才能学ブログ (/◎\)

才能発見/天職開発専門ブログ。生まれてきて本当によかった!と思える人生を! 

才能学ブログ (/◎\) イメージ画像

UD16天職分野

還暦からの生き方について今日は書いていきます。注:飽くまで個人的な妄想です。Tadashi Shichijo@naminchupro才能学ブログを更新しました! 才能学ブログ (/◎\) : 還暦からの生き方(前編) https://t.co/J8EM5m9Oi2 https://t.co/UrLp9USJii2017/04/20 09:45:40結論から
『還暦からの生き方(後編)』の画像

僕はほぼ毎日才能学ブログを更新しています。ブログを読んでくださっている方ではじめてお会いする方にですね、、「小難(こむずか)しい感じで近寄りがたい人だと思ってました」とよく言われます(汗)ただ会ってみるとやわらかい物腰のナイスガイですね〜と言われることも
『還暦からの生き方(前編)』の画像

夢の応援と聞いて何を連想するでしょうか。次のどちらかになります。A:人の夢を応援する。B:自分の夢を応援してもらう。どちらでしょうか?◆夢に向かう勇気「夢を持つ」のは簡単だけど「夢に向かって動く」のにはけっこう勇気がいります。そして勇気が出せない人は自分の夢
『夢の応援』の画像

一生を賭けるにはもう人生かなり生きてきたので今から何かをやるのであれば半生を賭けるという表現が一番いいと思っている。◆「好き」のパワー例えばピアノを習いたいと思ったとする。どんな先生に習いたいと思うか。ピアノが上手い先生でしょうか?それとも教えるのが上手
『半生を賭ける』の画像

昨日の記事は一夜にしてヒット記事になりました。ありがとうございます。Tadashi Shichijo@naminchupro才能学ブログを更新しました! 才能学ブログ (/◎\) : 才能を開く鍵(回答編) https://t.co/e0TddCSzLA https://t.co/aWcjQTzdjD2017/04/05 23:55:43でも決して折れない
『才能を開く鍵(追記編)』の画像

それではお待たせしました。前回のブログの回答です。Tadashi Shichijo@naminchupro才能学ブログを更新しました! 才能学ブログ (/◎\) : 才能を開く鍵は「◎」 https://t.co/8sD4XbFq2B https://t.co/f513MOoeCb2017/04/05 09:22:03伏見工業ラグビーの山口良治監督の言葉が
『才能を開く鍵(回答編)』の画像

トータル的にですね、持って生まれた才能を伸ばしてこの世の中で才能が花開いて生まれてきて本当によかった✨と思える瞬間を持つためにもっとも必要なことを改めて認識しました。もっとも必要なことというかこれさえあれば絶対大丈夫というものです。絶対がつきますよ。さて
『才能を開く鍵は「◎」』の画像

ロイヤルタヒチの河野社長(写真左)から本をお借りしました。河野社長は糖尿病から僕の命を救ってくれた恩人のひとりです。同じ関西人ですが河野社長は東京にいててもいつも関西弁です。(大阪弁やな)ちなみになんと地元が同じ京阪沿線なのです。(僕は京都ですが)お借り
『ドラッカーのリーダーシップ論』の画像

自営業の特権と言えば好きな人とだけ一緒に仕事ができるように自分で決めれることだと思う。僕の場合は新卒で中学校の教員になったので同僚は選べない部活動も選べない(割り当てられる)生徒も選べないどんな生徒も平等に扱わないといけない(公務員的に)という環境が常識
『自営業の特権』の画像

リアルライフ(実生活)が充実しているというのをネット上ではリア充と呼ばれていますね。で、その「リア充」をSNSなどで発信したりしますが、自宅で暇にしている人(=リアルライフが充実してない人)がその投稿を見ると「そんなに楽しいことしてるの!いいな!!!!」とい
『人間パワースポット』の画像

ブラジルのレシフェでめっちゃたくさんのインスピレーションが降りてきた。Tadashi Shichijo@naminchupro才能学ブログを更新しました! 才能学ブログ (/◎\) : シンクロからのメッセージ https://t.co/Ks6yDRG5yr https://t.co/BPBlGZDzkL2017/02/23 21:30:11その中のひとつ
『ペンデュラム様久々に登場』の画像

今朝は近所の喫茶店にカレートーストを食べに行っていました。いや〜もう本当に幸せ。1年間の糖質制限とロイヤルタヒチのノニジュースの治療(と呼んでいいのか?)で糖尿病完治です。1日130g以下の糖質なら摂っても大丈夫なところまで復活しましたからね。先日は1年ぶ
『クレニオセラピー体験からの氣づき』の画像

↑このページのトップヘ