「丸亀製麺」に初めて行ってきました。

「丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか(祥伝社)」を執筆された
小野正誉さんの出版記念講演に行ったときに
(これもスパルタ書道家の高宮華子先生にお誘いを受け)
購入した本を読んで
その本の帯についている無料試食券を使っての丸亀製麺初体験。
IMG_20181102_091603
*帯についてる「試食券」を使う時がついに来た!

丸亀製麺は自宅近くになくて
うどんといえば「はなまるうどん」だったのだが
講演会でお話を聞き
小野さんの本を読み終えて
これはいかねば、と機をうかがっていたら
なんと「上野中央通り店」ができているではないか!
ちょっと前にネットで調べたときにはなかったので
最近オープンしたんですね!(自宅から自転車で10分ほど。嬉しい)

さて場所は
上野中央通りに面したビルの1階なのですが
ちょっとひっこんだ場所にあったのでわかりにくかった。
一回通り過ぎてしまった💧

看板はローマ字。
ちょっとユニクロっぽい感じはするけど(笑)

京成電鉄の上野駅のすぐ近くなのでこれには土地柄を感じますね。
IMG_20181102_163501
外国人旅行者用の券売機がある。WOWですよ。
IMG_20181102_115758
さて入ってみましょう。

入り口を入ったところで
「うどん」を作っている職人さんがいました。
これが噂の製麺機かーと。
IMG_20181103_205601
そしてゆげが立ち上がるこの感じ。
IMG_20181103_160540
ここは現場だ!
って直感的に思いました。

この現場感は例えると
築地市場の喧騒に近いイメージ。
あっ、もう豊洲市場ですよね。

このでっかい釜で茹でられたうどんが
荷揚げされて
仲卸人によって競り落とされ
各注文のどんぶりに振り分けられている様は
まさに魚市場のエネルギー!

いかん、ちょっと前に見た
情熱大陸「築地マグロ仲卸人」の影響が抜けない。

何れにしても
なるほどこういうふうに出来立てほやほやが来るのか〜
という感じでした。

お店の中も雰囲気は、
なんていうか
とっても賑やか。
IMG_20181102_115622
*客席から見ても、店の中なのに、「店の外」みたいな賑やかな雰囲気がよいです。

何かに似てるな〜
なんやろーと考えていたら
ひらめいた。

浅草で言うと「仲見世」みたいな感じで
1年中お祭りやってる、って感じ。

いや、待てよ。
先日行ってきた浅草の鷲神社の「酉の市」の雰囲気にも似てる!

上野なんで下町を意識しているのでしょうか?(丸亀製麺の他の店、よく知らないんです)
IMG_20181101_183344
*毎年酉の市に出かけて熊手を新調します。2019も商売繁盛よろしくお願いします!

そして店の内装が賑やかしいだけではない。

お店の店員さんがみんな元気いいんですよ。
活気があるというか。
「いらっしゃいませー」とか
年配のおばさんが親子丼作りながら
声張り上げて言ってるんです。
上野のアメ横に雰囲気がちょっと似てますかね。

で、やみくもに元気がいいだけでなく
それがとっても感じがいいんです。

これは見かけだけの感じではなく、
内側から「やる気」とか「やりがい」があふれ出てる感じ
ですね。

本当にイキイキ✨しているというか。

小野さんの本の中に
「いろんな立場の人がそれぞれ頑張れる仕組みがある」
と書いてあったのですが
こういうふうになるものなのか!と思いました。

嫌々仕事をしている人がたぶん一人もいない。
この店員さんたちの溢れるエネルギーの感じは他の店では見ることができないですね。

この感じは、そう。
神輿を担いでるあのテンションに近いものがあります。
上野の近くに住んでいる店員さんが多いということなので
そういうのもあるのかな?と思ったり。

僕も浅草の三社祭で神輿を担ぐんですが
特に本社神輿は本当に重い。
だから本当にフルパワーで担がないといけないんです。

まさにお客様のために
みんなで神輿を担ぐぞ!(フルパワーでおいしいうどんを作るぞ!)
って感じに僕には見えました。

◆注文の仕方

最初にどの「うどん」にするか選ぶ。
無料券は「釜揚げうどん(並)」なのでそれを注文。
出てきたのが
桶(おけ)に入ったうどんだったのでちょっとびっくり。

いか天、鶏天、いなり寿司を選び
お会計で「無料試食券使えます?」って
聞いたら
「バーコードでピッとお願いします」
って言われて
ピッとしたら試食券は回収されず。
(でももう一回は使えないですよね)

無事「書籍@釜揚無料」とレシートに出ています。
IMG_20181102_163738
さて、ネギと揚げ玉が取り放題なのでたっぷりと。
IMG_20181102_115650
それではいただきます。
IMG_20181102_163619
写真を見ているだけで
「思い出しヨダレ」が出そうです。

うどんはいわゆる「コシがある」しっかりした感じでした。
ネギと揚げ玉を少し汁に入れてうどんを箸ですくい上げる。
不思議なことに、「ひとすくい」がちょうど汁椀に収まるくらいの量に
なっている!
これって絶対計算してるよね、
っていうくらい二度目、三度目もぴったり来る。

ネギと揚げ玉と汁とうどんが
ちょうど4回だったか5回だったか
そのスクロールで全部ピッタリとなくなりました。

これ絶対計算してるよね!!

なんだこの食べやすさは!

鶏天の肉はとろ〜り溶ける感じのやわらかさ。
いか天もうまい。
いなりは味も皮もシッカリしてるし量もある。

いやーこれはヤバい。

ふと横を見ると壁には讃岐の風景が。
IMG_20181102_115625
四国は学生時代にバイクツーリングで何度も行ったことがあるし、
そもそも僕の父方の故郷が丸亀なんです。

うどんに舌鼓を打ちながら
あの讃岐平野の中に佇む讃岐富士の絵を見ると
あ〜また四国に行きたいな〜
って思ってしまう。

学生時代に金刀比羅さんに行ったけど
あそこの階段を登って降りる間に
四国で出会った旅人の友達に何人出会ったことか、
なんてのも思い出した。

そうだ、四国へ行きたくなったら
まず上野の丸亀製麺に行こう!

そして今回は腹8分目くらいだったので
今度は大盛りを頼んでみよう。

皆さん、「小野さんの本を読んでから行く丸亀製麺」がいいですよ。

僕はそれまで丸亀製麺に行ったことがなく
まず本から入ったので
実際に丸亀製麺さんに行ったときは
「これがあの本の中に書いてあったリアル丸亀製麺か〜」と
まるでテレビの中でしか見たことがない芸能人に会えた時のような
感動がありました。

何度も行ったことがある方も
ぜひ本を読んで、内側のストーリーを知ってから行くと
全てが違って見えると思います。

「丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか(祥伝社)」小野正誉氏著
お買い上げはこちらから↓(電子書籍も近日発売だそうです)
ちなみに本に出てくる粟田社長(小野さんの上司に当たる)は本の中のいろんな語録から才能学カテゴリーでいえば「金運人」の可能性が高い。

そして丸亀製麺のことを先日の FBタイムラインに書いてたら
友人の広島で凄腕IT会社の社長をやってる「金運人」田淵社長がこんなメッセージをくれました。
(才能学のクライアント様でもあります)
スクリーンショット 2018-11-02 17.41.06
2008年頃の話だと思う。
僕は食べた記憶が消えているのでなんとも言えないのですが
kyo-1さんが言ってる「珠玉の出汁」ってどんなんだろう。。

ということで
ほぼ丸亀製麺初心者の僕としては
kyo-1さんの言ってる「企画モノうどん」も含め
ことあるたびに通っていこうと思いました。

はい。かなりコアな丸亀製麺ファンに
なりそうな勢いであるのと同時に
本を読ませていただき、その視点で
現場を体験させていただき、
とっても勉強になりました。

改めて小野さんとのご縁に感謝します。
本当にありがとうございます。

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。公立中学英語教師時代に生徒指導に悩んだことがきっかけで外部の多種多様なセミナーを受講、また学生時代から幾度となく訪れているニューヨークの多様性から大きな影響を受け「才能」と「天職」の研究をはじめる。学校退職後は世界放浪、いくつかの仕事を経て2007年に独立。才能学個人セッション、トップの才能から見た企業デザイン、人財育成コンサルティングなどを手がけている。もうひとつの顔としてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu(アラウォ・ドゥドゥ)を主宰。夏場は野外音楽フェスティバルなどで演奏活動をしている。精霊と共にその人の天命を降ろせるような太鼓奏者を目指している。自分が本当の自分と繋がって表現する姿を見せることで他の人とその人の本当の自分を繋げていくことが使命。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。

才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能(花の種類)を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)*自分と人と世の中を見つめる700の視点という武器を手にいれる。
(3)実戦で武器を使って才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com
*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.01】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの