕に教えてくれた人が昔いた。

なんと瀬戸内海に浮かぶ小島にあった
ユースホステルのおじさんだった。
ま、その話はおいといて、、、

消防車の生徒に向かって
「みんなの前でキャンプファイヤーの火を消してみろ」
って先生は言うのです。

消防車くんはそんなこと人生今までやったことがないので
「え〜」とか言いながら
でもやってみると
他の人には絶対真似できない「放水」が
自分だけにできて
火はめちゃうまく消せて
他の人からは「すげー」と言われ
「こんな快感はじめて!」みたいになって
自信がついていく。

これが才能が開く瞬間なのだ。

持って生まれた才能を使って
やろうと思ったことができたり誰かの役に立ったりすることで
「生まれてきて本当によかった!」という
魂の喜びを感じることができる。

この「魂の喜び」という原動力が
いわゆる「天職」のエンジンになっていくのです。

だから天職道に一歩でも入った人の言うセリフは決まっている。

「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけでも超幸せなのに
さらにお金💰までもらって本当にいいんですか?」

そう。

「持って生まれた才能を発揮できる場」があるだけで
人間はめっちゃ幸せなので
お金を払ってまでもその場を求めたいと思うものなのです。

なのに、逆にお金がもらえてしまうなんで
それはもう夢の世界である訳なのです。

【まとめ】

①持って生まれた才能を発揮できると「魂の喜び(=エクスタシーポイント)」を感じることができる。
②人というのは無意識にエクスタシーポイントを求めるように動いてしまう。
③が、条件がひとつでもズレたりするとエクスタシーポイントまで辿り着かない。
④持って生まれた才能を発揮できる条件(=天職道に入る条件)というのは複数あって才能の種類によって異なる。
⑤才能の種類と才能発揮の条件は40分インタビューの個人セッションでわかる。

おっとそういえば木曜日は照ママの朝陽を浴びる会。
照ママも才能学セッションを受けてなんと才能の種類が「太陽の女神様」。
ちなみに僕の才能の種類は「舞台人」。

それぞれの持って生まれた才能の種類は違うし、エクスタシーポイント(魂の喜び)も違います。
だけど共通しているのは「オープンマインド」というところ。
別の言い方をすれば「ぶっちゃけ本音トーク」ができるマインドというところです。
このオープンな場って本当に僕にとっては貴重。
先週は沖縄に行ってて僕は欠席でしたが、今週は参加しますよ〜。
asahi132
【朝陽☀️😊を浴びる会#132】
主催:照屋BAR(照ママ=照屋亜樹子)
日時:2018年7月26日(木)朝7時〜8:45まで。
場所:ロイヤルパーク汐留タワーホテル24Fラウンジ THE BARで開催。
内容:朝陽を浴びてお茶を飲みながら話をするだけ。
参加費:ご自身の飲食代のみ(例:コーヒー900円おかわり自由)
*参加予約必要なし、いきなり来ても大丈夫。遅刻早退自由です。
どなたでも参加できます。
http://www.rph-the.co.jp/shiodome/restaurant/bar/
*「折り句TV」に出演しました!

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。公立中学英語教師時代に生徒指導に悩んだことがきっかけで外部の多種多様なセミナーを受講、また学生時代から幾度となく訪れているニューヨークの多様性から大きな影響を受け「才能」と「天職」の研究をはじめる。学校退職後は世界放浪、いくつかの仕事を経て2007年に独立。才能学個人セッション、トップの才能から見た企業デザイン、人財育成コンサルティングなどを手がけている。もうひとつの顔としてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu(アラウォ・ドゥドゥ)を主宰。夏場は野外音楽フェスティバルなどで演奏活動をしている。精霊と共にその人の天命を降ろせるような太鼓奏者を目指している。自分が本当の自分と繋がって表現する姿を見せることで他の人とその人の本当の自分を繋げていくことが使命。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。
stones
【😊】いつも笑って生きていきたい。作り笑いじゃなく、喜びが溢れる笑顔で。

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.01】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの