【才能学イベント情報2019年版】
11/14(木)朝陽を浴びる会 #200 詳細はこちら
*NEXT→当たるコンテンツ講座(計画中)
*金運人のパートナーを開花させる方法セミナー(計画中)
*左脳人を理解する講座(計画中)
*ルフィ式成功論(計画中)
12/8 第4回オンラインサロン右脳人会リアル会
12/2 第4回オンラインサロン女神会リアル会
12/1 第4回オンラインサロン金運人会リアル会
11/23(土) 才能学オンラインサロンMIXパーティー2019(オンラインサロン会員限定)
才能学公式ウェブサイトhttp://sainougaku.com

---vol.2004---

昨夜はお酉さんで熊手を新調してきました。

ビジネスをしてると1年に節目が何回かありますが
お酉さんはその一つですね。

来年の展望を年末に向けて設定していく時期でもありますし。

この1年を振り返って見ると
今年はリアル会をたくさんやったなー
ってのがありますね。
IMG_20191108_094446

①朝陽を浴びる会

1月から照ママのご家庭の事情により照ママから「朝陽を浴びる会」を引き継いで
毎週木曜日の朝に汐留に通いました。
最初はちょっとキツかったけど
5月くらいから代打ホストを頼めるようになって
かなり楽になりました。
asahi191
asahi190
イチロー社長、ますみさんには複数回、駒谷さん小池さんにも代打ホストをしていただきました。感謝!

今年は沖縄にも通いました。(結構頑張って通いました)
いつもならスケジュール的に木曜は外してたんですが
今年は台風が来たり天気が悪かったりでリスケジュールが結構ありました。
その時にどうしても木曜がかぶってしまっていたので
そこで代打ホストを頼むことができてよかったのです。
Screenshot_20190726_025027
*慶良間諸島渡嘉敷島の珊瑚礁。今年はいいポイントたくさん見つけました。

朝陽を浴びる会は途中色々あって
コンプライアンスを設定することになってしまいましたが
やはり自分が主催してるので
場の空気が悪くなることは避けたいです。
素敵な方々と素敵な時空間を作って行きたいです。

来週11/14は照ママと僕と合わせて4年、200回目の節目の会です。
ケーキをお祝いとして皆様に振る舞いますのでぜひ遊びに来てくださいね。

②才能学オンラインサロン

才能学オンラインサロンは今年の大きなチャレンジでした。

女神会
金運人会
右脳人会
の3つを稼働させました。

クローズドのオンラインサロンは
毎日やりとりができますが
極みは「リアル会(3ヶ月に1回ペース@銀座サロン)」です。

同じ才能の種類の人に出会う体験って
やはりめっちゃ刺激的だし
右脳人にも5種類、
金運人と女神様にもそれぞれ2種類あるので
その微妙な違いを理解して
自分を理解する、ということができるのです。

リアル会ではそれぞれのメンバーに話もしてもらうんですけど
右脳人会のメンバーはコンテンツの中身の話しかしないですね。

自社の製品をどう作っているのか
とか
ここにこだわってる!
とか
このパフォーマンスはこういう意識でやってる
とか
この治療のメカニズムはこうで、、、
とか(笑)
で、話を聞くとその良さがめちゃわかるので
その製品欲しい!とかになって
その場でビジネスが動いてしまうんですね。
これは本当に右脳人会の特徴でしたね。

一方、金運人会になると
5秒に一度大爆笑
って感じ。これ本当にそうなんです。
だいたい「こんな人がいる」みたいな人間ネタが多いです。
それだけ金運人は「誰と一緒にいるか」が大事だということがわかります。
金運人会はホント腹がよじれます。

女神会はですね、
どういえばいいのか、
やはり大人の会って感じです。
頼れるし、しっかりしてるし、絶対見捨てないし、
という、そうやっぱり大人の会ですね。

で、今月ですが
この3つのサロンメンバーが一堂に会するMIXパーティーがあるんです。

全てのメンバーがプレゼンをするんですが
自分の才能をフルにアピールして欲しいなーって思ってます。

金運人は金運人らしさを出して欲しいし
金運人にしてあげればいいこと
金運人にしては行けないこと
とかそういうのをお互い理解し合えるような
世界を作りたいんですね。

サロンの話を聞いて例えば
「俺、金運人会に入りたい」
という人がいると思います。

しかし誰でも希望すれば金運人会に入れる訳ではありません。

才能学セッションを受けて
才能カテゴリーが「金運人カテゴリー」と判定された方だけが
金運人会に入れるというシステムなのです。
そこで金運力を磨いて金運力を自覚できるところまで行くのが
サロンの目標です。

それを天職まで極めて行きたい方は
才能学の天職コースを受けていただいてます。
スタートアップ(3大理論)と定期コンサルティングですね。
スクリーンショット 2019-11-04 1.03.56


③スピンオフセミナー

これは11月からスタートしたのですが
一般の方も参加できるビジネスに特化した少人数制のセミナーです。

朝陽を浴びる会はテーマなし。
オンラインサロンは才能開花がテーマ。
スピンオフセミナーは才能学から見たビジネスがテーマです。
IMG_20191107_124800
いずれにしてもこれからは
リアルで集まる
というスタイルが見直されてきます。

で、その中だけで展開されるクチコミ情報に
価値が置かれるようになります。

本当に価値があることは
本にも書かれてないし、ブログにも転がってません。
書かれてあったとしても実行力、行動力、推進力がないと
ダメなような書かれ方になっています。

同じことをやるにしても
どう実行すればいいか、どう行動すればいいか
例えば人のためを意識すればいいのか、自分の夢だけ追う意識でいいのか、
世のためを意識するべきなのか、などは
才能カテゴリーによって変わってくるのです。

さて来年はどんなことやろうかな。
実はいろいろ考えてます。
またブログに書きますね。

次のスピンオフ会のテーマは「当たるコンテンツ講座」です。
天職コースの定期コンサルの中だけでお話するシークレットコンテンツの中でも
当たるコンテンツの仕組みと仕掛けについてお話します^^
一般5000円、才能学セッション受講済の方3000円、オンラインサロンメンバー&スタートアップ修了の方1000円



◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。詳しいプロフィールはコチラ

*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ

✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ