【才能学イベント情報2019年版】
10/24(木)朝陽を浴ビール会 #197 詳細はこちら
*金運人のパートナーを開花させる方法セミナー(計画中)
*顧客心理講座(計画中)
*左脳人を理解する講座(計画中)
12/8 第4回オンラインサロン右脳人会リアル会
12/2 第4回オンラインサロン女神会リアル会
10-11月頃 第4回オンラインサロン金運人会リアル会
11/23 才能学オンラインサロンMIXパーティー2019(オンラインサロン会員限定)
才能学公式ウェブサイトhttp://sainougaku.com

---vol.1987---

世の中にはすごい人たちがたくさんいますね。

いろんなすごい人たちのFBを見たり
ウェブサイトを見てばっかりいると
流石に落ち込むこともあります。

だけど今すごい人たちも
昔は普通の人で多く失敗を重ねてきたと言います。
(例外もあるでしょうが)

何れにしても
ある時、勇気を持ってスタートして
それを10年20年とやり続けるだけで
結果としてサバイバルゲームに勝つ形になります。

理由は
実際、ほとんどの人が
何もしないか、
10年もやり続けないからです。

特に「続ける」という意味では
才能学のそれぞれのカテゴリーの「エクスタシーポイント」が
得られるようなコンテンツを選ぶことが
とっても大事。

エクスタシーポイントを得られるっていうのは
「もうこれ以上何もいらない」
とか
「今死んでも後悔しない」
とか
そういうレベルの「人生の喜び」を得ることと同等になります。

続けることの最強のモティベーションです。

さらに、エクスタシーポイントゾーンに入ると
スピ系っぽく言えば
神様の後押し
が必ず入ります。

例えば最近よく出てくる金運人。
金運人が夢を語ると
金運人も夢が語れて嬉しいし
周りにいる人も夢を手伝えて嬉しいし(→神様の後押し)
事業になることでいい商品が世に出てみんな喜ぶし(→神様の後押し)
と自動的に三法よしになるんですね。

ところが
金運人が「困ってる人を助けたい」などと言うと
本人の言葉にもエネルギーが宿らないし
周りにいる人も「はー?何言ってんの?」ってなるし
下手に助けられた人は逆に迷惑するんです。

嫌ですよ。金運人が
あなたを助けたいの!
って言うから
じゃ助けて、ってなっても
自分の気が済んだら金運人は
もう知〜らない
ってなるんですから。

一番助けて欲しくないです。

助けてくれるなら
俺は嫌なんだけど天が助けろと言ってるから仕方なく助けるんだ
くらいの人(魂年齢60歳以上&人間レベル200以上)に助けて欲しいです。

◆「好き」と「才能」と「キャリア」を使う

僕は右脳100%の舞台人カテゴリーなのですが
舞台人の才能を使わない仕事は今までどれもうまく行かなかったし
舞台人の才能を使ったことは神様の後押しがめちゃありましたね。

今年13年目のブラジルパーカッションのバンドは
現在登録70名で同ジャンルでは日本トップ3に入るバンドに成長しました。
成長させようなんて全く思ってなかったし
まさか13年続くとも思ってなかったし
有名ビッグ野外フェスで演奏できるなんて全く想定外でしたからね。

ホント、自分ではほとんど努力してないです。
なぜかと言うと好きで才能があることなので
努力しているという感覚が全くなく、
本当に遊んでる、っていう感覚ですねー。

だけどもちろん
いろんな人がいろんなところで協力・応援してくれています。
これってまさに神様の後押しと同じだと思うんですね。
「人の協力や応援」って間違いなく神様の後押しです。
もっと言えば「人=神様」であるとも言えます。

スピ系の言い方をすると
あの世で
「東京でブラジル太鼓やるから助けてね」
「わかった」
みたいに約束してきた人(=魂)たちが
協力してくれてるんだという表現もできるかもしれません。
(あっ、時々そういう神様(=いい人)のふりをして策略で近づいて来る人もいたりしますが)


あとチーム運営は教員時代のクラス運営や部活動運営の経験が生きてます。
いわゆるキャリアですね。

才能学は研究は20年以上になりますが
本格的に仕事としてスタートしてもうすぐ5年目に入ります。
おかげさまで多くの素敵な方々にご縁をいただいています。

クライアント様が
自分の才能を生かしてエクスタシーポイントに入ろうとする瞬間とかめちゃ好きですね。
舞台人のエクスタシーをちょっといたずらっぽく言えば
才能の落とし穴に嵌めたいのですw
「えーーーっ、なんでこんなにうまく行くのーーーーー?」
みたいにびっくりしてるところを見たいですねw

才能学。
10年続けた後の景色がめっちゃ楽しみです。
皆様今度ともよろしくお願いします。
------
さて今週もやります朝陽を浴びる会。
集まる方々が素敵すぎるので毎回「上質な雑談」が展開されています!
僕は10:30頃までの滞在となりますが奮ってご参加ください。
コーヒーじゃなくてもビール飲んでも大丈夫ですよーw
asahi197
【朝陽🌞を浴びる会#197】〜自分らしく自分の道を歩く〜
日時:2019年10月24日(木)朝7時〜8時45分くらいまで
場所:ロイヤルパーク汐留タワーホテル24Fラウンジ THE BAR
内容:朝陽を浴びてお茶を飲みながら話をするだけ。
参加費:ご自身の飲食代のみ(例:コーヒー900円おかわり自由)
・自分らしく自分の道を歩いている、歩きたい方ならどなたでも参加できます。参加予約必要なし、いきなり来ても大丈夫。遅刻早退自由です。
・ホスト:七條正(基本9時頃解散です。その後1〜2時間ほど個人的に現地に滞在することもあります)
・フリートークの交流会の場ですがお互い敬意を払っての交流をお願いします。
・才能学を受けた方が多くいらっしゃいます。才能学についていろいろ聞きたい方はぜひ。
・参加者ご自身のビジネスやイベントの紹介、プレゼントなどをしたい場合には主催者まで事前にご相談ください。
・当会をナンパ目的、セクハラ、宗教勧誘、ネットワークビジネス勧誘、犯罪行為への勧誘などの場として利用するような場合、ラウンジでの目に余る態度や言動、その他名刺交換後のしつこい勧誘など主催者が不適当だと判断した場合は参加をお断りさせていただく場合があります。過去に起こったこともありますので、それらしい人がいた場合は主催者に通報お願いします。
・お友達をご紹介していただく際には上記の内容を十分告知の上お願い致します。


◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。詳しいプロフィールはコチラ

*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ

✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ