使命論の視点から話をすると
僕が糖尿病になって
①薬を一粒も飲まず
②徹底した糖質制限と
③ロイヤルタヒチのノニピュア(100%ノニエキス)
で3ヶ月で
血糖値320⇨99
a1c 11.2⇨5.5
まで正常化させたことって
お前、糖尿病になって薬使わずにあっという間に治して見せろ。
糖尿病治療の常識を変えて新しいやり方を世に示せ。
そして糖尿病で絶望している人に伝えろ。
って神様に言われているような気がしてならない。

才能学カテゴリー「舞台人」の僕は
体験したことを舞台を通じて伝える
という使命的なものを持って生まれてきているので
ある意味仕方がない。

糖尿病からの復活劇に関して言えば
このブログが「舞台」ということになる。

◆「思い込み」や「無知」は怖い。

ずっと血糖値測定でお世話になっていたケアプロさん。
テレビのニュースで知ったのがきっかけで
最初は中野店に通っていたが閉店、
最後に残った登戸店も2019年3月に閉店との情報。
http://carepro.co.jp/

え〜困ったな〜とネットで調べて見ると
ケアプロと同じことができる薬局などが激増中だった。

全く知らなかった!

こうなってくるとケアプロさんはひとたまりもない。
閉店に追い込まれるの仕方がない。

ケアプロのa1c測定が2000円だが、
近所の薬局だと500円だよ〜!

その薬局の前を通って地下鉄に乗って
遠い登戸まで片道40分(往復約1000円)かけて行って
3000円+消費税(食前血糖値&a1c+食後血糖値)を払ってたわけですから。

前回のケアプロ登戸店 約4000円
今回の近所の薬局 1500円

勝負ありですね!

「サクッと血糖値が測れる場所はケアプロだけ」という思い込みや
新しい時代の流れや情報を「知らない」ということは恐ろしい。

そしてケアプロさんが型にして世に送り出した「良いシステム」は
広がりやすい形になって一気に広がるものなんですね。

*血糖値が測れる都内薬局の一覧がウェブサイトになっています。

◆さっそく行ってみる

さっそく自転車で5分ほどの薬局に行ってみる。

・空腹時血糖値を測るので朝ごはんは食べずに行く
10:10 薬局に到着
10:15〜35 空腹時血糖値とa1cを測定(結果はすぐ出る)
10:40 昼食場所に選んだ「とんかつ山家」に着くが誰もいないのでアメ横をぶらぶらする
IMG_20181005_130031
10:50 サラリーマンたちが5人並んでいたのでその後ろに並ぶ。僕の後ろにもう一人並ぶ。
11:00 入店。カウンターのみのお店。
サラリーマンたちは全員「ロース」を注文。僕は「上ロース」(推定糖質量100g)を注文。
僕の後ろに並んでいた人は「ロースのごはん半分」。
なんか自分だけ上ロースってめちゃ恥ずかしかった。
そしてそんなつもりはないのに「僕だけリッチな人」という優越感的空気が店内に流れる(笑)
11:07 カウンターが全部埋まって、ウェイティング状態に入る。
11:13 上ロース定食が出てきて食べ始める(食べ始めから30分後に食後血糖値を測る)
IMG_20181005_111228_1
11:20 食べ終わり勘定して店を出る。
11:25 カフェに入りチョコレートパン1個(推定糖質量50g)を食べる。
IMG_20181005_112654
11:38 店を出て再び薬局に向かう。
11:43 食後血糖値を測定

では結果発表。

食前血糖値111(126から糖尿病。2年前発症した時は320)
食後血糖値179(200から糖尿病)
a1c 5.3(6.5から糖尿病。2年前発症した時は11.2)

今回も完全勝利です。
ありがとうございます。

2年前からの流れで見ると
a1cは安定しているが血糖値が少し上昇気味。
次に測るときは
前の日の食事の糖質を減らしてみよう。

数値化して足元をチェックし続けることってめちゃ大事。

それにしても今本当に毎日糖質を100〜200g摂っても
全然大丈夫になった。
発病した時は絶望の淵に立たされていたのが嘘のようだ。
食べ物に左右されることなく楽しく旅もできる。
糖尿病を治せて本当によかった。

きっちり調べてg単位できっちりやりきって結果を出し続けている僕も偉いが
糖質制限の師匠市川さんと
ロイヤルタヒチの河野社長には
一生頭が上がらない。
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆概略

2016年1月上旬 ある症状が一気に出る(後でわかったが糖尿病5大症状が全部)
2016年1月17日 血糖値320 a1c 11.2 体重108kg 
(*食前血糖値126以上、a1c 6.5以上で立派すぎる糖尿病と診断される)

*1月中旬よりノニジュース(→糖尿病5大症状が全部消える)
*2月中旬より本格的に糖質制限スタート

2016年5月16日 食前血糖値 99  a1c  5.5  体重101.5kg (←数値正常化✨)
2016年8月18日 食前血糖値110 a1c  4.9  体重98kg
2016年10月14日  食前血糖値91     a1c ----   体重98kg
2016年11月18日  食前血糖値111 a1c  5.2  体重98kg

*12月下旬から糖質多めにとる。(1日130g以内目標)

2017年1月12日  食前血糖値107 a1c  5.2  体重98kg
2017年1月23日  食前血糖値93 a1c  5.2  体重98kg(区の健康診断)
2017年2月2日 食前血糖値91   a1c 5.3  体重98kg(1週間タイからの帰国後)
2017年2月16日  食前血糖値89  a1c 5.3  体重98kg
2017年3月10日  食前血糖値87  a1c 5.4       体重94kg (3週間ブラジルからの帰国後)
2017年5月8日 食前血糖値102 a1c 5.1       体重95kg  食後血糖値1時間後160(糖質量160g)
2017年6月9日 食前血糖値100 a1c 5.0       体重97kg 食後血糖値30分後147、1時間後106(糖質量121g)
2017年7月14日 食前血糖値91 a1c 5.2       体重97kg 食後血糖値30分後141(糖質量100g/カツ丼ダブル)
2017年8月24日 食前血糖値90 a1c 5.3       体重97kg 食後血糖値30分後154(糖質量100g/鰻丼大盛)
2017年10月30日 食前血糖値105 a1c 5.3       体重100kg 食後血糖値30分後141(糖質量87g/オムライス)

2018年1月12日 食前血糖値95 a1c 5.4       体重100kg 食後血糖値30分後118(糖質量60g/菓子パン2個)
2018年1月22日 食前血糖値105 a1c 5.2       体重99kg 食後血糖値30分後153(糖質量100g/カツ丼ダブル/1週間タイからの帰国後)
2018年3月12日 食前血糖値78 a1c 5.4       体重101kg 食後血糖値30分後154(糖質量160g/味噌カツ丼&フレンチトースト)
2018年5月8日 食前血糖値121 a1c 5.2       体重104kg 食後血糖値30分後148(糖質量100g/鰻丼大盛り)
2018年7月3日 食前血糖値107 a1c 5.5       体重103kg 食後血糖値30分後175(糖質量150g/カツ丼ダブル大盛り)
2018年8月28日 食前血糖値106 a1c 5.3       体重103kg 食後血糖値30分後169(糖質量150g/激辛からあげ丼大盛り)
2018年10月5日 食前血糖値111 a1c 5.2      体重103kg 食後血糖値30分後179(糖質量150g/とんかつ山家上ロース定食+チョコレートパン1個)
(*食前血糖値126以上、a1c 6.5以上、食後血糖値200以上、で糖尿病と診断される)

才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能(花の種類)を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)*自分と人と世の中を見つめる700の視点という武器を手にいれる。
(3)実戦で武器を使って才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。公立中学英語教師時代に生徒指導に悩んだことがきっかけで外部の多種多様なセミナーを受講、また学生時代から幾度となく訪れているニューヨークの多様性から大きな影響を受け「才能」と「天職」の研究をはじめる。学校退職後は世界放浪、いくつかの仕事を経て2007年に独立。才能学個人セッション、トップの才能から見た企業デザイン、人財育成コンサルティングなどを手がけている。もうひとつの顔としてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu(アラウォ・ドゥドゥ)を主宰。夏場は野外音楽フェスティバルなどで演奏活動をしている。精霊と共にその人の天命を降ろせるような太鼓奏者を目指している。自分が本当の自分と繋がって表現する姿を見せることで他の人とその人の本当の自分を繋げていくことが使命。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。
*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.01】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの