にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

アスリートと元アスリートが集まって
ビジネスの勉強をする「アスト会(ATHT会)」の忘年会に
呼んでいただき行って来ました。
ATHT

きっかけは夏に湘南で一緒にビールを飲んだ神藤さんです。
神藤さんがこのアスト会を2000年にスタートさせて
今は元日本代表の米澤夫妻が代表をしています。

アスト会の定義するアスリートの条件というのが
あるのです。

アスリートの定義
:学生までアスリートだった人は除きます。
 (強化選手等で就職に苦難した方を除く)
プロ、実業団、日本代表レベル、世界一・日本一を目指してきた
学生を卒業してまで競技・プレーして(いる)きたアスリート

一応、空手の組手選手としてはぎりぎりアスリートか?
という感じ。。

僕のアスリートとしてのキャリアを振り返ってみると次のようになります。

*中学高校は陸上部。
①大学1年から大学の体育会ではなく町道場で国体出場を目指して空手を始める。
②4年生の時、県大会で優勝、北海道国体に出場。
③5年生の時、県大会で優勝、福岡国体に出場。個人・団体ともベスト16。全日本選手権に出場。
④日本一を目指し始める。
⑤6年生の時、県大会で優勝、石川国体出場権を得るも秋からアメリカ留学が決まり国体出場は辞退。
⑥アメリカ留学先で地元のテコンドーの道場に通う。
⑦帰国してすぐに受けた教員採用試験に合格。
⑧教員1年目、なぜか少林寺拳法部の顧問に。空手の西日本の大会に出場。
⑨教員2年目、なぜか柔道部の顧問に。空手の西日本大会に出場、個人ベスト8、団体準優勝。
柔道部顧問を8年。京都で優勝、全国大会へ導く。
37歳の頃、ケニア(アフリカ)のスラムの小学校で空手を教える。
同じ頃、タンザニア(アフリカ)の柔道教室でアフリカ人たちと1ヶ月一緒に練習する。
(主宰は僕が最も尊敬するカクメイジこと島岡強さん。タンザニア代表選手もいた。)
39歳の頃、セネガル(アフリカ)の海岸でセネガル相撲チームと対戦。3戦3勝。これが引退試合。
40歳の時、ブラジルでカポエイラに出会うも、実践せず。もっと若い頃に出会いたかった。

才能学カテゴリーの中に
「アスリート(右脳系100%)」というのがあります。

僕はこのアスリートの隣の「舞台人」だったのです。

比較的近いので
僕もスポーツは得意で大好きだったけど
最終的にはやはり
エンターテイメントの方向に引っ張られますね。

で、40歳ブラジルで出会った
アフリカ系ブラジルパーカッションに衝撃を受けます。
帰国後そのチームを作って来年で13年目。
現在はメンバー70名、日本でトップ3に入るチームになっています。

でもブラジルの現地のチームの人達の体つきや運動神経やパフォーマンスを見てると
間違いなく「全員アスリートレベル」なんですよね。

そういえば、数年前に出演した青山まつりの「スポーツパレード」で
なんとか賞をもらったことがありました。

ブラジルパーカッションは音楽でエンターテイメント性もあるけど
限りなくアスリートの要素もあるのだと思います。

2010年にブラジルに行った時に僕が撮影した映像がこちら。


アスト会で出会った皆さんは
現役の日本のトップの方もいれば
少し前までプロ野球選手だった方もいれば
ラグビーで元全日本の方や
空手で40代になった今も県大会でベスト4に入るような方など
本当にすごいキャリアの方々ばかり。

でもなぜかどんな話をしても話が合う。
これがアスリートとして一度はNO.1を目指してきた空気感を
共有してきたということなのかな、と。

僕のキャリアの一側面に
再び光が当たったような感覚にさせてくれたのが
このアスト会でした。

最後に神藤さんからのメッセージを載せておきます。
趣旨に賛同して一緒にやりたいというアスリート、元アスリートの方がいらっしゃいましたらぜひご連絡ください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

ATHT会、日々ビジネスの勉強をしているアスリート仲間との忘年会です。
アスリート仲間のエネルギーは本当に素晴らしいです。「アスリートの力をビジネスへ!」更に活かして欲しいと願います。
昨夜もラグビー、ラクロスなどの元日本代表や2020オリンピックを目指す現役アスリートや様々な競技経験者が集まりました。2時間半飲み放題の店に4時間居ました(笑)それでも話は尽きません・・・まるでひとつのチームのようでした^^

2000年にアスリートのビジネス勉強会を始めて19年目になります。
現在は元日本代表コンビ米澤夫妻( 米澤 穂高 (Hotaka Yonezawa) 米澤 恵里 (Eri Yonezawa)が主催に加わって頂きアスト会を引っ張ってくれています。
アスリートのキャリアづくりは早くて悪いことも遅くていけない事もありません。
スポーツ(アスリート)の重鎮の方とお話をすると最後は必ずキャリアの問題になるのです。しかし具体的に学ぶ場所が無いのです。

これまで400人近いアスリートから個別にキャリア相談を受けてきました。抱える問題は人それぞれですが、類似している問題もまたとても多いのです。アスリートならではの学び方があります。

現役アスリート&引退後のアスリートの前向きな勉強仲間の参加を期待しています。アスリート同士の繋がりと絆を深めて行きながら、豊かな人生を歩む土台作りをしに来てください。

毎月開催しています。
新年のスタートは1月29日(火)19時~です。

47681123_959657987576495_5001028811014275072_o

金運人会・右脳人会の募集が始まっています。

◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。公立中学英語教師時代に生徒指導に悩んだことがきっかけで外部の多種多様なセミナーを受講、また学生時代から幾度となく訪れているニューヨークの多様性から大きな影響を受け「才能」と「天職」の研究をはじめる。学校退職後は世界放浪、いくつかの仕事を経て2007年に独立。才能学個人セッション、トップの才能から見た企業デザイン、人財育成コンサルティングなどを手がけている。もうひとつの顔としてアフリカ系ブラジルパーカッションAlawodudu(アラウォ・ドゥドゥ)を主宰。夏場は野外音楽フェスティバルなどで演奏活動をしている。精霊と共にその人の天命を降ろせるような太鼓奏者を目指している。自分が本当の自分と繋がって表現する姿を見せることで他の人とその人の本当の自分を繋げていくことが使命。7次元舞台製作プロダクション銀座七海人代表。

才能学コンサルティングの各ステージ✨
(1)持って生まれた自分の才能(花の種類)を知る(天職16分野パーソナルチェック
(2)自分の才能の特徴と活かし方を理論的に学ぶ(スタートアップコース①UD16特殊能力論②右脳左脳論③次元論)*自分と人と世の中を見つめる700の視点という武器を手にいれる。
(3)実戦で武器を使って才能を開花させる(才能学メンタルトレーニングコース)
詳しくは日本才能学研究所オフィシャルウェブサイトまで
http://sainougaku.com
*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ
FBページTwitterInstagramあります。

✨✨✨【生き方4.01】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ