才能学では
才能のカテゴリーは16あるとしている。

才能の種は
「それぞれの種が育つ環境下」で育つ。

桜の種が
桜がすくすく育つ環境(気温、湿度)の土に埋まると
放っておいてもそこから芽が出てやがて花が咲くが、
桜の種をエベレストの頂上に植えても
芽はまず出ることはない、というようなことです。

桜!エベレストでもがんばれ!
といくら叱咤激励したところで
物理的に無理なのがわかるでしょうか?

このミスマッチを見つけて
正しい環境へ種を植え直すことが
才能学の仕事です。

◆3つの仕事ゾーン

才能学には3つの仕事ゾーンというのがあり
16の才能カテゴリーは
そのどこかの仕事ゾーンでキチッと芽が出て花が咲くようになっています。

魂年齢で分かれた「3つの仕事ゾーン」。

新しい表現にしてみました。

①自分の夢を見て、人に夢を見せる仕事ゾーン(〜40歳)
②中今を生きる仕事ゾーン(40〜80歳)
③志を受け継いで志を未来に託す仕事ゾーン(80〜120歳)

ご自分はどれだと思いますか?
すごく大事なポイントは
魂年齢は今の人生の中で変わることはない
というところです。
10歳が80歳になったりしなくて
10歳はずっと10歳のまま、
ということです。

夢の種を持っている人は
夢ゾーンに属する仕事をすると
それが天職になる。
*夢の種を持っている人の代表は金運人

中今の種を持っている人は
中今ゾーンに属する仕事をすると
それが天職になる。
*中今の種の代表は女神様

志の種を持っている人は
志ゾーンに属する仕事をすると
それが天職になる、
ということです。

天職を得られると、
つまり
天職道に入るとすぐにわかります。

毎日がめちゃ楽しくなります。
「こんなに楽しいことやらせてもらえるだけで超幸せなのに
お金までもらって本当にいいんですか?」
みたいになります。

ところが
今までの研究によると
上記のようにスンナリ事が運んで
天職道に入れる人は
全体の10〜20%しかいません。

80〜90%が
次のような状況になっています。

①夢の種の人が
志ゾーンの仕事をすると
すぐに潰れます。

②夢の種の人が
中今ゾーンの仕事をすると
すぐにテンパります。

③中今の種の人が
志ゾーンの仕事をすると
反応がなくてつまんない、と言います。

④中今の種の人が
夢ゾーンの仕事をすると
アホすぎるわ、となります。

⑤志の種の人が
今中ゾーンの仕事をすると
いちいちやってられん、ってなります。

⑥志の種の人が
夢ゾーンの仕事をすると
面白くもなんともありません。

こういう違和感について
今の世の中ではほとんど誰も触れていません。

ここが才能の芽が出ない
かなり大きなポイントになります。

ゾーンの種は一人につきひとつしか持っていません。
2つも3つも持っていません。

そして
夢の種が志の種に変わったりするようなことは
絶対にありません。

IMG_20181104_234953

◆まとめ

企業で言えば
いわゆる適材適所のことです。

が、企業内で「本当の意味」での適材適所を
断行するのはめっちゃ難しい。
だいたい、いるメンバーでなんとかする
という形になっているはずです。

少なくともそれぞれが
3つのゾーンの中の自分のゾーンにハマりさえすれば
かなり離職率は下げられると思います。

そして...
夢とは何か
志とは何か
中今とは何か

これを理解する必要がありますが
定義は人によってバラバラです。

なので共通言語にする必要があります。
これについてはまた。明日書けるかな。

11/8新月 右脳人会いよいよスタート。

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。公立中学英語教師時代に生徒指導に悩んだことがきっかけで外部の多種多様なセミナーを受講、また学生時代から幾度となく訪れているニューヨークの多様性から大きな影響を受け「才能」と「天職」の研究をはじめる。学校退職後は世界放浪、いくつかの仕事を経て2007年に独立。才能学個人セッション、トップの才能から見た企業デザイン、人財育成コンサルティングなどを手がけている。もうひとつの顔としてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu(アラウォ・ドゥドゥ)を主宰。夏場は野外音楽フェスティバルなどで演奏活動をしている。精霊と共にその人の天命を降ろせるような太鼓奏者を目指している。自分が本当の自分と繋がって表現する姿を見せることで他の人とその人の本当の自分を繋げていくことが使命。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。

才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能(花の種類)を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)*自分と人と世の中を見つめる700の視点という武器を手にいれる。
(3)実戦で武器を使って才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com
*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.01】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの