🥇日本才能学研究所 公式ウェブサイトhttp://sainougaku.com
【イベント情報】
11/21(木)朝陽を浴びる会 #201 詳細はこちら
11/23(土) 才能学オンラインサロンMIXパーティー2019(オンラインサロン会員限定)
12/1(日) 第4回オンラインサロン金運人会リアル会
12/2(月) 第4回オンラインサロン女神会リアル会
12/8(日) 第4回オンラインサロン右脳人会リアル会
*スピンオフセミナー:嵌るコンテンツ講座(11/26詳細はこちら)
*スピンオフ:金運人のパートナーを開花させる方法セミナー(計画中)
*スピンオフセミナー:左脳人を理解する講座(計画中)


---vol.2014---

小野さんの「6次元メモ」に出会って
どれくらいたつだろうか。

普通の目標設定は
期限を決めて、逆算して、todolistに落として、
ってやるんだけど
僕が30代の時に極めたやり方はそうではなくて
限りなく小野さんの6次元メモのやり方に似ている。

小野さんの6次元メモのやり方は
①フッと思ったことをメモる(これは随時)
②書いたメモを毎日1回眺める
③時がくれば叶うものから叶う

というものだが
小野さんの場合は、特に①が秀逸なのだ。
メモの取り方をここまで詳細に解説している本やセミナーはないだろうし
だいたいここができないので成功哲学をせっかく学んでも
うまく行かない人が多いということが言える。

文字にするって
それほど大事なのです。

潜在意識を活用できるかどうかは
そこで決まるのですから。

一方、僕の強みと言えば
エネルギーを含めてこの全体像がどうなっているか
潜在意識の構造がどうなっているか
なぜ目標が叶うのか、というあたりを
めっちゃ明確に解説できることになる。

小野さんに関しては才能学的に
どの切り口からも色々話せます。
例えば新刊の「実直」についても超絶解説できますが
それはまた今度。



◆「スポーツカーに乗ってる写真を撮る」というメモ

そういう僕も波があって
今、6次元メモの第二波の時期に入っている。
(一時期停滞していたという意味です。第二波の目標約50個のうちすでに10個以上実現化してます。)

で、なんとこの度、その第一波の時期にメモしたことが
叶ってしまった。

そのメモはもうどこかへ行ってしまったのだが
「スポーツカーに乗ってる写真を撮る」
というのを書いたのだ。

今は、比較的安くスポーツカーをレンタルもできるので
ポルシェがレンタルできるサイトを調べたり、
宮古島でスポーツカーを借りて
海をバックに撮影とかしたいなーと
思って調べたりしていたのですが
行動するに至らずのままでした。

◆思わぬ形で目標が実現化

先日、才能学のクライアント様が
渋谷で展示会をするということで
ちょうど渋谷で用事があった帰りにフラッと行く感じで行ってきたのですが
そこがなんとfiat cafeだったのです。
(*このクライアント様もすごい方なのですがご紹介は改めて...)

fiatって外車のあのfiatです。

久しぶりにお会いしたので
ひとしきり現状報告と今後の打ち合わせをして
トイレに行ってトイレから出た時、
角度的にfiatたちが目の前にドーンと現れたのですね。
IMG_20191116_143627
*この角度です。

fiatかっこいい!

ってガチで思いましたよ。

そしたらクライアント様が
色々fiatについて解説してくださって
で、乗ってもいいんですよ
みたいな話になったのです。

僕は昔からバイクは好きだけど
車を買おうと思ったことはほとんどなくて
(あ、アメリカ留学時代はボロボロのアメ車を買って乗ってましたね。そういえば。)
すなわち車の試乗会みたいなのには行ったことがなかったのです。

fiatは全部で10台以上あったと思いますが
その中でコンバーチブルのが一台だけあったのです。
コンバーチブルって屋根が開くやつですね。

で、それに乗ってみたら
まず、まあ狭い。
だけどコクピットみたいで
めちゃカッコいい。


思わずクライアント様に写真撮って、とお願いして
数枚撮ってもらったんだけど
そのうちの1枚がキマりました。
IMG_20191116_131439
*これです!

他の写真はこういう感じ。ちょっとうーんって感じですよね。
IMG_20191116_130935
IMG_20191116_130920


要はこういう写真が撮りたかったのです。
乗って運転したかった訳ではないので
僕は十分満足なんです。

思いもよらぬ形で目標や夢が叶う。

そう。これが6次元メモの凄さなんです。

世の中に2種類の人間がいるとすると
それは目標を文字にして、それを実現化させる方法を知っている人と
そうでない人になると思います。

知らない人はぜひこの世界に触れてください。

◆小野さんのセミナー情報

そんな小野さんのセミナーなどが年末にかけて目白押しですが
6次元メモ関連は以下になります。

・11/30 夢を叶えるワークショップ @東京 
・12/7 講演会 @東京 
・12/28 夢を叶えるワークショップ 年末特別編 @大阪 
(ワークショップは僕も参加したことがあります!)

6次元メモの本を読まれてから参加されると
効果100倍です。なのでまず本を買いましょう!



特にお勧めなのは12/7の講演会!
主催のTakazawaさんのTLからシェア。
----

12月7日開催
丸亀製麺など株式会社トリドールホールディングス経営企画本部 社長秘書・IR担当として勤める
✨小野先生の講演会の一文字テーマは『輝』✨
お申込みはこちら↓(事前予約は500円引きになります)
講演会ネームプレートやイベントアイテムには
書道家戸谷美由紀先生がこの日のために
書した、✨かがやき✨が散りばめられます!
また、先生もスタッフとして参加してくださり
作品も展示いたします!
月原ゆり先生の紅茶とともに癒されてください!
いらした皆様へのお名前の記入も
戸谷先生にお願いする予定です
お楽しみに💖
1hoho
1kaga
*画像はTakazawaさんのTLからお借りしました。
--------------
お手伝いをされる戸谷さんは才能学のクライアント様でもあり
書道家、エレクトーン奏者、カウンセラーなどをされているスーパーアーティストさんです。戸谷さんにもぜひ会ってきてくださいね。


◆「天職16分野パーソナルチェック」のお申し込みはこちら

【天職16分野とは】
「こんなに楽しいことをやらせてもらうだけで超幸せなのに、さらにお金までもらって本当にいいんですか?」というのが「自分」の天職ゾーンに入ったときのサイン。
人間の天職分野はおおよそ16に分けることができ、全ての人が16の中のどれか1つの分野で発揮できる才能(無尽蔵エリアから一生流れ続けて枯れることのないエネルギー)を持って生まれてきています。天職16分野パーソナルチェックでは、20年に及ぶ研究と実践からあなたの「天職分野」が40分インタビューで90%以上の確率でわかります。詳細&お申し込みはコチラからお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

◆著者プロフィール

Tadashi Shichijo /
日本才能学研究所所長。京都市生まれ東京在住。「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーレベルの才能発見、天職開発のスペシャリスト。詳しいプロフィールはコチラ。

*「折り句TV」に出演しました!

◆メルマガ&各種SNS

日本才能学研究所はメールマガジンを発行しています。「ちょっとこれはブログでは書けないな〜」という際どいレベルの内容を書きたいときに発行しています。平均すると数ヶ月に1度くらいの頻度での発行になります。登録はコチラ!

✨✨✨【生き方4.0】✨✨✨
1.食べ物に気をつける(糖質制限&ロイヤルタヒチのノニジュース)
2.1日10人と話す(3回大笑いをする)
3.太陽の光を浴びる(朝陽を浴びる会で浴びましょー)
4.天職道を生きる(自然体/等身大で生きる)
*糖尿病(血糖値320/a1c11.2)を①薬なし②糖質制限③ロイヤルタヒチ100%ノニエキスで3ヶ月で治した経緯を全てこちらにまとめています。

◆スパルタ書道家の高宮華子先生がブログで「才能学との出会い」シリーズを執筆してくださっています。http://naminchu.blog.jp/archives/74077780.html

SELECT SHOP

◆僕が毎日使っているもの


 

◆僕が定期的に通っているところ

*トリガー鍼灸・整骨院(東京・大井町)*体の痛みを取ることにかけては日本最高水準。
J1鹿島アントラーズトップチームで6年専属トレーナーをしていた凄腕の小池院長が経営しています。
http://trigger-therapy.com/
21
ラグビーで痛めた膝と五十肩を完璧に治して頂きました!今は月1の体のメンテナンスに行っています。
*鹿島アントラーズの本拠地カシマサッカースタジアムの敷地内(6ゲート横)に分院「鹿島トリガーラボ」があります。
*アントラーズの試合日にはカシマサッカースタジアムのコンコースでクイックマッサージ院をオープンしています。
*2018年6月に3店舗目として学芸大学駅前院が新規オープンしました。

◆僕が指針としているもの



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ