【才能学イベント情報2019年版】
6/13(木)朝陽を浴びる会 #178 詳細はこちら
6/14 第4回神楽坂アジサイ路地裏散歩&ランチツアー(定員5名・残席1)詳細はこちら
6/15 第2回才能学MIXおしゃべり会「昭和すき焼き」(定員10名)*満員御礼
6/23 第3回オンラインサロン金運人会リアル会(第3期会員募集中)
6/30 第2回オンラインサロン女神会リアル会(第2期会員募集中)
8/25 第3回オンラインサロン右脳人会リアル会(第3期会員募集中)
*才能学公式ウェブサイトhttp://sainougaku.com

---vol.1856---

僕はほんわかしているように見えると人からはよく言われるが
実は「人を観る目」は人一倍厳しい。

プライベートで一番最初に人と会った時に
自動的にチェックすることがいくつかあるけど
そのうちのひとつは
「この人は話を聞ける人かどうか」ということ。

◆人の話を聞ける人、聞けない人

人の話を本当の意味で聞ける人というのは
10人に一人くらいしかいない。

ほとんどの人は人の話を聞いているようで聞いてない。
人が話しているときに、次に自分は何を話そうか、というのを
必死に考えていたりする。

「俺の方が話題豊富なんだ」ってのを自慢したいというか
勝ち負けの世界にいるような人も多い。

僕自身は「体験の数」や「体験した業界の豊富さ」ではまず人には負けないという自信があるし
どんな体験も消化して「智慧」になってるので人に「笑い話」として話せるようになっている。
等身大だし自然体であるとも言える。
ハッキリ言えば「横綱相撲」です。負けません。(勝ち負けじゃないって言ってるのに...笑)
自分の話をブログにもよく書けるというのはそういう理由から。
だから「力んでいる人」はすぐにわかる。

僕の場合は人の話を聞くのが仕事になっているので
だいたいプライベートの場でもどうしても「聞く側」にまわることが多い。
だけど、そんな僕がつい話をしてしまう人というのが時々いらっしゃる。
「聞いてくれている」「受け止めてくれている」と感じるからついつい話してしまうんでしょうね。

◆人としての在り方に意識が向いてる人、向いてない人

話は戻って
あと、チェックすることとしては
才能学の
①右脳左脳論
②次元論
の本質を知ってる人かどうか
というところです。

これを知らない人は
感情のコントロールや
人としての在り方に関してほぼ興味がない「お子ちゃま」である場合がすごく多い。

右脳左脳論や次元論のセッションを受けてなくても
今までの経験からその本質を学んでいる人は
素晴らしい人間力をお持ちなのです。

◆人を紹介される時、人を紹介する時に気をつけていること

仕事上、いろんな人を紹介されます。

嬉しいご紹介というのは
「長い間一緒に仕事をしてきて信頼してる人ですよ」
という感じのもの。
「人となり」をお互いに十分知り尽くしているってことじゃないですか。
これは信用できる。

特に「一緒に仕事をしたことがある」というのが大事。
友人としてはいい関係であっても
一緒に仕事をすると全然ダメじゃんこいつ!っていうケース
僕もめちゃありますから。

一緒に仕事をするためには
志が同じとか、時間やルールを守れるとか、
コミュニケーションが円滑であるとか、
お金に関してキッチリしてるかどうかなど
かなりの「人間力」が問われるからです。

一方、めっちゃ神経を使うご紹介の代表例は
①「昨日飲んでて友達になった人です」とか
②「当時は全然話したことがなかったけど同窓会で20年ぶりに出会った人です」とか
③「とある会で一度ご一緒したことがある人です」とか
④飲み屋をしている人などが「長年通ってくれているいいお客様ですよ」など。
経験上、最終的に困ったことになった場合も多い。

要は「相手の本質がわからないままのご紹介」。

これは怖い。

これも過去の経験からだけど
「同じ職場で月〜金9時から5時まで仕事をしている人」であっても
「半年」は「ネコをかぶる」ことができる。
つまり「いい人」を演じることができるということだ。

だけど半年を過ぎると「ほころび」が見え始める。
「ん?なんか変だな」っていう言動が見え始めるのだ。
僕はそういうのを発見する直観力がめちゃ強い。

その時に、例えばその人間が組織の中枢に入っているようでは
非常にマズイことになるのである。

だから僕の太鼓チームでは
新人メンバーは1年は「仮メンバー」にして
その言動をじっくりとチェックしてからじゃないと
正メンバーにしないようにしている。
1年間はオンラインのメンバーズページにも入れませんよ。

そういう意味では僕の場合
大学の学生寮で共に過ごした仲間ってのはめちゃ信頼できる。
利害関係が全くなく、お互いを曝け出して
相手のいいところも悪いところも全部わかった上で一緒に暮らしてきた
ということだから。

人って根本的な部分ってそう簡単に変わらない訳です。

才能学セッションを受けてくださる方にも
実は2種類あります。

生まれ持った才能を活かしたい、自分のこの世での使命を全うしたい、
と考えていらっしゃる方と
「今の自分を正当化して欲しい」と考えている方です。

前者の方は、それだけで信頼できますので、僕も友人に紹介できます。仕事も紹介できます。
でも後者の方は、無理ですね。

セッション代が安かった(数千円台)時代は後者の方が圧倒的に多かった。
でもセッション代が上がるに従って前者の人が増えてきたし
人間的にも素晴らしく社会で活躍されている方ほど
「才能学の本質と価値を理解していただける」という傾向も明確になってきました。
IMG_20190604_145827
*人は地球を共有しながら自分だけの世界を作っている。自分の波長に合う人が自分の周りに集まる。だから「人を理解するにはその人の友人を見ろ」と言われるのですね。


「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら
【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
NEW「天職9分野オンラインセッション」の詳細についてはコチラをご覧ください。

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。詳しいプロフィールはコチラ

*「折り句TV」に出演しました!

*茶瞳庵対談をさせていただきました。

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ

✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ