本当にいいものを区別する「目利き力」を
持っている人って
実はほとんどいないのではないだろうか?
と思うようになってきた。

本当にいいものを買う。

どこで判断してるのだろうか?

たぶん
自分にとって気分がいいもの
を買ってるんだと思う。

例えばカバン。

色。
形。
肌触り。
軽さ。
デザイン。
あと価格。
そしてブランド名。

こういうところで
判断してると思う。

本当の「目利き力」がある人は
材質は何を使ってるか?
とか
縫製はどうなってるか?
とか
ブランドの奥に潜むストーリー
というところを見る。

だから
目利き力のない人は
簡単にパッチモンに騙される。

見た目は同じような感じでも
肝心の縫製の部分が全くダメだったり
本革じゃなく合成だったりして
すぐ破けてくる。

◆セミナーなども同じ

同じように
「あなたの才能を見つけて開きます!」
みたいなセッションって
最近めっちゃ多い。
(まさに才能学もそうだ!😱)

要は「見た目」は
どこも同じようなものになる。

ただ中身が本物のところと
偽物のところがある。

本物を見抜く目がない人は
「受けてみないとわからない」
ということになる。

目利き力がある人は
どこが本物かを最初から見抜くことができる。

「今まで受けた人の感想」をウェブサイトに載せてるところも多いが
偽物のところはそれが全てサクラ🌸である可能性だってある。

*先日のブログに掲載した「個人セッションの感想」はサクラではありません。ガチリアルで本物です。

◆本物を見抜く目を持つ方法

今までは
本物を見抜く目を持つ
ってめちゃ重要視していたけど
ほとんどの人は本物を見抜く目をもってないという結論に最近至った。

でも数少ない「本物を見抜く目」を持っている人もいる。

それはどういう人か?

本物と偽物の両方に触れたことがある人
になる。

要は「体験」なのである。

体験するには何が必要か。

「行動」なのである。

30代の頃、
成功哲学、スピリチュアル、宇宙人、心霊現象など
本当にありとあらゆるセミナーを受けまくって
そこで数少ない本物と多くの偽物に触れてきたからこそ
今の僕はある程度セミナー系に関しては本物と偽物を見抜けることが
できるようになったのだと思う。
IMG_20180802_122158
*たくさん食べ歩くと「本当に美味いもの」と「ふつうの味のもの」と「不味いもの」の区別がつくようになる。この「きなこアイス(鳥貴族)」は絶品。本当に美味いものは、口に入れた瞬間「う、うまああああ〜」と声が思わず漏れてしまうもの。「これおいしいよ。」って言われて食べてみたけど「ん?イマイチ...」というものだって多い。一番ダメなのは「不味いけどおいしいって言っとこ。」という本心の自分を裏切る態度です。

◆200の壁

ホーキンズ博士の「パワーか、フォースか」に出てくる人間レベルを
大きく2つに分ける壁がある。

200の壁。

200の壁を越えられない人は「行動しない人」になる。

行動しない人は行動せずに何をしているか?
「行動している人の批評」をしているのです。

行動しないから、体験できない。
体験できないから、本物に触れることができない。
だから簡単に騙される。

200の壁を越えている人は「行動する人」。
自分で決めてやってみてその結果を自分でフィードバックできる。
だから本物と偽物のどっちにも触れて
その違いを自分で確認することができる。

言うは易し。
この200の壁は厚い。

この壁を越えてきた僕が言うのだから間違いない。

*8/21(火)18:45〜21:30 講演します。「夢パワー、志パワーのメカニズムと活用法」2500円ドリンク軽食付き@ヘイズ銀座。お申し込みはフォームからお願いします。

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。公立中学英語教師時代に生徒指導に悩んだことがきっかけで外部の多種多様なセミナーを受講、また学生時代から幾度となく訪れているニューヨークの多様性から大きな影響を受け「才能」と「天職」の研究をはじめる。学校退職後は世界放浪、いくつかの仕事を経て2007年に独立。才能学個人セッション、トップの才能から見た企業デザイン、人財育成コンサルティングなどを手がけている。もうひとつの顔としてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu(アラウォ・ドゥドゥ)を主宰。夏場は野外音楽フェスティバルなどで演奏活動をしている。精霊と共にその人の天命を降ろせるような太鼓奏者を目指している。自分が本当の自分と繋がって表現する姿を見せることで他の人とその人の本当の自分を繋げていくことが使命。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。
*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.01】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの