【才能学イベント情報2019年版】
10/24(木)朝陽を浴びる会 #197 詳細はこちら
*金運人のパートナーを開花させる方法セミナー(計画中)
*顧客心理講座(計画中)
*左脳人を理解する講座(計画中)
12/8 第4回オンラインサロン右脳人会リアル会
12/2 第4回オンラインサロン女神会リアル会
10-11月頃 第4回オンラインサロン金運人会リアル会
11/23 才能学オンラインサロンMIXパーティー2019(オンラインサロン会員限定)
才能学公式ウェブサイトhttp://sainougaku.com

---vol.1989---

昨日の続きです。
さてそんな小野さんのトークライブですが
前半はどうやって3冊目の本を出版するに至ったかという話で
後半は新刊の内容についてでした。




正直な感想を書くと
前半はよくわかって面白かったのですが
後半がなんか全然頭に入ってこなかったのです。

なんだこれは?どういうこと?
と考える間もなくトークライブは終了。
本のサインタイムに入って
みんなで写真を撮って
みんなで懇親会へ行って
しこたま飲んで食べて話して
って感じでトータルでめちゃ楽しかったのです。

トークライブの中で
最も印象に残ってるのは「編集者さんとのやり取り」の件。

どんな表現だったか正確には忘れました...

「著者」というのは想いが熱い。
濃いうどんの汁みたいでそのままだと飲めないんだけど
著者はそれがわからない。
それを編集者の方は
他の人が美味しく飲めるようなレベルまで
濃い汁を薄めたり味を整えたりしてくれる
すごくありがたい存在なんです。


...みたいな話だったと思います。
(うどんの汁じゃなかったと思うんだけど)

なんてマイルドな表現なんだ、って感動✨しましたね。

僕は実は才能学の出版のお話を去年いただいて
ある敏腕編集者の方をご紹介いただきお話しさせていただいたのですが
なんと「スパルタすぎる左脳ワールド」の洗礼を受け
それをなかなか腑に落とすことができないでいたのです。

なぜか?

なんでもその敏腕編集者の方は
「いい本よりも売れる本」
とハッキリおっしゃるのだ。

コンテンツ命の右脳人からすると
この発言は「はー????」となる。

要はコンテンツを薄めてしまう、ってことになって
薄めたら本物コンテンツじゃなくなるじゃん!
っていう風に感じたのですね。
最初はもう「怒り」「呆れ」「やっぱり左脳ワールドか...」でしたね。
(今となってはお恥ずかしい。。。)

だけど、
実際初版5000部の出版にかかるお金は全て出版社が出して
初版が全部売れて利益はようやくプラマイゼロ。
重版がかかってからやっと出版社の利益になるという現実があるという。
ってことは初版が全部売れない本だと出版社は赤字。

そりゃ出版社側としては売れる本を作るのが必須だってのがわかる。
(僕は、いい本で売れる本を書きたいですね。世の中の常識を変えるような本を。)

そういう出版社の事情を理解することで
徐々に僕も納得できるようになっていったのです。
でも納得するまで半年くらいかかったかな(汗)
右脳人が左脳ワールドを理解するのってそれくらい時間がかかるものであり
それを今右脳人オンラインサロンの中でもやっているんですが
理解に時間がかかるのはある意味仕方ない。

しかし、そこんところの話を
小野さんはなんとマイルド
相手にわかりやすいように話されるのかとめちゃ感動しました。
IMG_20191023_132219
*本の帯についてた無料試食券で食べてきました。久しぶりに食べたのですがなんか出汁がめちゃ美味くなってたような気がしました。

◆新刊を読んでみました

さてそんな小野さんの新刊を読んでみましたよ〜。
今回の本は1ページ内の文字数が少ない=余白がめちゃ多い
という印象であっという間に読めました。

ところがですね、、、
なんか今回の本は
内容が全然頭に入ってこないんです。
そんなはずはないけど、なんかバランバラン?って感じで。
そしてこれはトークライブの後半に感じた
あの違和感と同じ種類のものだと直感的に思ったのですね。
ところが本の後半に入るとこれがまためっちゃ面白い。
ビシバシ手応えがあってどんどん頭に入ってくるのです。

読み終わって、これ、どういうこと?
と頭が「?」になってたんですが
解決したかったのでもう一度読んでみたのです。
今度は大事な箇所を全てノートにメモる形で。

それを俯瞰してみた時に
いくつかのことが明確に理解できたのです。

それは....次回の最終話で書きたいと思います。

------

asahi197
【朝陽🌞を浴びる会#197】〜自分らしく自分の道を歩く〜
日時:2019年10月24日(木)朝7時〜8時45分くらいまで
場所:ロイヤルパーク汐留タワーホテル24Fラウンジ THE BAR
内容:朝陽を浴びてお茶を飲みながら話をするだけ。
参加費:ご自身の飲食代のみ(例:コーヒー900円おかわり自由)
・自分らしく自分の道を歩いている、歩きたい方ならどなたでも参加できます。参加予約必要なし、いきなり来ても大丈夫。遅刻早退自由です。
・ホスト:七條正(基本9時頃解散です。その後1〜2時間ほど個人的に現地に滞在することもあります)
・フリートークの交流会の場ですがお互い敬意を払っての交流をお願いします。
・才能学を受けた方が多くいらっしゃいます。才能学についていろいろ聞きたい方はぜひ。
・参加者ご自身のビジネスやイベントの紹介、プレゼントなどをしたい場合には主催者まで事前にご相談ください。
・当会をナンパ目的、セクハラ、宗教勧誘、ネットワークビジネス勧誘、犯罪行為への勧誘などの場として利用するような場合、ラウンジでの目に余る態度や言動、その他名刺交換後のしつこい勧誘など主催者が不適当だと判断した場合は参加をお断りさせていただく場合があります。過去に起こったこともありますので、それらしい人がいた場合は主催者に通報お願いします。
・お友達をご紹介していただく際には上記の内容を十分告知の上お願い致します。


◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。詳しいプロフィールはコチラ

*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ

✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ