人の役に立たないと
それは仕事ではない。

人の役に立つから
人はお金を払うのだ。

こういうロジックがあります。

このロジックは正しいけど間違いです。

覚えておいて欲しいのは「持って生まれた才能ゾーン」には3種類あって
すべての人はそのどれかに属するということ、
そしてそれをベースに仕事のスタイルを決めていくことが
すごく大事だということです。
*どの才能ゾーンになるかは才能学セッションでわかります。

①人のために自分に何ができるかな?
とダイレクトに考えて
直接1VS1で人のために動ける人もいれば、
昨日のブログで書いたように
②人のことは全く考えずに自分だけが得するような夢をもって
それに向かって頑張るんだけど、
なぜか結果としてそのことが後々人のためや世のために
なってしまう、
という人もいるということ。

そして
③人の役に立ちたいんだけど
どちらかと言うと
100年後の人類をどう救おうかと考えたり
何かモノや装置やシステムを作って
それを多くの人に使ってもらうことで人の役に立ちたい
という人もいるということです。

心配せずとも
どれも結果的に人のために(=世のため)なるようになっています。

①のスタイルは
魂年齢40〜80歳の
中今の種を持っている人。
②のスタイルは
魂年齢0〜40歳の
夢の種を持っている人。
③のスタイルは
魂年齢80〜120歳の
志の種を持っている人になります。
*魂年齢は人間レベルとは異なります。理解が少し難しいと思います。
例えば、夢の種を持っている人が
①のスタイルの仕事をしようとすると
うまくいかないし、やりがいも持てないということが
世の中たくさん起こっています。
いわゆるミスマッチというものです。

◆才能と人間性は別

良く混同されて迷ってしまうことのひとつが
仕事と人柄です。

よく利他の心を持とう
ということが言われます。

これが
人の役に立たない仕事だと人はお金を払わない
ということと混同されます。

利他の心はどちらかと言うと
人間性(人間レベル)の話です。

電車の中で杖をついているおばあさんに席を譲るとか
道を聞かれたら親切に教えて差し上げるとか
お腹が減ってる人がいたら、食べ物を分けてあげるとか
財布を拾ったら交番に届けるとか
そういうことができることが
大事だという理解でよいのです。
こういうことは
どんな仕事をしてても誰でもできるじゃないですか。

逆に人を仏の道に導く寺の坊さんが
暴利を貪っていたり
人を教育する教員が
子供をレイプしたり
というようなことが起こります。
世のため人のためという善人の皮をかぶった
悪魔(ダークサイドに堕ちた)だと言えます。

これは人間性が低い
ということに他なりません。
ホーキンズ博士の人間レベルでは200以下であり
六道四聖では
地獄道(怒り)、餓鬼道(欲)、畜生道(人の道を学ぼうとしない)、修羅道(戦い)
になります。
*才能学ではスタートアップコースの中の次元論の範疇になります。

つまりどんな仕事をしていても
人間性の高い人もいれば低い人もいる
ということなのです。
IMG_20180911_074718

◆まとめ

世界の人が日本に来ると
声をそろえて言う事がいくつかありますが
その中の代表例が
親切
ということです。
まさに「利他の心」です。

この「親切が普通」という文化や民度は
世界に広げていく価値があるし
その責任が日本人にはあるように思います。

明日11/8新月、右脳人会スタートします。
明日の「朝陽を浴びる会」でも右脳人会について説明します!
asahi147
【朝陽🌞を浴びる会#147】
日時:11月8日(木)朝7時〜8時45分くらいまで
場所:ロイヤルパーク汐留タワーホテル24Fラウンジ THE BARで開催。
内容:朝陽を浴びてお茶を飲みながら話をするだけ。
参加費:ご自身の飲食代のみ(例:コーヒー900円おかわり自由)
*どなたでも参加できます。参加予約必要なし、いきなり来ても大丈夫。遅刻早退自由です。
http://www.rph-the.co.jp/shiodome/restaurant/bar/

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。公立中学英語教師時代に生徒指導に悩んだことがきっかけで外部の多種多様なセミナーを受講、また学生時代から幾度となく訪れているニューヨークの多様性から大きな影響を受け「才能」と「天職」の研究をはじめる。学校退職後は世界放浪、いくつかの仕事を経て2007年に独立。才能学個人セッション、トップの才能から見た企業デザイン、人財育成コンサルティングなどを手がけている。もうひとつの顔としてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu(アラウォ・ドゥドゥ)を主宰。夏場は野外音楽フェスティバルなどで演奏活動をしている。精霊と共にその人の天命を降ろせるような太鼓奏者を目指している。自分が本当の自分と繋がって表現する姿を見せることで他の人とその人の本当の自分を繋げていくことが使命。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。

才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能(花の種類)を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)*自分と人と世の中を見つめる700の視点という武器を手にいれる。
(3)実戦で武器を使って才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com
*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.01】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの