才能学ブログ*:.。.ღ˘◡˘ற♡.。.:*・゚

才能発見/天職開発専門ブログ。生まれてきて本当によかった!と思える人生を! 

才能学ブログ*:.。.ღ˘◡˘ற♡.。.:*・゚ イメージ画像
【ご挨拶】才能学ブログへお越しくださりありがとうございます。人生は舞台!才能をフルに活用して「生まれてきて本当によかった!」という一生を支えるエクスタシーの瞬間をひとりでも多くの人に味わっていただくことを目的にした才能発見、天職開発、メンタルトレーニングの仕事をしております。😊天職16分野パーソナルチェック随時受付中!✨(詳細は本文下を参照)
#人財育成 #リーダー育成 #企業デザイン #社員研修 #才能学メンタルトレーニング

天職

今朝は鍼治療に大井町のトリガーさんまで行ってきました。小池院長の鍼→超音波→マッサージ→電気とフルコース。最後には肩周りが痛みなくスイスイと動くようになりました。いや〜すごいですね。すごいというか恐るべし✨です。治療の間、小池院長とトーク。鍼灸のことから
『天職7考(最終回)情熱』の画像

昨日に引き続き仕事について考えていきましょう。特に「(5)努力」について、この視点は改めてめちゃショッキング。「一生懸命頑張る」ことって日本人の美徳になっちゃってますからね。頑張る「方向」というのにこれからの時代は注力していくべきだと思う。*(1)〜(3
『天職7考(後編)』の画像

仕事って1日の1/3の時間を占めるであろう大事なコンテンツ。だから仕事が楽しいと人生の1/3が楽しいし、仕事が楽しみに思えると人生の他の時間も楽しくなります。だからどんな仕事のやり方をするかがとっても大事なわけです。今日は、ネット上にある仕事についての文章に対
『天職7考(前編)』の画像

2年前の南米系のフェスで僕の主宰する太鼓チームと偶然コラボ演奏することになったボサノバギタリストの方がいるんですが僕がそのギターに惚れてしまって毎年そのフェスティバルでコラボをさせてもらってるんです。このギタリストの方のギターが大好きなんですが何がいいか
『ずっと気持ちよく続けてしまうこと』の画像

「社会のために」を意識して何かを志すことが向いている人もいるが「社会のために」と考えると動けなくなる人もいる。そんな人は自分個人の夢を追うことだけを 考えて動いた方がいい。「動ける」ということ自体が大事だ。そしてその夢を追う姿が結果的に人に元気や勇気を与え
『向き不向き』の画像

今朝、FBで紹介されてた動画に感動してしまった。学生相手に武井壮が語っていた言葉がシンプルなのだが、心に突き刺さる。人は願い行動すればなりたい自分になれる。目指す高みに必ずたどり着ける。いくつになっても人は成長できる。本気で目指した人しか(夢は)叶わない。
『人はなりたい自分になれる』の画像

最近才能学について聞かれることが増えてきました。ちょっとシステムを解説してみたくなったので解説してみます。日本才能学研究所の提唱する「才能学」には3つのカテゴリーがあります。(1)特殊能力論(2)右脳左脳論(3)次元論(1)特殊能力論魂年齢と魂次元の2つ
『才能学のニーズ別コンテンツ』の画像

最近、僕を取り巻くコンテンツがある程度整ってきた感があってこのブログの下の方にそのコンテンツを並べて見ました。(1)ホーキンズ博士「パワーか、フォースか」これは才能学の天職3Dマトリックスの第3の軸を非常によく表しているので採用しています。よくブログにも登
『セレクトショップ』の画像

僕は教員時代に生徒に心を固く閉ざされた経験が山ほどあって同時に生徒が心を開いてくれた経験もいくつかある。◆基本人の心を開くときのもっとも基本的な考え方と思っているのは自分が変わるということだ。どこかでこのセリフを聞いことがあるかもしれない。他人と過去は変
『人の心を開くには』の画像

いろいろドキドキすることが最近多い。ドキドキとはどういうことかというとうまくいくかどうかという意味でドキドキするということだ。成功することが100%わかっていたらドキドキなどしない。うまくいくかどうかわからないことに挑む時、人はドキドキするのだ。最近では
『ドキドキすること』の画像

ズーラシアのMC業、なんとか無事に終わりました。ブログやFBを見て数名お友達やお知り合いの方がわざわざ来てくれました。ありがとうございました。*訳あり顔出し不可の方に撮っていただいだ写真をトリミング。クラビ帰りのこの色の黒さでしたので、何人かのお客さんに「ア
『望み通りの仕事ができる場所』の画像

昨日までのブログを読んで自分にとって向いてない仕事を辞めて好きな仕事をすると「心の周波数」が上がる(=幸せになれる)、と思った人がたくさんいたかもしれない。そのとおりなのだがただ気をつけないといけないのは「向いてない仕事」の判別の仕方だ。今日はここを細か
『今の仕事は自分にとって向いてるのか、向いてないのかを判断する方法』の画像

↑このページのトップヘ