僕自身が
「どうせやっても...」という諦めムードの人たちの集団から
潜在意識的に抜け出したくて
努力してきた部分がある。
その「抜け出し感」がけっこう最高なので
他の人にも味わって欲しい!
と思って今の仕事をしているし、
毎日ブログも書いている。

つまり、
動きたいけど動けない、
というあたりの人を動かす、
ということがしたいのである。

こういうことをしたい人は
右脳系100%の人に多いな〜って思う。

才能学のクライアント様でも
右脳系100%の方々は
最高のコンテンツで
最高の変化を顧客にもたらすんだ!
っていう勢いでお仕事をされている。

ところが
左脳系100%の人や
両脳系だけど頭脳派の人たちは
動きたいけど動けない人たちを
動かさないまま満足させる
という手法を使っとるやんけ!
ってことに最近気付いてきた。

いわゆる「大人の少年ジャンプ」ってやつで
自分自身を変えるための具体的な行動はしないけれども
ジャンプを買って読むことで
登場人物になったような気分になれて
それだけで満足
っていうやつです。

ショックだわ〜。

◆西野氏もそのことは百も承知

あのキンコン西野氏(=頭脳派人間)にしても
次のようなことを言っている。
それは『国民の9割がROM専である』からです。(群馬流氷科学センター調べ)

「ROM専」というのは、「読んだ後に、行動を起こすわけでもない人」のことですね。
オンラインサロン界では、行動を起こさない人(プロジェクトに参加しない人)が、なんだか悪い人みたいな扱いを受けてしまうのですが、「国民の9割がROM専なんだから、ここを排除していたら、大きくなっていかねーだろ」というのと、「『プロジェクトに参加しろ!』『積極的に動け!』っていうけど、こちとら子育てで、まあまあ忙しいから!」という人だっていると思うので、ウチはROM専大歓迎。

西野氏が言う「ROM専」というのは
才能学で言う
①ホーキンズ博士の人間レベルの200以下の人たち(自信がなくて行動できない)

②今やっている仕事(例:子育て)で忙しくて今は行動できない人たち
ということになる。

夢見る人を
夢見させたまま
夢を実現させることなく
夢が実現した気分になるようなサービスを利用するのが
国民の9割
ってことやぞ。

なんかもうガックリくるのと
でも冷静に見たらそうだよな〜
って納得もする。

例えば昔60万円キャッシュで買った
成功哲学教材だけど
おそらく買った人の8割は
活用せずに終わっていると思う。

買っただけで成功者になった気分を味わえるのだ。

僕は教材を活用しまくって
目標を達成しまくった数少ない人間の
一人だった、という自負がある。

◆まとめ

ってことは、
マーケティング的に言えば
右脳系100%人間のターゲットは
「本気で変わろうとして本気で変わっていく人たち」であり
左脳系100%人間や頭脳派人間のターゲットは
「変わりたいと口では言うけど本気じゃない人たち」になり
前者が全体の1割で
後者が全体の9割ということになる。

なんだこれ😭

才能学は
「本気で変わろうとして本気で変わっていく人たち」、
つまり自己実現を本気でしたい人たちのためのコンテンツ。
(左脳系100%の人たちの中にも「心ある人」はいる!非常に少数ですが)

本気の人だけに来て欲しい。


左脳ワールド研究は続く。
IMG_20181011_052206
*時々自然の中(右脳ワールド)に行きたくなる。写真は奄美の加計呂麻島。レンタルバイクで3つのビーチを巡りましたが一番北のビーチはビーチからすぐ近くに大珊瑚礁群あり。「街から遠い=すごく綺麗な珊瑚礁がある」という公式は間違いなくある。(2018.6月)

才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能(花の種類)を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)*自分と人と世の中を見つめる700の視点という武器を手にいれる。
(3)実戦で武器を使って才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。公立中学英語教師時代に生徒指導に悩んだことがきっかけで外部の多種多様なセミナーを受講、また学生時代から幾度となく訪れているニューヨークの多様性から大きな影響を受け「才能」と「天職」の研究をはじめる。学校退職後は世界放浪、いくつかの仕事を経て2007年に独立。才能学個人セッション、トップの才能から見た企業デザイン、人財育成コンサルティングなどを手がけている。もうひとつの顔としてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu(アラウォ・ドゥドゥ)を主宰。夏場は野外音楽フェスティバルなどで演奏活動をしている。精霊と共にその人の天命を降ろせるような太鼓奏者を目指している。自分が本当の自分と繋がって表現する姿を見せることで他の人とその人の本当の自分を繋げていくことが使命。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。
*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.01】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの